楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

恋の骨折り損

彩の国さいたま芸術劇場へ。

シェイクスピア作品
『恋の骨折り損』を観てまいりましたー。

彩の国さいたま芸術劇場では
『SSS(彩の国シェイクスピア・シリーズ)』という試みをやっていて
蜷川幸雄さんを中心に
シェイクスピア劇作37作をすべて上演しようというものすごい企画の真っ最中!

「ロミオとジュリエット」
「十二夜」
「リチャード三世」
「リア王」
「夏の夜の夢」
・・・・・・

などなど
1998年からスタートしたこのシリーズは来年で10周年を迎え
現在は第17弾のシェイクスピア演劇を上演中。

しかも
2004年からオールメール・シリーズというものも始まって
これは全てを男性俳優のみで行なう演劇です。

シェイクスピアの時代は男性俳優のみで演劇が行なわれていたので
まさに歴史の再現でもあるのですね。

今日私が観てきたものもオールメール・シリーズ!
しかも
イケメン揃いでウハウハものです。(笑)

★北村一輝(ナヴァール王ファーディナンド)
☆姜暢雄(フランス王女)
★窪塚俊介(デュメイン)
★高橋洋(ビローン)
☆内田滋(ロザライン)
☆月川悠貴(マライア)
☆中村友也(キャサリン)
★須賀貴匡(ロンガウィル)
    
(★=男役 ☆=女役)

座席も前から4列目だったので
もぉー本当にゴチソウ様でした!という感じですわ。^^;;

「恋の骨折り損」は
上演される機会の少ない作品らしいのですが
蜷川幸雄さんの演出で
とっても面白い作品でした。
トクに前半は
これはお笑いかと思うほど客席を爆笑させていました。

トクに
北村さん、窪塚さん、高橋さん、須賀さんの
男役イケメン4名のやりとりが
もう本当に本当に面白い!
私なんてある瞬間からツボに入ってしまい
笑いが止まらなくなってしまったホド。

簡単にストーリーを説明すると

ナヴァールの国の王や友人貴族たちが
これから3年間、学問にいそしもうとある誓いを立てるの。
その誓いというのは
断食やら睡眠3時間という決まりもあるのだけど
中でも一番彼らを苦しませるのが
女性を寄せ付けない(恋をしない)というもの。
この誓いを破れば厳しい罰則に処される。

ところがある時
フランスから王女がやってきて、たちまち王は恋をしてしまう。
友人貴族たちも王女と一緒にやってきた女性たちに恋をしてしまう。

その先はカクカクシカジカ・・・。

ストーリーだけを読んだ段階で面白そうだと思ったのですが
なんというか
恋をして悶えるサマとか
それがバレないように頑張るところとか
だけど会いたくて会いたくて・・・というところ
などなど
かなり面白かったです。

イケメン俳優たちが
男役も女役もやっているのですが
男役はもちろん女役も本当に美しく
ちょっとスマスマの竹の塚歌劇団を思い出しました。(笑)

私は北村一輝さんにメロメロになってしまいました。
そりゃ~もぉ~カッコいいったらありゃしない!
へへへっ。

3月31日(土)まで。
公演詳細はこちらをクリック!

その後は
大阪、名古屋、北九州公演が予定されています。
[PR]
by maya_c | 2007-03-30 03:36 | 舞台・コンサート・イベント