楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

迫力と臨場感に大興奮!リバーダンス、また帰ってきて欲しいな!

b0004691_8372721.jpg
なかなか更新できずにおりますが
今年5月20日からの約1ヶ月間
赤坂ACTシアターで
『リバーダンス』が来日公演されていました。

今年の私は
なかなかエンタを楽しむ余裕も時間もなかったのですが
だんだんストレスも貯まってきていたこともあり(笑)
このままじゃ~いかん・・・と
エイッ!
6月に入ってから
ドタバタと娘を誘って行ってまいりました。

ニューヨークでロングランを記録されていたこのリバーダンスも
ブロードウェイ公演はもう終わってしまい
噂によると
この日本公演で最後だとか?
(そんなの嘘ですよね・・・)(><)

東京公演だけでなく
仙台、愛知、新潟、富山、福岡、倉敷、大阪
・・・と公演されていたようです。

ニューヨークで初めて見て
その翌年くらいに東京で2回目を見て
そして
今回・・・3度目の鑑賞。
(いえ、赤坂千秋楽の4度目も行きました(笑))

私はタップが好きで
自分も実はちょこっと習ったりもして
(あぁータップシューズがあるのにもったいない!またやりたいぞ!)
タップのステージも何度か観ております。
なんというか
信じられないくらい細かなリズムを打つ足音が大好きなのです。

でも!
でも!

どんなタップもこのリバーダンスの迫力にはかなわないんじゃないか・・・
と思うホド
リバーダンスの臨場感って大興奮しちゃいます。

また音楽が素晴らしい。

私はリバーダンスの舞台を初めて観た時に
『あぁー生まれ変わったらバイオリンをやろう!』
と思ったのですが
バイオリンの競演もすごい迫力なのです。

リバーダンスというのは
アイルランドが自国のダンスや民族音楽
また
歴史や思想など
アイルランドの誇るべき伝統と文化のすべてを注ぎ込んで生み出した
全く新しいダンス・エンターテインメントだそう。

タップと違うのは
上半身はまっすぐ直立のまま
足だけ動かして踊るところかな。

ステージの演出で
タップダンサーも出演されていて
リバーダンスとタップダンスの違いもわかるようになっています。

私にとって
久し振りの舞台鑑賞でしたが
(それでも人と比べたら行ってるだろうというツッコミはなしで・・・)^^;;
パワーをたくさんもらって
感動して
『やっぱりエンタってすごいな!』と
ウルウルしてしまいました。

トクに舞台は
出演者からのエネルギーがもらえますね。

彼らのここまでの努力とか練習量とか涙とか・・・
それが全て舞台で発散されていて
それを客席で「感動」という形で受け止められる。

あぁーこれからも頑張るぞ!

そして!
そして!

終わってから娘と食事をしていたら・・・

偶然にも
後ろのテーブルに出演者たちがいらっしゃって♪

私たちが持っていたパンフやグッズに気づいて下さり
『ありがとう!』と。
こちらもつたない英語で感動をお伝えし・・・。

日本人の方(スタッフの方なのかな)が
『サインしてもらったらどうですか♪』と温かいお言葉をかけて下さり
ラッキーなことに
パンフにサインまでして頂き
写真も・・・。

あぁーーー
なんだかとってもラッキーでした!!!

素敵な思い出ができたあのお店に
また行こうと思う。^^

赤坂ACTシアターは
取り壊す前の劇場も味があってよかったですが
新しくできた劇場も素敵ですね!

あの辺りがひとつの街というかテーマパークのようになって
観劇と一緒に数時間を過ごすのも楽しいですね。

また行きたいです♪

下は携帯で撮った写真たちです。
b0004691_9134440.jpg



b0004691_9135850.jpg
b0004691_91469.jpg

[PR]
by maya_c | 2008-09-18 09:20 | 舞台・コンサート・イベント