楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

(ライブ)カラだカラ


b0004691_0183295.jpg











カラだカラ

Percussin 花(右)
伊藤夏子(左)

赤坂november-eleventh ライブ
2005.12.13(火)



「カラだカラ」のライブに行ってまいりました。

場所は赤坂november-eleventh
宇崎竜童ご夫妻がオーナーをされているお店。
料理が美味しいという事でとても楽しみにしておりました!
(とっても美味しかったですよー♪)

「カラだカラ」は
Percussion花サンと、タップの伊藤夏子サンのユニット。

三人で活躍されている「Djembe&Tapスキップッポイ」の中の
お二人のメンバーによる新ユニットで2005年からの始動という事です。

「空(から)だから響く、身体から発する」がユニット名の由来とか。
ライブを聴くと(観ると)
この由来の意味がとてもよくわかります。
人間っていいな、身体っていいな、自然なことっていいな、・・・と
色々な事に気づかされたライブでした。

花さんの奏でる楽器は全て民族楽器。
しかもこのライブの時に使われている楽器は
ほとんどが手作りの楽器!

うまく説明できないけれど四角い箱に弦が張ってあるものとか
木を並べて作った小さな手作りマリンバとか!
その他にも
壺(ウドゥーでよいのかな?)とか
口琴(でよいのかな?)も面白かったですよー!(「びよ~~ん」というド根性ガエルの音。)

とても興味深かったです。
(もし名前等間違っていたら後で訂正させて頂きます!)

手作りの楽器・・・
本当はそれがホンモノの「楽器」なのでしょうね。
音を楽しむのが「音楽」で、楽器はそのための「楽しい器」なのです。

そんな楽しい手作り楽器がたくさんでした。

トクに
タップ用に発明したエンビ管の楽器は
ちょっと目からウロコでした。

これからもどんどん楽しい楽器が生まれるのでしょうね!

タップの伊藤夏子さんは
私が習い始めたタップの先生でもあります!

レッスンでは
私たちの練習曲であるヒップホップとかジャズとか今どきの曲で
めっちゃ激しくかっこいいタップを披露してくださっているのですが
(というか、本当は私もそれを習っているのだからできないといけないのか?(笑))
今回のこのライブではいつもと違った魅力を楽しむ事ができました。
でもおそらく
こちらのライブの雰囲気が素に近いのでしょうね♪

プログラムは全てオリジナル。

m1 待ち人
m2 いきちがい
m3 ひとり
m4 なごみ
mc
m5 記憶~水の中~
m6 歩み(過去~未来)
m7 わ
m8 なんにもない


オリジナルだから
この時にしか聴いていないのに
今プログラムを見て、全ての曲が思い出せます!
そのくらい印象的だったのですね。
全曲通してソウルフルな演奏でした。

トクに
白砂をステージに撒いて
その上を踏んだりこすったりして表現した「ひとり」は
切ない気持ちになって涙が出そうになりました。

うーーーん
バレエもそう思うけど
やっぱり音楽やダンスなどの表現って「経験」がモノを言いますね。
人生経験が必要なんですよね。
ぐぐぐーーーっと伝わってまいりましたよ!

「記憶~水の中~」も素敵でした。
花さんの思い描くイメージとは違うかもしれないけど
水の中にいた胎児の頃を思い出したような気持ちになりました。

個性的なライブ、とってもよかったデス!




そしてそして!

カラだカラのお二人は
幼稚園のクリスマス会に来て下さり
1~3才の子供たちとママさんたちに素敵なステージをプレゼントして下さったのです。

ライブの時とまた違って、子供向けの可愛い演出もありました。

それにしても
花さんの楽しいMCにはビックリ!
ステージに慣れていらっしゃる事もあると思いますが
子供を惹きつけるのがとてもお上手でした。

そうそう
花さんにはお礼を申し上げなくては・・・!
ステージの音響がこんなに本格的なクリスマス会は初めてでした!
花さんが休憩なしで
私たちの分まで音響のセッティングをやって下さいました。
さすがプロの方だなぁーと感動!

どうもありがとうございました!

子供たちは
じーーーっと夏子お姉さんのタップを見つめたり
花さんの演出(演奏)にゲラゲラ笑ったり
一緒に立ってステップを踏んだり
本当に楽しそうでした。

最後に
幼稚園のクリスマス会でのお写真もご紹介しますねー!

b0004691_201387.jpg








花さんの楽器。
中央の四角い板はタップ用。






b0004691_202439.jpg







手前に3本あるものはタップ用の楽器。
手作りですよー!
ライブにも登場したものです。






b0004691_204297.jpg





お二人の登場。
演奏曲は『オルゴール』・・・この演出にびっくり!
子供たちは夏子お姉さんが操るお人形をじーーーっと見つめています。
タップを踊るお人形さん・・・オルゴールで踊るお人形そのものでした。





b0004691_21093.jpg






そしてそして
ステージに白砂を撒いて
その上でタップを踏み
素敵な音を聴かせてくれました。






b0004691_211943.jpg






花さんが奏でる「びよ~~~ん」の音に子供たちはゲラゲラ大笑い。
他にも声を使って出す楽器も大ウケでした。







b0004691_213495.jpg








またまたタップシューズで花さんの民族楽器に合わせ夏子お姉さんのタップダンス。
子供たちも一緒にステップを踏んで楽しく踊りました。





b0004691_214470.jpg









最後に
フィンランドからサンタクロースがやってきた!
うっわぁー!本物だぁー!

サンタさんは大きいのです。
身長170センチ近くある私も見上げてしまうくらい!
2メートル近くあるんじゃないかなぁー。
[PR]
by maya_c | 2005-12-30 01:47 | 舞台・コンサート・イベント