楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

TAP MAN 

b0004691_9361641.jpg


りんかい線に乗るのは3回目。
天王洲アイルの駅は初めて。
アートスフィアに行くのに2回も人に道を尋ねた。

熊谷和徳さんの『TAP MAN』に
行ってきましたよぉー!

先日の稲本響さんのライブにも突然参加されて
そのタップを見た時はもぉ~鳥肌が立ちました。
タップを踏んでいる時の彼の表情。
何かにとりつかれたように動く足とカラダ。飛び散る汗。
即興で表現するピアノとタップのコラボレーション。
(ライブについてはまた後日!)

昨日のTAPMANこと、熊谷さんのステージは
映像を作られている奥秀太郎さんの監修という事もあり
スクリーンでも楽しませ
ステージ全体も立体的な造りで
タップ+視覚でも楽しませてくれました。
左右対称にほんのわずかなズレをつけて映したり
手の動きに影をつけて鳥のように見せたり…
などなど
スクリーンとコラボしてタップを見せるシーンがたくさんあって
映像の世界も
その映し方一つとっても
こんなに奥が深いんだなぁーと感心しました。

そして
ピアニスト、稲本響さんとのコラボレーション。
これはホントにすごい。
その時に感じるインスピレーションで即興的に
タップとピアノで表現するのだけど
二人がまさに響き合ってます。
響さんは、ピアノの弦の上にいろいろな秘密兵器を置く事によって
ピアノの音色を変えてしまうのです。
初めてそれを見た人
そして
その音を初めて聴いた人は
もぉーびっくりだよ。
おもちゃのピアノも登場したり、可愛い演出もありました。

熊谷さんのタップ。
とりつかれたようにタップを踏んでいる
彼の姿を見ていると
なんだか泣けてきちゃうんだよね。
彼は何のためにタップを踏んでいるんだろう。
タップだけで
生きること全てを表現しています。

何かを失ったような
失恋した時のような
なんだかとっても切ない気持ちになったりもしました。
最後はノリノリで♪

タップも奥が深いです。

生きてるってホントに面白いなぁーって
あらためて思いました!

本当に行ってよかったよ!
ありがとう!

それにしても
またまた頼もしい20代の人たちの
素晴らしい感性に打ちのめされました。
ニッポンの未来は明るい!(笑)

写真・・・
ユーミンからのお花を見つけて
思わず撮ってしまいました!
お洒落なユーミンらしいお花だなぁー高そうだなぁーと。^^
[PR]
by maya_c | 2004-10-16 09:21 | 舞台・コンサート・イベント