楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

キャバレー

b0004691_12572729.jpg

とうとうワタシも
ブロードウェイミュージカル「キャバレー」を観る事ができました!

ニューヨークに行かなくても、ロンドンに行かなくても
ブロードウェイ作品は
トーキョーで観れるじゃないかぁーーー♪
らびゅー東京☆

トーキョーなら日本語字幕つきだし、チケットだって日本語で買えるし
うほうほじゃないかぁ♪

さてさて
ブロードウェイといえば
つい最近「42'ND STREET」を観たばかりなのですが
この「キャバレー」もブロードウェイでは
チケット入手困難なミュージカルだったわけですよ。
(ブロードウェイでは1998年から2004年まで約6年間のロングランでした。)

演出はサム・メンデス。共同演出と振り付けはロブ・マーシャル。
サム・メンデスは映画「アメリカン・ビューティー」のアカデミー賞監督。
ロブ・マーシャルは映画「シカゴ」の監督。
うぉー☆それを聴くだけでもスゴイだろーなーって思う。
(映画はこのミュージカルより後なんだけど。)

さてさて!いよいよ開演!
舞台はキャバレーの店のステージ。
ワタシたち観客は、キャバレー「キット・カット・クラブ」の客という設定でもある。
ブロードウェイでは、実際にテーブル席もあったとか!?

ストーリー自体は、2組のカップルの恋の行方を描いていたりするんだけど
でもでも
なんといってもこのキャバレー「キット・カット・クラブ」がすごいのよ。
MCや女の子たちのセクシーな踊りに衣装に歌。
カッコイイ。
(ほとんど下着だったような気もする・・・。)

そして音楽も「キット・カット・クラブ」の重要なポジション。
セクシーな衣装を身にまとい、舞台の上部で熱く演奏する。

そしてそして
このミュージカル「キャバレー」の顔は、なんといってもMCなのだ!
バイ・セクシャルな彼は、この舞台をどんどん盛り上げる進行役でもある。
女装もする。観客ともからむ。
3階席の方に向かって、「S席のチケットが買えない貧民たち~!」と呼びかける。
観客とダンスをし、「もしかして○○人の血も混じってる?」とおどける。
全てが彼にかかっているといってもいい。

2組のカップルの恋を描きつつ
このストーリーは、1930年頃のベルリンが舞台。
キャバレーという奔放な場所ではあっても
ナチスの脅威とユダヤ人迫害のあの時代・・・ストーリーは奥が深いのだ。

幕開けの時に、この結末は予想できない。

映画版「キャバレー」も観てみたいな。(映画版はライザ・ミネリ主演。)
[PR]
by maya_c | 2004-08-20 01:24 | 舞台・コンサート・イベント