楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

市村正親 ワン・アクターズ・ショー 『ペール・ギュントの旅』

b0004691_0254498.jpg

私はミュージカルが大好きであーる。
だから!
市村正親さんが大好きなのであーる。

市村さんの舞台を観た後に感じるのは
(というか、舞台を観る前にも、そして今も感じていることは・・・)

『あぁー日本人でよかったなぁー!』

ということと

『あぁー太古の昔から遥か未来に続く長ーい歴史の中で
今この時代に「生」を受けてよかったなぁー!』

というこの2点!

なぜなら

日本人だから市村正親さんの舞台を観られるのだ!
そして
市村さんの発する言葉が理解できるのだ!

そして

今、この時代に「生」を受けたから
市村さんのナマの舞台を体感できるのだ!

ほーんと
私ってシアワセ!

あ、そなぁーちゃんもシアワセ!

あ、mateちゃんもシアワセ!

他にもシアワセ人がいっぱいね♡

ほーんと
私ってシアワセだなぁーって思うのだ!

だってホントにすごいのよっ!
市村さんって!

映画やドラマにもたまに出演されているけれども
市村さんの魅力は
やっぱりやっぱりミュージカルの舞台!
・・・ですよねー♪

私、明日もし地球が消滅しちゃったとしても
そんなに後悔ってないんだぁー。

そのくらい毎日を楽しく過ごさせてもらってるし
市村さんをはじめ
日本やブロードウェイのミュージカルで素晴らしい人たちのオーラを観せてもらった!

チケット代でお金は貯まらないけれど(笑)
でも
そなぁーちゃんといつもお喋りしてるんだけど
チケット代以上の価値(オーラとか感動とかエネルギーとか・・・)は
絶対にもらってるよねって。

明日もし地球が滅亡しても
私たちって後悔ってないよね、って。

そんな同じ価値観を持っている素敵なお友達に恵まれたのも
ミュージカルのおかげかなぁー。
(ネットでもたくさんのミュージカル仲間に知り合いました!)

・・・と
いつものごとく前置きが長くなりましたがぁー

市村正親 ワン・アクターズ・ショー
『ペール・ギュントの旅』

暑さがまだ残っている9月に出かけてまいりましたー!
初めて出かけたサントリー・ホール(小ホール)は
クラシックホールとして有名なホールです。

この『ペール・ギュントの旅』では
ファッションショーのステージのように
細長く突き出た舞台が真ん中にあり
その舞台を客席が三方向から囲む配置でした。
一人の出演者(市村さん!)を客席が囲んでいる配置です。

私のシートは
その舞台の横の・・・前から2列目だったっけ、3列目だったっけ。
もぉー市村さんがスグそこに!
・・・というシートでした。

市村さんが登場。
登場はちょっとおどけて・・・ファンクラブの集いのよう!(笑)

私は市村さんと目が合うと
『きゃーーー♪市村さーーーん♡』と手を振りミーハー振りを発揮。
そして市村さんはこちらを見て
真似して手を振り替えしてくれるのでした。(笑)
またまた私はきゃーーー♪と興奮!
へへへ。

市村さんのひとり芝居は
なんといっても1人で54役も演じてしまう『クリスマス・キャロル』が有名ですが
(これもホントにすごいのよーーー!)
今回の『ペール・ギュントの旅』はまたまた市村さんの魅力がたっぷり味わえる
素晴らしいひとり芝居でした!
市村さんは、20歳から70歳までのペール・ギュントや恋人ソルヴェイグなど
またまた様々な登場人物を演じ分けておりました。

なんちゅーか
ミーハーな私が一番わかりやすい説明で言うならば
もぉー『ガラスの仮面』の世界ですよっ!
演じているのは北島マヤ(市村さん)1人でも
私たちには見えちゃうんですよっ!
他の登場人物がっ!
絡み合っている恋人の姿がっ!
もぉー鳥肌モンですよっ!

演じる役が乗り移っているような・・・
あぁーすごいなぁーって!
演じる役というよりも
市村さんには
演劇の神様が乗り移っているのかもしれない!

汗がポタポタと滴り落ちるのも見えて
うわーっ!うわーっ!と感動の連続・・・

最後はただただ感動!
お芝居の内容にも感動してるんだと思うけど
なんというかもぉー
「市村さん」に感動しちゃうんだよねー
もぉー泣きじゃくっちゃうくらい泣けちゃうのー
感動しちゃうのー
そして
こんな素晴らしい舞台を体感できたことに
自分の人生に感謝しちゃうのー

ロンドンやブロードウェイのオリジナル・キャストの「ミス・サイゴン」を観た方でさえ
市村さんの演じるエンジニアが一番素晴らしいというし
ほーんと日本人が誇りに思える役者さんですよねー

もちろんブロードウェイからもお声がかかるそうですが
市村さんは
『僕が英語が喋れないのは、演劇の神様が日本で頑張れと言って下さっていると思っている』
と、日本の舞台でこれからも活躍するとおっしゃっていて
それを聞いた時はとっても嬉しかったなぁー。
あぁー
日本人でよかった!
日本語が理解できてよかった!って思いました。

この『ペール・ギュントの旅』は
ミュージカルの感覚で楽しめます。
市村さんだからできる舞台だと思いました。
(他にはいないと思う!)

チケット代は、1万円!
だけど
10万円分くらいの価値はありましたねー!

そう思うと
1万円であれだけの感動ができて
市村さんにたくさんのパワーをもらえて
そのおかげもあって
こんなに毎日を楽しく過ごせているのだとしたら
とってもおトクだと思ってしまいます!

あと・・・やっぱり同じ価値観を持つお友達がいることにも
毎回感謝しておりまーす!
一生大切にする!

ありがとう♡
[PR]
by maya_c | 2005-11-30 22:52 | 舞台・コンサート・イベント