楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー

<   2005年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アニメにホラー映画に
日本映画が海外に進出しておりますが
この「シャルウィーダンス?」もハリウッドでリメイクされた日本の映画。
しかも!リチャード・ギア様が主人公で。

残念な事にワタシはこの映画の日本版をまだ観ていなくて
(家族で日本版を観ていないのはワタシだけ。)
だから比べられないのだけど
一緒に行った娘1は
『日本のとよく似てるよー。あの太ったおばさんもー。』と言う。
彼女はテレビで観たことがあるらしくー。

そうそう!
途中で『あっ!』と思ったのだけど
そんでもって
これはぜーんぜん知らないで行ったのだけど
あの『ドラム・ライン』のニック・キャノン君も出てますよぉー!
探偵の弟子?みたいな役で。

日本版の主人公(役所広司)がサラリーマンだったのに対して
ハリウッド版の主人公(リチャード・ギア)は弁護士。
アメリカでは順調なキャリアで幸せな家庭を築いている成功者が
ああやってダンスに挑戦する方がウケるらしく。

他人から見たら
成功もしていてキャリアもあって幸せなように見えても
心のどこかに空しさというか不安というか
物足りなさを感じている人はたくさんいると思います。
そんな主人公が
電車から見えたダンス教室の窓に立っていた
美しい女性の風貌にひかれて思わず電車を降りてしまう。
訪れたダンス教室でダンスを習い始めて
やがて夢中になり充実感を感じ・・・
だけど
恥ずかしくて誰にも言えない。

美しいダンス教室の教師役に、ジェニファー・ロペス。
日本版では草刈民代さん。
うわぁー、雰囲気が似てるなぁーと思ったのだけど
FMとか聴いていても前評判はイマイチでしたねー。
でもよかったよー!
あの憂いを帯びた雰囲気、ワタシが目標とするものだわぁー。(←無理)
特に深夜のダンス・シーンが美しかったです。

社交ダンスというと
ワタシは高貴なイメージを持つのですが
(だって天皇陛下と美智子様がダンスしていらっしゃるじゃない)
でもでもビックリなことに
日本でのダンス教室ってバーやキャバレーと同じように
風俗営業法の適用を受けていたらしいです。
今は違うらしいけど。
作家の中谷彰宏さんもダンスをやっていて
ダンスの本まで書かれていて
ワタシもちょっとは興味を持っているのだけど
足を踏み入れた事はありませーん。
(まずはタップをやりたい)
ワタシの母上は若い頃からダンスをやっていたみたいですが。

原作者として
クレジットに周防正行監督の名前がありました。
すっごいなぁー。

幸せに飽きたら、ダンスを習おう。

あぁー、次は何を観よう。
GWは家族連れで混むからなぁー。
久し振りに都心のミニ・シアターに行こうかな。
[PR]
by maya_c | 2005-04-30 11:10 | 映画
す、すごい。
ホントに太っているではないのぉ!
前作よりすごいよ。

とてもあの「シカゴ」の
レニー・ゼルウィガーちゃんとは思えない。
それでまた
痩せていくんでしょ???
さすがだなぁー。
すごいよ。

そうそう
なんだかワタシは頭の中で
イロイロな映画がごっちゃになってしまっていて
ヒュー様は弁護士役じゃーなかったのね、そういえば。

・・・・・・・・・・・・
英会話のクラスで間違ったことを話してしまった!
先日のひとりごとでもノーテンキに堂々と間違えておる!(笑)
さぁー次回の英会話のクラスで訂正できるのか?(英語で)^^;;
・・・・・・・・・・・・
前回の映画も観ているんだけど
いろいろなヒュー様がごっちゃになっているので
今回の2作目を見て
あぁーそうだった!ヒュー様は弁護士役じゃなかった!と思い出しました。

もっと早くこの2作目を観たかったんだけど
1作目の復習をしてから行こうと思っていたら
遅くなってしまいました。
結局、復習もできず・・・。

でも2作目を観ていたら思い出せた!
面白かったブリジットの1作目!(笑)

ブリジットは
ホントにフツーの女の子たちと同じ!
お酒、タバコ、ダイエット
それに
仕事でドジふんじゃうところとか
恋愛していても先走りしちゃうようなところとか
なんだか笑いながら観ていても
同じような経験しているから
ちょいとココロがキュンと痛くなるところもあるのだ。

でもさぁー
ブリジットはモテないんじゃなくて、逆なんじゃないのぉー!?(笑)

それにしても2作目も笑った。

ブリジットの全力投球な生き方と、ゼニーの全力投球な女優魂が
とっても似通っているから
この映画は人気があるのかもしれないなぁー。

ホントに可愛い女の子だ。
ブリジット、万歳!

それにしても
今回のブリジットの12ヶ月は
そんじょそこらの女の子では太刀打ちできないくらいの
ものすごい12ヶ月だったねぇー。
こんな事まで起きちゃうかぁ!?・・・って感じ。

いろいろなシーンで笑えた。
最後の方で
クルマにドヒャーッ!と水をかけられてしまうシーンがあるんだけど
もうそのくらいじゃ笑えなくなってるくらい
そこへ辿り着くまでに
笑えるシーンがたくさんありました。
あぁー思い出しても笑ってしまう・・・あのシーン。(笑)
[PR]
by maya_c | 2005-04-24 14:07 | 映画
国際ソロプチミスト町田主催の
チャリティーコンサートに行ってきました。

国際ソロプチミストとは
管理職、専門職に就いている女性の世界的組織で
人権と女性の地位を高める奉仕活動をしているそうです。

サイ・イエングアンさんと
師匠こと神田将氏のコンサート。

サイ・イエングアンさんは先日
『題名のない音楽会』に連続で出演され
ちっとも変わらない美しいお姿と素晴らしい歌声に
テレビの画面を通してでしたが本当に大感激いたしました。
現在は世界中の舞台で活躍されています。

今日のサイさんも
本当に本当に素晴らしかった!
コロラトゥーラ・ソプラノ。

ワタシは不幸な(?)ことに
サイさんの歌を何度も聴いてしまっているので
どんなソプラノの方の歌を聴いても
感激しないカラダになってしまっています。

今日の歌のプログラムは
♪霧と話した
♪宵待草
♪アメージンググレース
♪アヴェマリア
♪愛する小鳥よ

♪歌劇「椿姫」より ああ、そは彼の人か~花から花へ(ヴェルディ)
♪歌劇「ラ・ボエーム」より 私が一人で街を歩いていると(プッチーニ)
♪歌劇「魔笛」より 地獄の復讐は我が胸に燃え(モーツァルト)
6月4日(土)は東京芸術劇場大ホールで
サイ・イエングアン スペシャル・コンサートがあります。
世界で一番贅沢な日になるかもしれない・・・。
バレエも観られるようですよ!

これからもますます輝いて
世界中にサイ・イエングアンの歌声を響かせて欲しいデス。

そして
エレクトーンは、師匠こと神田将氏!

今日はサイさんの伴奏の他に、ステージアのソロ演奏で
♪オペラ座の怪人
♪ラプソティ イン ブルー

会場からのリクエストを受けて
♪冬のソナタ

♪交響詩「フィンランディア」
♪歌劇「椿姫」より プレリュード
を聴かせてくれました。

個人的にはもっともっと聴きたかったですが
それはまた次の機会にぜひ・・・。

オープニングの「オペラ座の怪人」は嬉しかったなぁー。
劇団四季で2回、この前の映画でも1回観ているので
それらのシーンが浮かんできました。

終演後に「オペラ座・・・」のことを師匠に
『マヤちん、好きだろーなーって思ってた。』と言われましたが
ゴージャスでありながら切ない(特に後半部)アレンジは
大好きでしたねぇー♡

師匠(神田将氏)は、
『美しいけど、切ない。』とか『力強いんだけど、どこか寂しい。』
このテの曲を演奏したらもう天下一品なのです。
(いや、ワタシが言うのもナンですが、へへっ。)

そしてサイさんとのコンビは
本当にもう最高です!
歌と演奏が溶け合ってますから!
5月もサイさんとの舞台が続くようですね!

たまには
また「ラ・パレット」みたいな空間で
じっくりと聴かせて下さいね!

♪サイ・イエングアンさんのHPはこちら

♪神田 将さんのHPはこちら

それにしても!
サイさんが登場した時の会場のため息!
以前にも増して
ゴージャス&ビューティー!
衣装も素敵だったけど
サイさんはそれ以上にキラキラと光り輝いておりました。
[PR]
by maya_c | 2005-04-21 01:34 | 舞台・コンサート・イベント
『セカパパ、ミテネ!』

あんな可愛い女の子に言われたら
『ハイ、ミマース!』でしょー☆
いいとも!に出てたよね、ラクエルちゃん。
ホントにかわゆいのっ♡

『世界で一番パパが好き』

ベン・アフレックパパは音楽関係のバリバリの宣伝マン
ニューヨーク在住。
ママはジェニロペさん。
二人が結婚して、ラクエルちゃんが生まれたと同時に
ジェニロペママが死んでしまい
そこからパパの奮闘が始まる。
パパはママを亡くした悲しみからなかなか立ち直れない。
・・・・・・

愛する奥さんを失った悲しみに負けそうになりながら頑張る
ベン・アフレックパパの姿とか言葉とか。
あれ、マジだったら、かなりつらいだろうなぁー。
ちょっと見ていて切なくなりましたぜ。

それでもベビーは生きていて
仕事しなくちゃいけないのに、ギャンギャンビービーと泣く。
ここぞ、という時に、くちゃいくちゃいうんちもする。
いやぁーなんちゅーか
娘たちがベビーの時の子育て奮闘してた頃を思い出しましたわん。
あそこまでギャンギャン泣かせなかったけど。(笑)
ほんと大変だったのよねー、過ぎちゃうと忘れてるケド。

かくかくしかじかで・・・

パパとラクエルちゃんは
ニュージャージーのお爺ちゃんのお家で暮らすことになるんだけど
このお爺ちゃんやその仲間たちもいい味出しているのだ。

ところでところで
英語のタイトルの“jersey girl”というのは
ニュージャージーからきてるんだよね、たぶん?
体操着のジャージも同じスペルみたいだけど、違うよね?
そんでもって
“jersey girl”は、もちろんラクエルちゃんのことだと思うけど
レンタルビデオ・ショップのお姉さんのことも含んでいるのかなぁー。
なーんて
内容と全く関係のないことを気にしておりました。

そだそだ!
このビデオ・ショップのお姉さんの名前は「マヤ」よっ!
ワタシと同じ!(←だからなに)
大学院生のマヤは、リヴ・タイラーでございました。
ホントにあんなレポート出すんかいな。
仕上げたら見せてほしーわ☆

この映画、もちろんホットな気分になるんだけど
ハートフル・コメディーだから
けっこう笑えるところがあるのよー。
ワタシもそうだけど、声出して笑ってましたよ皆さん。

久し振りの映画館でした。
やっぱり、めっちゃリフレッシュできる場所です。
[PR]
by maya_c | 2005-04-13 23:06 | 映画
かれこれ15年以上のお付き合いのミュージカル友達そなあちゃんが
ホームページで紹介していたのを観て
うわっ!これ観たい!観たい!と首を長ーくして待っておった
『ダウンタウン・フォーリーズ』
とうとう行ってまいりましたぁぁぁ!

どんなんかと説明させて頂きますと・・・

出演者は4人のみ。

島田歌穂さん
(ミュージカル女優!「HOTEL」のテーマソングのあの歌声の!)
玉野和紀さん
(タップダンサー、あのブラスト!の石川直さんと共演したこともあるとか!)
吉野圭吾さん
(ミュージカル俳優!カッコイイですよ!)
北村岳子さん
(ミュージカル女優!劇団四季出身です。)

この4人で繰り広げる・・・うーん・・・ナント説明したらよいのだろう。
世界中日本中どこを探したってこんな舞台はないって
プログラムにも書いてあるから説明が難しいよっ。

プロの4人が歌って踊ってタップして笑わせてくれる舞台なの。
(あぁー、ナント説明したらよいのじゃ。)

そうだなぁー
このプロの4人が
歌って踊ってタップしながら(それもカンペキに!)
スマスマ?ドリフ?コント55号(←知ってる?(笑))をナマでやっているような
そんな舞台なのだ。

休憩はなしで
もぉーどんどこどんどこ次の展開に入っていくから
たぶん裏では衣装変えとか、てんやわんやの世界だと思う。
それでもやっぱり「プロ」なのです!
プロフェッショナルってこういうのを言うんだ!
ほんとにそう感じた舞台でした。

面白いよー。
なんだかプログラムを今見ても思い出して笑っちゃうくらい。
すごいよすごい!

内容について書いてよいのか否か。
あれもあれもあれも面白かったケド
私が一番スゴイ!と感じたのは
バレエでした。
(これだけ書いちゃおうかな、これから行く人、ごめんなさい!)

チャイコフスキー「くるみ割り人形」より
犯罪舞踏「掟破り人間」
・・・というバレエを見せてくれます。(笑)

『金平糖の踊り』より『懐かしいスタイルの泥棒の踊り』
『中国の踊り』より『車中怪我姿女スリの踊り』
『葦笛の踊り』より『結婚詐欺の踊り』
『アラビアの踊り』より『ゴミの不法投棄夫婦の踊り』
『ロシアの踊り』より『スーパー万引き老人の踊り』
『花のワルツ』より『振り込め詐欺のワルツ』

どーよ?どーよ?
こんなバレエ、絶対に観られないでしょ!(笑)
しかも
ミュージカル俳優さんたちはバレエが出来るので
踊りが本格的なのよー。
だから余計に可笑しいの。(笑)

さすがですよー、ホント。

うーこちゃまのおかげで
最前列中央で観ることができた上に
もうすぐ誕生日の私はステージ上から『Happy Birthday!』を言って頂きました♪
きゃはきゃは♪(にまっ。)

プロデューサー:砂田信平さん
構成・演出:高平哲郎さん
音楽監督:島 健さん
演出・振付:川崎悦子さん
[PR]
by maya_c | 2005-04-01 20:55 | 舞台・コンサート・イベント

人生ピロピロ

b0004691_19301926.jpg





『人生ピロピロ』
さとなお/角川文庫


いやー
面白いデス!
面白すぎマス!さとなおさん。愛してます!(笑)

電車の中で『ハッハッハ』
レストランで『ハッハッハ』
リビングで『ハッハッハ』
そのたびに
電車の中の乗客さんとか
隣りのテーブルのオヤジとか
家では母上に『あんた、どうしたの?』とか
一瞥をくらいましたがな。

最初の項から飛ばしてくれます。
大阪も東京も愛しい。(笑)

もぉー、なんか
たぶん似たような経験、自分もしているんだろなぁー。
東京での歓迎会のお会計シーンなんて
すっごく情景が浮かんじゃって
電車の中で肩震わせて読んでおりました。

お嬢さんの「みっつの名前」は
さとなおさんのサイトで既に読んでいて
わかっていた内容だったのだけど
それでも山手線内の目黒あたりで爆笑してしまいました。

そうそう
「BMグラサンダイエット」は
私、自分のBMグラサンダイエットの参考書として
さとなおさんのサイトからプリントアウトして、ファイリングしていたのですよ!
とにかくこれはスゴイ!って思ってました。
ソク、高機能体重計買いに行ったのです。
(写真もどこかにアップしているはず・・・)

「地震だってピロピロ」は
皆さん、ぜひ読んでおくべきです。
私はさとなおさんのサイトで読んだ時から
ペットボトルに水を入れて物置に少しずつ貯めておりますのよ。

全部面白かったけど
すっごく共感できたところが
ムツゴロウさんの言葉。

ムツゴロウさんとさとなおさんの魅力に通じるところがあるかも。
そして今日も私はシッポを振りつつ
さとなおさんのサイトをチェックするのです。

・・・・・・・・・

あんまし書くとネタバレしちゃうといけないので
このへんで。

とっても身近なことばかりで楽しい。
仕事や家庭はもちろん
それ以外にも美味しいものや楽しいことには全力を注ぐ
そんなさとなおさんを見習い
私もこれからの毎日
今まで以上に楽しいことを追い続けていきたいと思いまーす!

皆しゃまっ!
本買って読んでみぃーや♡
絶対笑えるから!

さとなおさんの他の本も買います!
今までの全部揃えていきますわっ☆
まずは「うまひゃひゃさぬきうどん」から。
(ごめんなさい、本を手にしたのは初めてでした・・・。(ぺこり))
[PR]
by maya_c | 2005-04-01 19:47 |