楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

(Event) 60's東京グラフィティ

b0004691_17515030.jpg
" あの頃のスタイルは、いつも新しい。
60's東京グラフィティ in SHIBUYA

60's STYLE STREET
青春の街角


心躍らせる60年代の街においでよ。"

GWをはさんで
渋谷・東急本店で開催されておりました。

映画「レント」を観終わって
たまたま見つけたイベントでした。
まるで60年代にタイムスリップしたかのようなイベント会場。

60年代というと
私が生まれた時代でもありますが
どちらかというと
私より上の世代の人たちの青春時代を見たような
そんな気分になりました。
いい時代だったんですねー。

会場はいくつかのAVENUE(街区)に分かれていて

CINEMA AVENUE(映画街区)には
スティーブ・マックイーン、オードリーヘップバーンにまつわる
貴重なコレクションを展示。
「大脱走」で使用されたバイクを再現したものや
オードリーの「麗しのサブリナ」のコスチュームなどがありました。
私の母はオードリーが大好きだったので
見せたかったなぁー。

CULTURE AVENUE(カルチャー街区)には
60年代の雑誌や本、漫画、映画パンフなどがあって
映画専門誌「スクリーン」の貴重なバックナンバーがありました。

'60s STYLE AVENUE('60sスタイル街区)には
当時のリッチな学生の部屋を再現したお部屋があって
私はこれが一番興味深かったです。
60年代を語る上で欠かせないのが「VAN」だそうで
そういえば私の父も着ていた気がするなぁー。

そして
MUSIC AVENUE(音楽街区)には
ビートルズやビーチボーイズのコーナーがあったり
60年代にみんなが憧れたギターを
アコースティックからエレキまで250本を展示・即売していました。
エリック・クラプトン、ジョンレノン、エルビス・プレスリー、・・・
その他にもたくさーんのシグネイチャーモデルがありました。
そうそう
エレクトーンはないか探してみたら
ハモンドオルガンが展示されておりました!

ステージでは60年代の音楽ライブをやっていて
たくさんの方がリズムを取りながら聴いておりました。
すっごくいい雰囲気!

その他にも
「あこがれの'60sダイニング」として
60年代を彩った東京・横浜の老舗が約40店大集合していたみたいです。
ナポリタンとかポークカレーとかビフテキ御前など
たくさんのお店が出ていたみたいで
あぁー食べてみたかったなぁー。

1階には60年代に登場したという
トヨタ2000GTが展示されていました。
「007は二度死ぬ」の中で活躍した「ボンドカー」だそうです。

また屋上にはその頃の映画館ができ
サントリーTHEオールドBarもあったようで
ホントにいろいろと楽しめたのですね。
もっと早くから知っていれば
教えてあげたい人がたくさんいましたよぉー。
私が行ったのはすでに最終日でした。

写真に撮りたいものがたくさーんあったのだけど
「撮影はご遠慮ください」とあったので
遠慮しておきました。

写真は
お土産に買ってきた
ビートルズやオードリーのポストカード。
[PR]
by maya_c | 2006-05-31 19:39 | 舞台・コンサート・イベント