楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

(映画)ALWAYS 三丁目の夕日

b0004691_062438.jpg

いい映画でしたねー。
これは記事に残しておきたかったので
去年観た映画なのですが思い出してアップいたします。

私は映画のパンフは滅多に買いません。
でもたまに
映画を観終わった直後に
パンフも見たいぞ!と思った時は買います。
『ALWAYS 三丁目の夕日』は
思わずパンフも買ってしまった作品でした。

昭和33年の東京タワーが建設中だった頃のお話。
映画の中で
『戦争が終わって13年』というセリフが出てくるのですが
えっ?昭和33年って戦争が終わってたった13年しか経ってないんだ!?
・・・と
あらためて戦争はそんなに昔の事じゃなかったんだと思いました。

そして東京タワー建設って
当時の人たちにとって
ホントに希望の象徴だったのですねー。

今ほど裕福でも便利でもない時代だけど
人々の心には羨ましいと思うくらいに「希望」があって
空に向かってどんどん高くなっていく東京タワーと同じように
人々はひたすら明日に向かって前進していたのですよね。

この時代が羨ましいと思いました。
人間関係も素敵。

日本っていい国だなー!日本人っていい人たちだなー!
そう思った映画でした。

いい時代があったんですね。
ずっと残しておきたい映画でしたよね。

泣けたよぉー。^^;;

こちらは裏表紙。
東京タワーの土台ができています。(左側)
b0004691_063993.jpg


それにしても
薬師丸ひろ子さんって
本当に素晴らしい女優さんになりましたねー。
すっかりお母さん役がハマリ役になりましたねー。
女優人生、大成功ですよね。
(セーラー服で機関銃持っていたのに!)

他に
小雪さんや三浦友和さんの役柄も
切なかったですー。

吉岡秀隆さんも大きな俳優さんですよね!
子役クンとのからみが最高に泣けたのでした。
[PR]
by maya_c | 2006-01-22 00:32 | 映画