楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ピーター・ラビットをこの世に誕生させた女性の夢と大反対された恋。『ミス・ポター』

b0004691_1172793.jpg
世界中で一番愛されているうさぎ、ピーターラビット。
そのピーターラビットを生み出した作者、ビアトリクス・ポター(ミス・ポター)の物語。

私、こういう夢を実現した女性のお話が大好きなのです。

例えば
ハリーポッターは、そのベストセラーになった童話よりも
作者であるJ.K.ローリングについて書かれた本をまず読んだし・・・。

夢を実現させた、とくにそれが女性のお話だと
すごく嬉しくなって元気がもらえるのです。
大好きですねー。

この映画はその夢の実現、サクセスストーリーというよりも
それをきっかけに出会った彼女の恋と
それからの半生が描かれています。

1902年のロンドン。
約100年前。

当時、ミス・ポターは32歳で独身。
彼女には諦めきれない夢があります。
子供の頃に出会った動物たちの物語を絵本にすること。

親がすすめる良家の子息との縁談を断り続け
今日もスケッチブックを抱えて出版社を訪れています。

・・・映画はそんなシーンから始まります。

主演のミス・ポター役は
『ブリジット・ジョーンズの日記』『シカゴ』のレニー・ゼルフィガー。

相手役はユアン・マクレガー。
ミュージカル映画だった『ムーラン・ルージュ』にも出演されています。

ミス・ポターの絵本が出版されることになった時に
出会った男性がノーマン(ユアン・マクレガー)。
初めての恋は突然やってくるのでした。
しかし、母親はその恋に大反対。

絵本が出版され、彼女が人気作家になっていくのと並行して
彼女のそんな大反対された恋が描かれています。
それからの波乱の半生も。

彼女は後に
子供の頃に動物たちと出会った
イングランドの湖水地方で暮らし始めるのですが
その場所は今でもピーターラビットの舞台として知られ
人気の観光スポットだそうです。
映画では実際にその場所を使っているようで
それが本当にため息が出るくらい素敵。

あぁー美しいところだなぁーと思いながら
そのシーンを楽しみました。

こうやって
作家のヒストリーを知ると
今まで何気なく目にしていたイラストや絵本を見る気持ちに
特別な愛情がわいてきますね。

この映画をきっかけに
色々な本屋さんで
ピーターラビットの商品なども含めたブックフェアをやっているようなので
いくつかの本屋さんを歩いてみたいなーと思っています♪
[PR]
by maya_c | 2007-09-20 02:10 | 映画