楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー

<   2005年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

おはよぉー!

10時間睡眠の10時起床を目指しておりましたが
自然に目が覚めたのは8時。
もそもそと本棚を探り
『ショートショートで日本語をあそぼう』(高井信/ちくま文庫)
を読み始めました。
この本棚には家族の読んだ文庫が入っています。
これは娘1が読んだ本で
そういえば、面白いから読んだら?と薦められていました。

日本語本が売れに売れている中
これ(日本語)をネタにしたショートショートです。
面白く読みやすいのであっという間に半分近く読んでしまいましたが
ずっと寝ていて背中が痛くなってきたので
本を諦めて、起きる事にしました。
(と・・・とこずれ?(笑))

いやぁー、でも日本語って面白いね。
難しいけど面白い。
自国語なのに正確に使われていない。

私なんて誤用大臣だわさ。
日本語本を読むと
間違った日本語のところは
全部自分に言われている気がするくらい。

流行り?だと思って
わざと使っている言葉もあるけど
それと信じて疑わずに使っている言葉もある。

面白いなぁー。

『情けは人のためならず』は
他人に情けをかけると、結局は自分のためになる、の意味。

『おっとり刀』は
非常に急ぐ様子、の意味。

『流れに棹(さお)さす』は
傾向に乗って、ある事柄の勢いを増すような行為をすること。

『確信犯』は
政治的・宗教的等の信念に基づいて正しいと信じてなされる行為・犯罪
またはその行為を行なう人。

『閑話休題』は
話を脇道から本筋に移すときの「さて」。

へーへーへー。
閑話休題なんて、モロ逆に覚えていました。
だって題を休むって書くし。

『役不足』は、力不足の意味ではないのです。
これも数年前まで私は誤解しておりました。

「私にはこの仕事は役不足で・・・」という言い方は
「この仕事は、私にとって簡単すぎる。」の意味になるのだ。

あぁー、難しい。

もし私が違う国に生まれて、違う言葉を使っていたとしたら
「日本語」の授業は選択しないだろうなぁー。(笑)
そういった意味で
日本語を学んでいる外国人ってすごいと思う!

この「すごい(凄い)」も間違った使い方なのです。(笑)

本来は、「恐ろしい」とか「気味が悪い」とか
「恐ろしいほど優れている」の意味。
でも「すごい」に関しては、もう受け入れていただきたいわー。^^;;

b0004691_11132892.jpg日本語って面白い。



この本、おすすめデス!

『ショートショートで日本語をあそぼう』
(高井信/ちくま文庫)
[PR]
by maya_c | 2005-03-27 11:14 |

堀江本。

昨日発売された、その名も「堀江本。」
思っていた通り、面白い!

すごいなぁー、ホリエモン!
この本が出る(出た)ことを私が知ったのが
なんと発売日の昨日。

昨日は新聞を読む間もなく
いや、正確に言うと新聞を読まない日はたくさんあるんだけど
毎朝インターネットはやっている。
だけど昨日は時間がなくて
ネットでニュースをチェックしなかった。
なので、この本の情報を得たのがFMを聴いていて。
しかも午後になってから。
(・・・うっ。知るのが遅すぎる★)

FMを聴いていて本当によかった!
やっぱり情報をキャッチするには
テレビも新聞もあまり見なくなっちゃった私は
ネットかラジオは絶対に見逃せないなぁー。

それで、仕事帰りにFMで聴いて
スグにクルマで某書店へ寄ったわけです。
がっ★
なんと、その書店に入荷していないと。
なぜだ?大きな書店さんなのに。
ってことは
私がいつも行っているブックストアにもないのかなぁーと思い
でもあるかもしれないので
ネットで買うのは1日待つことにし
本日ブックストアへ。

『堀江本って入ったぁ?』と尋ねる。
『入ってるよー、積んであるよ、あそこ!』と指差して教えてもらう。

おぉーーーあった!あった!
堀江本!

もうまさに私がこういう装丁が好き!って感じの装丁でよろし♡
っていうか
あー!このアイディアとられたぁーーー!って感じ。(笑)

FMで「ホリエボン(堀江本)」ってタイトルを聴いた時から
おぉーーーやられた!って思った。
ゴマブックスさんお手柄デス。

まだ中間部分は読んでないけど
ニッポン放送株取得のところからは
もうイッキに読んでしまいました。
テレビ、ラジオ出演だけでなく
インターネットでのブログやニュースだけでなく
タイムリーに「本(書籍)」を出したあたりが
さすが堀江さん!デス。

なんかもう世の中の流れ?ユーザーの気持ち?
掴みまくってるっていうか頭いいなぁーと本当に思った。

あぁー、やっぱり堀江さんスキやわぁー♡

たぶんね、本の業界においても
ネットがからむことで盛り上がるような気がするの。
この業界が低迷しているのは
決して活字離れじゃなくって
本を買うという行為が少なくなっただけで
活字離れというのではないと思う。

だってネットの世界では活字がメインなわけだから
(動画もあるけど)
子供だって活字を読む機会が増えてるような気がするのだ。

でも幻冬舎グループとライブドアの合弁会社も設立されて
これから出版業界も回復していく気がする!
ネットが本の業界もどんどん盛り上げてくれるような。

うっわぁー
なんかたった今まで本を読んでいたので
(↓のドラえもん記事をアップした直後から読んでいた。)
私も興奮しまくりだぁー。(笑)

堀江さんは
楽しいこととか面白いこととかが大好きなのよね。
それをやろうとしているのだ。

私も楽しいこと、面白いことが大好き。
なのでやっぱり期待したいデス!
テレビが、世の中が、どう変化していくのか見てみたい!
楽しませてほしいです!
面白がらせてほしいです!
[PR]
by maya_c | 2005-03-20 00:38 |
スペクタクル『十戒』、観てきましたよぉー!

私ったら、ヘンな偏見を持っておりまして
フランスのミュージカルなので
アメリカンなブロードウェイ娘?の血が流れている私は(←ホントかよ。(笑))
あんまし受け付けないかも・・・と思っておったの。
ストーリーも旧約聖書の匂いがプンプンしてるような気がして
なんとなく難しいんだろうなーって思っていた。
(映画の「十戒」も観たことないんだけど。)
どーも・・・
完全に私だけの偏見で
フランスのミュージカルと聞いただけで
フランス映画を結びつけてしまっていたのね。

でもでも
お友達のレポート読んだら行きたくなって♡
Yoshikoちゃんの「十戒」レポートの記事はこちら

えぇーい!やっぱり行こう!
と、行ってまいりましたぁー♪

・・・結果!

このスペクタクル『十戒』は
めちゃくちゃ日本人好みの舞台っすよ!^^;;

たしかにフランスの「品」は感じましたが
ミュージカル好きな日本人には絶対にウケるはず!

ミュージカル好きな方!
舞台に視覚は絶対重視な方!
ついでに言わせてもらえば、ユーミンのステージが好きな方!(笑)
もう間違いなく、絶対に楽しめます!

だけど
私の1番のおすすめは「歌」なのだ!

もぉーとにかくね!
歌が本当に素晴らしかったの!

舞台のスケールの大きさはご存知の通りですが
ホントに歌がね!ものすごく上手!
かといって
オペラのようなクラシックではなく
どちらかというとロックに近いんじゃないかな。
(カッコよかったわぁー!)
それに、日本人好みのメロディーラインだと思います。
J-POPに近いかもしれない。
そういえば早速、日本人も歌っておりますよね。^^

ストーリーも
私はあらかじめ、インターネットで読んでから行ったけど
日本語字幕で歌詞はもちろんのこと
ストーリーの流れもきちんと説明してくれていて
とってもとっても簡単でわかりやすい。

セリフがひとつもないのです。
全て歌!
(皆さん、ダンサー以外は、有名な歌手の方たちのようです。)
それ以外の説明は字幕。
日本公演用に考えられた手法を取り入れてるのかも。

歌詞も
ストーリーの内容から
心に響く素敵な言葉が多いです。

代々木体育館いっぱいに作った幅40メートルの大きな舞台や仕掛け。
中央と左右に大きなスクリーン。
大勢のダンサーが繰り広げるダンス・シーン。
美しい&素晴らしい&豪華な舞台でした。

舞台の豪華さよりも
何より歌の上手さにしびれたマヤさんでした。

豪華なコンサートに行った気分かも♪
[PR]
by maya_c | 2005-03-10 01:20 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_14354438.jpg

日本のファブリーズと比べてみぃ!

・・・でかっ☆

アメリカではこの2本がセットで
日本の大きさの値段と同じなんだってぇぇぇ
ジョイだってこの大きさだってぇぇぇ

これだけの大きさとそのお値段なら
毎日躊躇せずにシュッシュッできるね。

ファブリーズ大好きだけど
日本の大きさだとスグになくなるから
シュッシュッも躊躇しながらやってるのよね。

こういうところで
日本人のコシキユカシイ性格が形成されちゃうのかしら。^^;;

ファブリーズ、大胆に使ってみたいよ。(笑)

Mちゃんが送ってくれた写真デス。
ありがとぉー♪
[PR]
by maya_c | 2005-03-05 14:48 | アメリカ写真番外編
江村信一さんのパステルシャインアート
b0004691_1565840.jpg

b0004691_1574241.jpg江村信一さんのパステルシャインアート展に行きました。場所は、自由が丘から徒歩7分。『迎茶』
お店は静かな落ち着ける空間で、そこだけ時間の流れが止まったような、そこにいるだけで気持ちが癒される素敵な場所でした。お店の1階はカウンターになっていて、中国茶を楽しんだり、美味しいお食事もできます。私も中国茶とちまきとゴマ団子(←これ最高!)をいただいたのですが、とても美味しく、すっかり迎茶さんのファンになってしまいました。またぜひ行きたいです。1階にも江村さんの作品が数点展示されていましたが、メインは2階のスペースに展示されていました。 
(写真右は、いつも元気を与えて下さる江村信一さん。)

b0004691_1571010.jpgさすがに江村さんの絵は素晴らしい作品ばかりで、じっと眺めているだけで、光や輝き、優しさ、希望などが感じられ、忙しい毎日をただ時間に追われて過ごしていた私は、なんだか本当に心が落ち着いてきて、すっかり癒されてしまいました。


b0004691_1573298.jpg(写真は全て、店内に展示された江村さんのパステルシャインアート。)

パステルシャインアートは、パステルを削って、指などで描くとても簡単にできる絵の手法で、江村さんはこのアートを使って世界中の人々にハッピーになってもらおうと、現在、本業のキャラクターデザインのお仕事の他に、テレビ、雑誌、絵本、著書などでご活躍中です。江村さんにお会いすると、なんだかたくさん褒めて認めてもらえるので、私は自分が素晴らしい人間のような錯覚(?)を起こします。(笑) いつも勇気を与えて下さるのです。
パステルシャインアートは、小さな子供からご年輩の方まで、誰でも簡単に数分で素敵な絵を描くことができ、さらに絵を描くことで癒されたり元気になったりします。ワークショップも行われています。興味のある方は参加されてみてはいかがでしょう。とっても素敵な時間が過ごせますよ♪ 

b0004691_1572261.jpg著書もたくさん出ていますので、ぜひ手にとってみて下さい。私はPHPから出版されている『元気を出して』を読んだのがきっかけで、私のホームページを見つけて下さった江村さんがわざわざご丁寧にお礼のメールを下さって、なんと今はカラオケお友達。 江村さんがご紹介して下さるお友達の方たちも素敵な方ばかりです。
江村さんはお歌もお上手なんですよー!

江村信一さんのサイトはこちら

『迎茶』さんのサイトはこちら
[PR]
by maya_c | 2005-03-04 16:20 | 舞台・コンサート・イベント