楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:舞台・コンサート・イベント( 110 )

b0004691_12322375.jpg

私の夏の定番がブラストなら
冬、クリスマスの定番は
このハーレム・ゴスペル・クワイアのコンサートです!

今年も彼らの歌声を聴けるなんて♪

魂がゆさぶられる彼らの素晴らしい歌声
私、大大大・・・大好きなんです♪

明日から先行受付開始です!

これは私のイチオシ!
お薦め♪

ぜひぜひお近くの会場で
世界中が認める
彼らの音楽に触れて下さい!


◆12月13日(木)19:00 
すみだトリフォニーホール

◆12月14日(金)19:00
関内ホール

◆12月15日(土)14:00/18:00
昭和女子大学 人見記念講堂

◆12月16日(日)13:00 
よみうりホール

◆12月17日(月)19:00
厚木市文化会館

◆12月18日(火)19:00
松戸・森のホール21(松戸市文化会館)

◆12月19日(水)19:00
練馬文化センター

◆12月20日(木)19:00
川口リリア・メインホール 
 

詳細はこちらでーす!
[PR]
by maya_c | 2007-09-14 12:55 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_11115271.jpg

CA SOUND THEATER vol.4 『桃太郎』を観てきました!

先日の千葉マリンスタジアムでのパフォーマンスでは
まさに日本版ブラストだなぁーと感じましたが
今回のこの公演では
CA版『桃太郎』のストーリーに基づいたステージングで
演奏は全て舞台裏で行われ
ステージ上ではストーリーが展開されていました。
セリフはなく、動作による演技のみ。

ラッキーなことに
最前列中央のチケットをいただいたので
出演者の目の表情から汗から・・・全てを目の前で感じることができ
ドキドキしながら鑑賞しておりましたー。

トクに驚いたのが
迫力ある殺陣のシーン。

元ジャパンアクションクラブ出身の殺陣師の先生などに
ご指導を受けられたようですが
迫力のある殺陣のシーンには本当にビックリ。

楽器を演奏し、フラッグを操り、ダンスにお芝居に・・・
何から何までやってしまうCAの方たちですが
今回はそれに「殺陣」の演技も加わり
これはもう想像以上の努力が積まれていたのでしょうね。

一番前の座席だったこともあり
振り回されている剣がこちらに飛んできたらどうしようと思うくらい
すごい迫力で・・・

殺陣のシーンのある舞台はそんなに観たことがなかったのですが
(観たとしても遠くからだったので)
興味がわきました。
殺陣にもきっと色々あって、奥が深い世界なのかもしれません。
機会があったら調べたり鑑賞したりしてみたいですね。

男性が殺陣をやって迫力が出るのは頷けるのですが
今回ものすごくカッコイイと感じたのは
女性がそれを演るシーン。

役柄でいうと
白虎将翠漣と玄武将祝珂という本来なら敵(鬼)側の側近の役のお二人。
棒を振り回すシーンや
玉のついた鎖を自在に振り回すシーンは圧巻でした。
演じていらした女性に惚れました。^^;;

同じく敵(鬼)側の側近で
青龍将李醒と朱雀将李舜という姉妹のシーンでは
姉を倒されてしまった李醒が叫んで立ち向かうシーンに
ホロリと涙がこぼれてしまいました。

普通なら
正義の味方、桃太郎側の立場になって鑑賞するのでしょうが
鬼側の「鬼には鬼の正義がある」世界に感銘しました。

もちろん桃太郎側の方たちも素晴らしい。

口笛も相変わらず美しく♪

とくに桃太郎の役の方の目の演技にやられました!
あ、目の演技なら、温羅(鬼側主役)の方もすごかったです!

あと
今回、とても興味を持って楽しんだのが衣装。
桃太郎の羽の部分や
温羅のうろこのような部分がとても素敵でした。

青龍と朱雀の「青」と「朱」の対照を取り入れた衣装も綺麗で・・・

衣装、かなり目を引きました。
全ての衣装が
この舞台で大きな役割を果たしていた気がします。
(カラーパンフレットを購入してよかったです♪衣装をじっくり楽しめて嬉しい♪)


さてさて!

CAさんの次回公演は、来年3月7日~9日だそう。
新宿シアターアップルにて。

私がとても好きだと思った書芸も出てくるといいな!
何より
生命を叫び、踊り、演奏するCAさんの迫力あるステージを期待しています!
今回はステージ上での演奏が最後だけだったので
迫力ある演奏シーンをたくさーん観たいなぁー!
楽しみっ♪

CA公式サイトはこちら
[PR]
by maya_c | 2007-09-10 12:01 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_12221270.jpg
hair spray
BROADWAY'S BIG FAT MUSICAL COMEDY HIT


ブロードウェイ・ミュージカル『ヘアスプレー』を観に行きました。
千秋楽!
ミュージカル仲間のお友達のおかげで
めちゃめちゃイイ席で♪
どうもありがとう!


2003年トニー賞8部門受賞
ブロードウェイと全米で大ヒットロングラン中
カラフルでパワフル!
誰もがハッピーになれるミュージカル


この宣伝コピーそのままの
本当に楽しいポップなミュージカルでした!

ブロードウェイの来日公演で
こういう可愛くてハッピーでゴキゲンなミュージカルを観ると
今スグにでもニューヨークに飛んで行って
ブロードウェイでもう一度観たくなってしまいますね♪

とにかく主人公の女の子、太めのトレイシーが超可愛い!
何事にも前向きでポジティブシンキング!
ダンスとお洒落とテレビ番組「コーニー・コリンズ・ショー」が大好きな
どこにでもいる女の子なのだけど
もぉーホントに抱きしめたくなっちゃうくらいキュートなのなの。

物語は1962年のボルチモア。

60年代のファッション、カラフルなプリントのワンピースや
ヘアスプレーでまとめた髪型などなど
とってもカラフルで観ていてウキウキしてきます。

そして音楽も!
ゴキゲンで楽しいナンバーばかり♪

そうそう
あの「ドリームガールズ」も登場しますよ♪

明るく楽しいミュージカルではありますが
人種差別反対のメッセージも込められていて
この時代の背景も描かれたりしています。
そしてそして
トレイシーはそんな問題にも立ち向かっちゃう
正義感の強い女の子なのです。

トレイシーのママも同じくビッグファットなママなのですが
男優さんが演じられていて
細いパパとビッグなママの組み合わせがまたコミカル。

何回も笑わせてくれます。

カーテンコールはスタンディングオベーション!
ラストは客席も出演者も一緒になって踊り出します。
(休憩時間に踊りの練習がありました(笑))

この日は千秋楽だったせいもあるのかもしれませんが
アンコールの拍手はいつまでも大きく鳴りやまず
終演を知らせるアナウンスが何回も何回も流れました。
マイクの音量もだんだん上がっていって。(笑)

あの時の客席には
「ブラボー!」と「ありがとう!」がいっぱい溢れていましたね。
みんな笑顔いっぱいになって劇場を後にしました。


そして!

そして!

ヘアスプレーは映画化されて!

日本でも今年10月に公開ですよー!
必見ですね♪

トレイシーのママであるエドナ役にあのジョン・トラボルタ!
ダンスもうまいし
めちゃくちゃなりきっているみたいですよ。
楽しみっ♪

トレイシー役の女の子は
1000人のオーディションで選ばれたそうですが(ニッキー・ブロンスキー)
もぉーさすがアメリカ!
この女の子、めちゃくちゃ歌がうまいとのこと!

大好きな坂上みきさんの番組(エンタMAX(TFM))でも紹介されていましたが
もぉー非のうちどころのない完璧なミュージカル映画だとのこと!

10月が待ち遠しい!

あぁーもうどうしよう♪(笑)

早く早く秋にならないかなー!
待ちきれないっ。

あぁーーーー
私のミュージカル熱、いっこうに治まる気配がありませんっ。
ホントにホントに生きててよかったぁー!

これからも
大好きなミュージカルをたくさん楽しめるように
頑張ってお仕事しましょう!(笑)

ミュージカルの神様に感謝して
今日も一日元気に過ごしましょうね♪p(^0^)q


ブロードウェイといえば☆
ニューヨーク写真もまだいっぱいアップするものが貯まってます。
ミュージカル「レント」の舞台であるイーストビレッジも歩いてきましたし
ライフ・カフェにも行ってきたのでした。
そちらもまたアップ再開していきまーす♪

[PR]
by maya_c | 2007-08-22 13:16 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_1382735.jpg

渋谷の雑踏を少し歩いて
ブックファーストに寄り道して
大好きなBukamuraに到着すると・・・
いつもホッとします。

Bunkamuraには
オーチャードホール、シアターコクーンなどの素敵なホールがあり
お洒落な映画館(ル・シネマ)があり
ミュージアムがあり
そしてレストランやカフェ、ショップなど
私にとって
渋谷で一番落ち着くオアシス的存在の場所です。

1階のカフェでよくお茶するのですが
その横のスペースにあるBunkamura Galleryでは
いつも何かしら興味深いアート展をやっています。
入場無料で
ちょっと贅沢な時間を過ごせます。

最近ではポスター展が面白かったのですが
今、開催しているのは
「音のかたち展2007~クラフト・アート・シンフォニー~」

この前から気になっていたので行ってみました!

音のかたち、といっても
音楽というのではなく
私たちが感じる風の音や人びとの声、ささやき、小鳥や虫の鳴き声、海の音などなど
日常に自然にさりげなく存在する音たち。
それらの「音」をモチーフに
アーティストの方たちのフィーリング、イマジネーションによって
創造し作られた
そんな素敵なものたちのアート展でした。

ガラスアートだったり、布で作られた作品だったり
書道、ビーズ、和紙、etc.etc.
たくさーんのアートが展示されていました。
もちろん販売も行っています。

中でも興味を引いたのが
ヴェネチアンガラスのオリジナルアート。
この季節にピッタリ!

とっても涼しげな作品たち・・・
ひとつひとつゆっくりと眺めていたかったです。

どうやって作るのでしょう。

ひとつひとつ手作りで
世界に1つしかない1点モノになるのですね。

b0004691_22443312.jpg


ヴェネチアンガラスのオリジナルアートのサイトはこちら


他にカラフルでポップな時計や
メタルアート、書道の作品なども興味深く拝見しました!

そうそう
作者の方たちもそれぞれのコーナーにいらっしゃって
(ずっといらっしゃるかはわかりませんが・・・)
質問すると答えて下さいます。

14日(火)まで開催なので
お盆休みを東京で過ごされる方は
映画などと組み合わせて行かれてみては。

私は映画「リトル・チルドレン」も鑑賞してきました。
その感想はまた後日。
[PR]
by maya_c | 2007-08-11 22:28 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_1938117.jpg

愛か、死か。
囚われの王女アイーダの物語。

劇団四季とディズニーが総力をあげてつくりだした
衝撃的なラブストーリー。

(劇団四季「アイーダ」のチラシより)


お友達に会いに名古屋に遊びに行きました。
名古屋で公演中の「アイーダ(劇団四季)」が気になっていたこともあり
チケット1枚を数日前に手に入れて
お約束の1日前に現地入りして、おひとりさま鑑賞~!

直前に購入したわりには
2階の最前列中央のチケットが手に入り
なかなかラッキーでした。

最近、お友達と観劇する事がほとんどで
おひとりさま鑑賞は久し振り!
しかも
東京ではなく名古屋!
新幹線でひとり大好きな駅弁を食べ
(私は列車の中で駅弁を食べる、という行為が好き(笑))
うきうき気分で名古屋の劇場へ向かいました。

おひとりさま鑑賞・・・
これはこれで何とも幸せな気分。

お友達や仲間とワイワイ行動
そして
ひとり行動

どちらもそれぞれに楽しみがありますねー♪

さて
前置きが長くなりましたが・・・


(ここから先は、少々ネタバレありです。)


5月にお友達が聴かせてくれた
ブロードウェイ盤「アイーダ」のCDがきっかけで
アイーダの音楽に惚れこんじゃいました。
ロックあり、ゴスペルあり、力強いソウルフルな音楽に
ぐぐぐっ。

音楽はエルトン・ジョン。

鑑賞後も一番に思ったのは
エルトン・ジョンってイイお仕事をしているんだなー♪ということ。
感動を与えるお仕事ってホントに素敵。
元気がもらえちゃいました。

そして
劇団四季も
かれこれ20年近く前から鑑賞していますが
全体のレベルが本当に上がりましたよね。
歌もダンスもすごい!

今回のアイーダの歌も本当にレベル高いです!
素晴らしい!

ただ劇団四季の舞台を観るたびに
いつも気になるのが
ハッキリしすぎたセリフの言い方なのです。
(たしかに聴きやすいのですが・・・)

今回のアイーダは
トクにそれが気になってしまいました。

まぁー観ているうちに舞台に引き込まれ
いつの間にか気にならなくなってはいるのですが♪

さて、ストーリーですが

何も下調べなく行ったのですが
アイーダは切ないラブ・ストーリーですねー。

ディズニーの作品ですが
大人のためのミュージカルという感じで心地よかったです。

いわゆる三角関係にはなるのですが
どちらの女性にも観客は敵対心は持たずに最後まで観れる。
逆にもうひとりの女性の強さにも心を打たれてしまいます。

それと・・・
古代エジプトのストーリーなのですが
最初は近代の美術館のシーンで始まります。

そしてラストのラスト・・・

愛の力ってすごいなって思いますね。
時空を超えちゃうんです。

愛の力を信じたくなりました!
そんなミュージカルです。

チラシを見て思いました。
今度は1階の前の方のシートで観たい!
だって
アイーダの目から流れている涙を見たら・・・
これは近くで見たくなります!

また観たいな!
名古屋へ行くか、東京に来るまで首を長くして待つか
うーーーん
たぶんまた名古屋に行っちゃうと思う!^^;;

皇族たちのお話で
煌びやかな衣装も楽しめますー!

大好きなミュージカルのひとつになりました!
[PR]
by maya_c | 2007-08-08 21:13 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_3235172.jpg

千葉マリンスタジアムのイベント記事で
CAさんのかっこいいパフォーマンスをご紹介させて頂いたので
勢いに乗って
CAさんの公演をお知らせさせて頂きまーす!

CAってなーに?という方のために
公演チラシより・・・


the CRAZY ANGEL COMPANY 『CA』 とは?

管楽器・打楽器・カラーガード・ダンスと、複数の表現ジャンルを修得したジェネラリスト達が、従来ない新しい音楽表現を創造。
生演奏とダイナミックな身体表現の一体化によるニュースタイルの芸術集団。
作品を通じて「ドラマがないならドラマを作れ!」「観るものに生命を実感させろ!」を合言葉に、劇場やストリートで、音楽パフォーマンスをお届けしています。

(公演チラシより)



です。です。なのですー!

日本版ブラストとして
CAさんのさらなるご活躍を期待していますー。
マッスルミュージカルみたいに
いつかラスベガス公演しちゃったら素敵だなーと♪

そのCAさんが公演を行います。


CA SOUND THEATER vol.4 桃太郎
2007年9月8日(土)~9日(日)
アサヒ・アートスクエアにて


全部で5公演!

詳細は
めっちゃカッコイイ予告編(動画)が見られるこちらへ。

ココをクリック!(そして「予告編START」をクリック!)


メンバーの皆さんもこの公演に向けて
頑張っていらっしゃる!

楽しみにしておりまーす!


千葉マリンスタジアムでの
CAさんの記事と私が撮った写真はこちらです!
[PR]
by maya_c | 2007-08-08 03:59 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_242756.jpg
8月1日、千葉マリンスタジアムに行ってきました!
なんと私の大好きなCA(the CRAZY ANGEL COMPANY)とブラストがパフォーマンスをするとのことで、めちゃめちゃ暑い日でしたが、頑張って行ってきました!
これは午後4時から始まったCAのステージ。
CAの皆さんは最近ディズニーシーにも出演され、残念ながらそれには行けなかったので、この日は迫力ある彼らのパフォーマンスが見られて(しかも間近で!)、めっちゃシアワセでした。
b0004691_2422254.jpg
迫力あるCAのステージ。
楽器を演奏しながら激しく動き回ります。

そして
これは珍しい!
スネアドラム×タップダンスのバトル!
b0004691_2423831.jpg

b0004691_2425023.jpg
衣装替えをして、「和」のテイストたっぷりの演奏を聴かせてくれます。
客席には外国からのお客さん(実はブラストのメンバーもたくさん!)が大勢いらしたのですが、「CA流ソーラン節」には大喜びでノリノリで踊りながら楽しんでいらっしゃいました!

バトンが加わります。
b0004691_243456.jpg

マーチングならではのフラッグも加わります。
このカラーはマリンズのカラーだそうです。
(野球のこと、まるで知らない私です・・・ごめんなさい)^^;;
b0004691_2431734.jpg

本当に大迫力のステージでした!
CAについてはこちらのサイトをご覧下さい!
b0004691_2433059.jpg

[PR]
by maya_c | 2007-08-06 03:11 | 舞台・コンサート・イベント
BLUE MAN GROUP IN TOKYO

12月と1月の来日公演をとっても楽しみにしているのですが
なんと!
東京公演のバンドメンバーを募集だそうです!

最近、こういうニュースが多くて
(得意分野を活かしたいと考える方がチャレンジする場が多くて)
なんだか嬉しいです!

募集は
ストリングス(ギター、ベース)、パーカッション(ドラムなど)
のようです。

詳細はこちらに出ていますが

ギター、ベース
そして
ドラム、パーカッションをやられている皆さーん!

いかがですかー?

私としては
仲良しのお友達に
ぜひぜひチャレンジしてみて欲しいなぁー!

でもでも
締め切りは8月2日!
気付くのが遅かったです・・・うぐっ。
でも当日消印有効!
まだ間に合う!
ぜひ!

BLUE MAN GROUP IN TOKYO
公式サイトはこちら
[PR]
by maya_c | 2007-07-31 22:18 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_17594119.jpg

東京での追加公演チケットも発売になりました。
ドラリオン、大人気ですね。

「キダム」「アレグリア」・・・と
シルク・ドゥ・ソレイユの来日公演には
何人かのお友達が足を運んでいて
私はいずれの公演も観ていなかったので
ずっとずっと気になっていたのですが・・・

やっとやっと
今回のこのドラリオンで
「初☆シルク・ドゥ・ソレイユ!」となりました。

何ていったらいいのかな・・・
サーカスとも違う、ミュージカルともバレエとも違う・・・
何というかものすごいショーなのです。

そだそだ
ドラリオンについてお喋りする前に☆

私はこういう専用テントものが大好き。
CATSシアターだったり
マッスルシアターだったり
そのショー専用の特設テントが見えてきた瞬間から
ウキウキしてきて
そのテントに一歩入ると
そこはもう魔法の国に感じたりします。

そのショーのために作られた専用シアターなので
外側も中側もその空気が溢れていて
テントが見えてきただけで
また中に入るだけで
わくわくドキドキしてきちゃうのです。

しかしながら
今回のドラリオン
開演時間ギリギリに走って行ったので^^;;
テントに入る時のわくわくドキドキがあまり味わえなかったのですが
それでも
中に一歩入った瞬間から気分は高揚してきて♪

そんな感じで
私にとっての初シルク・ドゥ・ソレイユ
「ドラリオン」が幕を開けました!

ドラリオンというのは
東を代表するドラゴンと
西を代表するライオンから考えられたタイトルだそうで
東洋の要素もたくさん取り入れたショーの構成になっていました。

空中バレエ、空中ブランコ、ジャグリング、フープ・ダイビング、トランポリン、・・・
などなど
他にもたくさーんのものを
息をつかせず次々と見せてくれるのですが
それが人間ワザの粋を超していて
とにかくものすごいのだ!
だけどとても美しいの!

衣装や照明もとてもキレイ!

あ、音楽は生演奏です!
ライブ感がさらに広がって大きな魅力となっています♪

天井から垂らされた長~い布を腕や身体に巻きつけ
昇ったり落下したり飛び回ったり・・・
ジャグリングも手だけでなく足も使って何本もの傘を自由自在に操ったり

あんまし書いちゃうとネタバレになってしまいますが
うわっ、身体いったいどうなってるの!?と思ってしまうものもあり
とにかく完璧なサーカス・ショーというのかなー。
うーん、ジャンル分けが難しいけれども
人気があるのがよーくわかりました。

トランポリンも
壁を利用したユニークな構成になっていて
まるでスパイダーマンを見ているような錯覚に陥りました。

でもでも!

私が一番ビックリしたのが
客席から引っ張られてステージに上がったお客さん。
いろいろとやらされて気の毒なくらいでした。(笑)

これから行かれる方!
客席から引っ張られてステージに上がったら
どうぞ頑張って下さいね♪^^
[PR]
by maya_c | 2007-07-31 21:31 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_2334398.jpg

5月のことになりますが・・・
お友達の舞台を観に行くまでの時間、アクロバティックな旗振りのパフォーマンスに出会いました!

音は、ラッパと太鼓(ごめんなさい・・・正式な名前がわかりません☆)だけのシンプルなものでしたが、けっこう風も強いそして日差しも眩しいお昼時の時間に、かなり重い(と思われる)旗を力強く自由自在に操ってカッコいいパフォーマンスでした。

えっと・・・
背がスラーーーッと高くて、イケメン揃いでしたよー!
へへっ。^^;;

イタリアで優勝しているチームとのことでした。
この写真のような団体での演技もあり、ひとりで数本の旗を操る個人演技もありました。

テレビ局の取材も入っており、リポーターの方が旗振りに挑戦していらっしゃいました。
なかなか難しそうです。
(旗は大きいし、とにかく重いのでしょうね・・・)

世界中に
まだまだ見たことも聞いたこともないショーがいっぱいありますね。

それではお写真をお楽しみ下さい♪

b0004691_2341345.jpg
b0004691_23414927.jpg
b0004691_2342470.jpg
b0004691_23421796.jpg
b0004691_23423082.jpg
b0004691_23424359.jpg
b0004691_2342564.jpg
b0004691_2343895.jpg
b0004691_23432134.jpg
(新宿サザンテラス広場にて)
[PR]
by maya_c | 2007-07-30 23:46 | 舞台・コンサート・イベント