楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

RENT記者発表会に行ってきました!

b0004691_11424321.jpg

RENT記者発表会に行ってまいりましたぁー!
(ココに至るいきさつはこちらでアップしております!)
会場に到着すると
プレスの方たちと我々"RENT応援団"は左右に分かれ受付。
でもそこで頂いた資料はプレスの方たちと同じものだと思われます。
(RENT仲間さんたちへ・・・次回持って行くので見て下さい♪)

会場は新宿のFACEというライブスペース。
我々RENT応援団は3列目以降に座り、わくわくと1時の開始時間を待つ。
ササポンさんとピングーちゃんと私はもちろん3列目に座りました。
b0004691_11425511.jpg

ステージ上には4本のマイク。
おぉーーーこんなに近くでナマ歌が聴けるぞっ♪

正面にステージ。
そして両脇に大きなスクリーンが設置されていて
(始まってから気付いた・・・)
会場が暗くなると同時にスクリーンが映される。

その内容は
RENTの生みの親、ジョナサン・ラーソンについて。

私は今回この記者発表会に行けて一番よかったと思ったのは
キャストたちの歌やインタビューがナマで聞けたことはもちろんですが
RENTを生み出した
ジョナサン・ラーソンについて知る事ができたことです。

RENTの上演(オフ・ブロードウェイ)初日前夜に急逝した彼のことは
プログラムなどを見て知ってはいたけれど
その彼の友人やご両親のインタビュー
彼が実際に友人たちと暮らしていた
イーストヴィレッジのアパートの部屋などの映像を見て
(友人たちが亡くなった彼の荷物を片付ける様子を見て)
まさに彼そのものがRENTの世界だったんだなーと感銘を受けました。

彼はブロードウェイを夢見ながら
ずっとレストランでアルバイトしていて
このRENTがオフ・ブロードウェイで上演される事が決まって
アルバイトを辞めたそうです。
(それが上演決定した夜だったか、上演前日だったかは、記憶があいまいで思い出せなくてごめんなさい)
まさにアメリカン・ドリームだったわけですね。

大学卒業後にニューヨークへ上京し
イーストヴィレッジの狭いアパートで生活を始めたジョナサン。
その街にはアーティスト、移住者、ドラッグ常用者、ヒッピーが集まっていて
彼らと共に生活を分かち合っていたそうです。

RENTのストーリーは
ジョナサンの住むイーストヴィレッジに設定されて
彼を取り巻く人々の会話やエピソードを取り入れているとのこと。

そして1996年にRENTが幕を開ける事になるのですが
その上演前日に
最後のリハーサルを終えアパートに帰ったジョナサンは
大動脈瘤破裂で35歳という若さで急逝・・・。

『自分は今のミュージカル界を変えてみせる。そして、若い人たちが興味を持つような90年代のロック・オペラを作るんだ。』

という夢が叶う直前に
その舞台を一度も観ることもなく
ましてや
その後の大きな成功を知ることもなく
・・・・・・

うーーーん
彼の暮らしたアパートや友人のインタビューを見て
RENTの魅力がわかった気がしました。

今彼が生きていたら45歳。
日本にも来日していただろうになぁー。

・・・と長くなってしまいましたが

ジョナサンについての映像が終わると共に
ステージが明るくなり
b0004691_1143597.jpg

ロジャーとミミが“Another Day”を歌い始め
途中からマークとエンジェルも加わり
4人でのハーモニーを聴かせてくれました。
b0004691_11424321.jpg
左から
ジョエル・バミューデス(エンジェル)
アリアンダ・フェルネンデス(ミミ)
ゲイヴィン・レイン(ロジャー)
ジェド・レスニック(マーク)

なかなか素敵でしたよ!
かなり満足!


そしてインタビューが始まりました。
b0004691_11431596.jpg

資料を見てあっ!と思ったのですが
ミミ役のキュートな彼女は
2004年に17歳でラテン・ミュージック・アワードでデビューしているそうです。
ということは・・・
まさに今年、19歳!まさにミミではないですか!
RENT北米ツアーでミミ役を演じているそうですが
初めてRENTを観たのは去年だとのこと!(わ・・・やっぱり若いんだ・・・)
それでも本当に感動し、RENTが大好きになったとのことなので
まだRENTを観ていない方もどうぞ観て下さいとのことでした。

インタビューでは初めてRENTに出会ったのはいつか、とか
RENTの中で好きな音楽は何か、とか
演じるにあたり何を大切にしているか、とか
いくつか質問が出ましたが
私が一番興味深かったのは
『ブロードウェイでのキャストと、ツアーキャストではどう違うか』
という質問でした。

ブロードウェイでは
仕事として家から劇場に行き、また劇場から家に帰る、という生活だが
ツアーでは
劇場も生活も一緒でみんながファミリーになれるという利点があり
だから舞台もよいものになると。

これって当たってるかも!と思いました。
色々な舞台で来日ツアーなどのキャストを観て思うのですが
みんなとても仲がよい!ということ。

それってきっと舞台に良い影響を出しているのだと思います。
だから来日ツアーも観ておくべきなのだわっ♪

そして最後に
日本の高校生(RENTの音楽で活躍している方たち)と
RENTにこれは欠かせない!
“Seasons of Love”を熱唱。
b0004691_11432887.jpg

このハーモニーもよかったですよぉー!

最後にプレス用の写真撮影があり
b0004691_11433766.jpg

それでは秋にお会いしましょう!と幕。

この記者発表会の様子は
RENTのサイトでも近いうちに動画配信される模様。

RENTはストーリーもさることながら
音楽がイイです!

ストリート・ミュージック系ロックが中心なのですが
ゴスペル、リズム&ブルース、ハード・ロック、バラード、タンゴ、・・・
と素晴らしい音楽が私たちを魅了させてくれます。

あぁー秋の来日が本当に待ち遠しい!
その前に
映画版のDVDが届くのも待ち遠しい!
(みんな予約してるのが嬉しい。(笑))

記者発表会の様子も見ることができます
RENTのサイトはこちら!

帰りに
ササポンさんとピングーちゃんと美味しい餃子を食べて(その後仕事だったけど(笑))
RENTに限らず
オペラ座の怪人についても深ーーーく語り
次にお会いする時までの宿題も頂き、バイバイしました。

それにしても
インターネットを始めて本当によかったと思うのは
大好きなミュージカルについて熱く語り合えるお友達に出会えた事だなー。
RENTを歌おうというイベントに参加する経験も
記者発表会にご招待なんていう経験も
ネットで皆さんに出会っていなかったら実現しなかったことです。
本当にありがとう!なのでした。

っていうか
またお会いしましょーーー♪♪♪
[PR]
by maya_c | 2006-09-22 13:14 | RENT(レント)