楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

(ミュージカル)フレディー

念願だった
島田歌穂さんの『フレディー』、観てまいりました。
終わってカーテンコールになってから
ドバドバドバーーーっと涙が出てきて、ドバーーーっと。
ぐぁんぐぁん泣きじゃくりたくなりました。

ホントはハンカチを持って大泣きしたいのに拍手をしなくてはならない。
カーテンコールで客席が明るくなった時は
ぐしょぐしょの顔していたので、正直つらかった!
マスカラやめといて正解。(笑)

ホントはカーテンコール、3分くらい待って欲しかったのぉーーー。
わんわん泣きたかったのぉーーー。
そのくらいドバーーーって感動したのぉーーー。

このミュージカル、明日で終わっちゃうみたいだけど
またきっと来年以降に上演されると思うので
(だってだって、島田歌穂さんの代表作!!!)
ぜひぜひその時はお出かけ下さいまし。

次は絶対に娘たちに見せようと思いました。
っていうか
見せなくちゃいけない!って思いました。

客層は10代、20代の方たちが多かった気がする。
もしかしたら
劇団とかアクターズスクールの生徒さんとかかもしれないけど
この舞台を観に来るというのはすごいな。

島田歌穂さんがね!
なんちゅーか、すごいのよ!
途中でメイクとか変えてないはずなのに
(休憩なしの1時間30分・・・メイク変えする時間はなかった!)
どんどん顔色が青白くなっていくの。
照明のせいじゃないと思う。

季節が春→夏→秋→冬って変わるたびに
歌穂さんがどんどん変わっていくの。
顔色も青白くなっていく感じだし
体もどんどん痩せていく感じがしちゃった。
きっとそれを全て演技で見せているんですね。
あれはすごいですよー。

カーテンコールで涙が止まらなかったのは
フレディのストーリーに感動したのもあると思うけど
歌穂さんの役者魂に感動して涙が出てきたのもあると思う。
ホントにすごいと思いました。
難しい役柄だと思うけど
ホント、さすがですー!

他の出演者の皆さんも音楽もとても良かったデス!

今回またしても
夢ちゃんにお世話になりました。
どうもありがとうございました!
(ナント、最前列の中央でした!そこでボロ泣き。(笑))

あぁー、島田歌穂さんってすごい!



Musical Freddie ~少年フレディの物語~

ストーリー
十歳の少年フレディは原因不明の病魔におかされ、雑木林の中にある病院に入院することになりました。
となりの病室のダニエルは、窓から見えるカエデの、季節ごとに移りゆくさまを語って聞かせてくれます。 フレディはその木の葉っぱのひとつに自分の名前をつけました。
春に生まれて、冬に死んでいく葉っぱの一生。
その短い一生を自分の人生に重ねながら、フレディは幼心で死と向かいあうのでした・・・。
(公演チラシより)

[PR]
by maya_c | 2005-07-28 00:46 | 舞台・コンサート・イベント