楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:音楽・CD( 13 )

b0004691_0244684.jpg

最近、私がジーンと感動した曲のご紹介。
大好きなユーミンの曲を
平原綾香さんがカヴァーしています。

晩夏(ひとりの季節) / いのちの名前
平原綾香



晩夏(ひとりの季節)
作詞・作曲:荒井由実 編曲:松任谷正隆

ゆく夏に 名残る暑さは
夕焼けを吸って燃え立つ葉鶏頭
秋風の心細さは コスモス

何もかも捨てたい恋があったのに
不安な夢があったのに
いつかしら 時のどこかへ置き去り

空色は水色に
茜は紅に
やがて来る淋しい季節が恋人なの

丘の上 銀河の降りるグラウンドに
子供の声は犬の名をくりかえし
ふもとの町へ帰る

藍色は群青に
薄暮は紫に
ふるさとは深いしじまに輝きだす
輝きだす


最初に平原綾香さんのこの曲を聴いたのは、クルマの中。
いつものFMの番組中で流れました。

あれ、ユーミンの声じゃない!?

曲が終わってから
その声の主は
平原綾香さんと知り
『あぁー、やっぱり彼女はすごいシンガーだな。』と感動。

中学時代からユーミンが大~~~好きだった私は
この曲はもうお馴染みだったのですが
平原綾香さんが「今」歌う事によって
あぁー、この曲はこんなに素晴らしい曲だったんだなー
・・・と、改めてユーミンのすごさと
そしてそして
平原綾香さんの歌唱力、表現力に脱帽したのでした。

「ゆく夏に・・・」の出だしの歌い方が
ユーミンと同じで
うわぁー!!!と感動してしまうのですが(最初は鳥肌モンでした・・・。)
平原綾香さんのカヴァーも
プロデューサーはユーミンと同じ松任谷正隆サン(ユーミンのご主人)なので
アレンジも含め
懐かしい感じがするのかなぁー。
アレンジがとっても懐かしくてそれがまたとっても新鮮なの!!!

ユーミンファンの人も
きっときっと大好きになったんじゃないかな。

FMで初めて聴いてから
忘れられない1曲になってしまい
ネット上で何度も聴いていたのですが
とうとう今日は
サザンとヤマタツさんのアルバムを買う勢いにのって
このシングルを買ってしまいました。
(11月のアルバム発売まで待てませんでした。(笑))

今もリピートして何度も何度も聴いています。

こうなったら
彼女のアルバムは全部揃えよう。

秋はしっとりと
お部屋で音楽を聴きながらゆったりと過ごしたいですね。
(・・・といちおー思ってみる。(笑))

あぁー
やっぱり私は日本語の歌詞の曲が好きかも。
詞の奥深くを追うタイプなのだな。

英語ではなかなか表現できないところとか
そんな繊細な部分が
日本語にはありますよねー♪

平原綾香さんの歌唱力、表現力、存在感、独特の世界感、・・・
ホントにすごいと思う。

彼女も21歳で
この曲を作ったユーミンも当時21歳だったそうです。
すごいなぁー。
21歳でこの歌詞が書けちゃうんだ。
21歳でこの歌が歌えちゃうんだ。

あぁーすごいっ♡
[PR]
by maya_c | 2005-10-12 00:50 | 音楽・CD
こんにちはー!

なんだか涼しいねぇー。
こういう時はカラダを冷やすと風邪をひくので気をつけましょ。
(着るものを何か足しましょ!)

突然ですが☆

ワタクシ、昨日からピンクレディーを踊っております。
うはは。
昨日はとても恥ずかしくて書けなかった!(笑)
(踊ってる自分の姿を客観的に見て、かなーり笑えるのよぉ!)

でももう内緒にしないでオープンにしよう。
昨日と今日、ピンクレディーを踊っておりまするー!

b0004691_1354328.jpgこれ、けっこう前に買ったものです。

『毎日、運動不足だよなぁー』って
昨日急に思い出して

そうだ!ピンクレディーがあるじゃないか!って
ごそごそとこのDVDを出して流してみた。

ピンク・レディー フリツケ完全マスターDVD Vol.1 講談社DVDブック

Vol.2も出ているのだけど
私が持っているのはこのVol.1だけ。

これには

(1)ペッパー警部
(2)S・O・S
(3)カルメン’77
(4)渚のシンドバッド
(5)ウォンテッド(指名手配)

この5曲が収録されてます。

いやぁー、1回しか見てなかったんだけど
毎日の運動にコレいいよ!(笑)

5曲を続けてやると
3曲目くらいから
『あと2曲で終わる・・・』と思うくらいゼイゼイしてきて
5曲全て踊り終わった後には
汗がしたたり落ちておりますぜ!

運動にするには、1曲ずつじゃだめで
5曲ぶっ続けで歌い踊るのがいいと思う。

うまーく構成されていて
3曲目でちょいとしんどくなるんだけど
4曲目の「渚のシンドバッド」でまた楽しくなってくるの。
そんで最後にウォンテッドでハードにフィニッシュするから
なんちゅーか5曲踊り終わった後には
心地よい爽快感が残ります。
うはは。

ひとりで踊ってると
『あぁー、私ってなんてバカなんだろー。』って
考えてしまうこともなくはないのですが

もちろん窓もカーテン締め切って踊ってますので
ご近所の方にご迷惑はかけていないと思う。

コレいいよー、おすすめ!
Vol.2も買って
どちらか好きな方を選んで踊れるように
毎朝の日課にしようかな。

昨日の午後、なんだか喉が痛いなぁー、風邪ひいたかなぁーって思っていたのだけど
よーく考えたら、朝のピンクレディーが原因なのでした。
昨日は歌も歌った方がカロリー消費になるだろうと思ったのですが
喉を痛めたら意味ないので
今日は歌はささやく程度にしておきました。
喉の痛みも治ってきました。

でもさ、今までカラオケで人前では踊っていたけど
部屋で一人でテレビの前で踊るのって
なんだかミョーに恥ずかしいのよぉー。
っていうか
自分の姿に笑っちゃうの。
面白い。

うはは。

マツケンサンバもけっこうハードだったけどね。
ちなみにマツケンは持っていないので、パソコンで某サイトを見ながら娘1と一緒に踊った。
踊りだけでゼイゼイして大変だったので、マツケンさんを尊敬しました。(笑)
[PR]
by maya_c | 2005-07-14 14:22 | 音楽・CD
b0004691_015930.jpgバカラバカラ ペテンのフキヌケ
アブドラバンチョのベソッカキ
チララチララ チンチラパパイヤ
クラクラヌンチャク ヒジデッポ
ケセラケセラ ママコのガリベン
ハレヒレメガネのブットバシ

呪文だよ~~Oh! Misty!
(フィンガー5 『恋の大予言』より)


5月16日に『クリッパーって知ってる?』というタイトルで書いた時に出合ったsugieeさんのブログ。
その時はクリッパーについて書いてあるブログを発見しただけで、私の心の中では大騒ぎだったのですが、ブログを読み進めるうちに、ルネ・シマールやら、フィンガー5やら、ピンポンパンに出ていたノンノンやら!やら!やら!
その他にも懐かしい少年たちの名前がわんさか出てきて、パソコンの前で歓声を上げておりました。
今もそのブログの記事は続いていて、sugieeさんのものすごい情報量にビックリしております。

このsugieeさんのブログ、なかなか素晴らしい!
『BOY’S VOICE ~永遠の少年たち~』
タイトル通りに少年たちについてのブログだけど、ホントにすごいの!
永遠の少年たちの記事がもぉーいっぱいなの!

「クリッパー」で検索して出合ったブログだったけど、そこで「フィンガー5」の記事を見つけ、またまた大喜びした私。
フィンガー5、子供の頃本当に大好きでしたよー!
思わずsugieeさんのブログに出合った勢いで、フィンガー5のベスト・アルバムを買ってしまいました。(笑)

今もそのCDを聴いていますが、フィンガー5ってやっぱりユニークなグループだったなと再認識!
娘たちにも聴かせてあげました。

あの頃は全く知らなかったケド、フィンガー5についても色々と知る事ができました。
高木龍太さんの解説文によりますと・・・
沖縄出身の彼らのお父さんは、米兵相手のAサイン・バーを2軒持っていて、そのお店には生バンドやジューク・ボックスが置かれ、洋楽、特に黒人音楽等が流れていたそうです。
そんな環境の中で彼らは育ったそうです。

へーへーへー♪・・・なのでした。

アメリカへ行ってしまったことも覚えています。
『帰ってくるよ』のシングルは買ってもらった記憶があります。

あの頃は子供だったから、アルバムなんて買えなくて、それでも両親が買ってくれたカセットが1つだけあって、宝物でした!

あぁー大人になるって事は、ピンクレディーのコンサートにも行けちゃうし、フィンガー5のベストアルバムも買えてしまうということなんだなー。

あぁー大人になってよかった!
子供の頃の願いが叶う!というのが、「大人になる!」ということなのでした。
[PR]
by maya_c | 2005-06-14 00:40 | 音楽・CD