楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ポーギー&ベス

b0004691_12592265.jpg

ニューヨーク・ハーレムシアター来日公演「ポーギー&ベス」

最近舞台ばかり観に行っていて、お金使い過ぎなので
行こうかどうか迷っていたのだけど
ぐわぁーーーやっぱりこの機会を逃したら
いつ観れるかわからないっ☆
そんな事を考え、一番安いD席のチケットを買いました。

だけどだけど
ホントに行ってよかった!

最近、すごいのばかり観ちゃって
ちょっとやそっとの事には感動しなくなっちゃったんじゃないか・・・って
密かに自分を心配していたんだけど
やっぱり物凄いものには感動するんです。

「ポーギー&ベス」って下調べもせず
黒人ミュージカルだと思って出かけたのですが
いきなりビックリ!

最初からなんだかとっても質が高い。
ミュージカルというより、くくりはオペラです。

音楽は、ガーシュイン。

ガーシュインの音楽を好きになったのは
ミュージカル、「クレイジー・フォー・ユー」だったので
あのノリを勝手に想像して行ったのですが
昨日のはまた少し違う感じでした。

クラシックとポピュラーと黒人音楽が混ざっているような
それも歌い方はしっかりしていて
しかも
なんといっても全てに黒人の「魂」が込められてます。

有名な『サマータイム』という曲は
この「ポーギー&ベス」で使われている子守唄なのですね。

出演者は全員が黒人。
歌唱力はものすごい高いレベルです。
ほとんどの出演者がオペラ歌手。

でもでも最後は
素晴らしい歌の技術とか舞台とか
(そういうのはもちろんだけど)
そういうんじゃなくて
彼らの魂の力そのものに圧倒されて、涙が止まりませんでした。

観てよかったデス。

モリクミちゃんもお友達に言ってるそうです。
「今回観ないと、何時観れるかわかんないよ。」と。
こんなすごいキャストはないらしいです。
たしかにホントにそうかもしれない。

ぐぐぐ・・・っと
こちらの魂も揺り動かされました。
さすがです!
物凄い迫力でした。

ストーリーも好きです。

そうそう
小錦サン(今はタレントKonishikiサン)にお会いしたのだ。
外に出たところで握手していただきました。
観にいらしてたんですね。
[PR]
by maya_c | 2004-09-09 13:38 | 舞台・コンサート・イベント