楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

(本)手紙

手紙
東野圭吾/文春文庫
b0004691_13585381.jpg

映画の公開も近付いて
ミクシの東野圭吾コミュでも
『手紙』を読んだ方の書き込みが盛り上がっているので
遅ればせながら私もやっと買いました。

ブックストアのお友達が売り切れないようにと
取り置きしておいてくれて助かりました。
ありがとうございまーす!

読みましたよ
読みましたよ

さすがは東野圭吾さんですね。

最初からグッと掴んで離しません。
時間がそんなにない時に読み始めたのを後悔しました。
仕事中も続きが読みたくてモンモンと過ごしました。
彼の作品は3時間くらい読書に没頭できる時に読むに限りますね。

仕事が終わって
終わりまでイッキに読んで
ササポンさんじゃないけれど
涙と鼻水でぐちょぐちょになりましたよぉー。(笑)

そういえばしばらく彼の作品を読んでいませんでした。
娘っちとブックストアに行った時に
『何がおすすめ?』
と聞かれて
『東野圭吾、いいよぉー』
と薦めたことから
娘はわりと読んでいるようで
もしかしたら
今では娘の方がたくさん読んでしまっているかもしれません。
子供に薦めた大人が先を越されてちゃ~だめですね。^^;;

『手紙』は
ふたり暮らしの弟の学費欲しさに
ある家に強盗に入り
そこの家人に見つかり思いもよらずに殺してしまった・・・
そんな強盗殺人犯の兄を持ったことで
人生を狂わされてしまった弟が主人公。

ネタバレになってしまうので
詳しく書くのは
やめておきますがぁー
(映画も公開されるし!)

同情とか
差別とか
イロイロと出てくるのですが
ひとことで言うなら
こちらも
グサグサ胸が痛むストーリーでした。

お薦めですよー!
文庫化されているのでお安く入手できますし
ぜひぜひ!

東野圭吾さん
映画を観る前に読んでおきたかったので
間に合ってよかった。

原作でも泣けて
映画でも泣けるのが東野圭吾さんだから。

読み終わってからも
真っ赤な腫れぼったい目で
しばらく泣きじゃくっていて
家族に笑われておりました。^^;;
b0004691_13594157.jpg
こちらは単行本の表紙。
こんなに素敵なものだったのですね。
この写真を見ても
ぐすぐす泣けてきてしまいます。

やっぱり本はいいですねー♪
東野圭吾さん、サイコー!!!
[PR]
by maya_c | 2006-10-22 14:15 |