楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

日本を代表するミュージカル女優
島田歌穂さんのコンサートへ行ってまいりましたぁー♪
b0004691_22432973.jpg

島田歌穂
ワン・ウーマン・ショー'05
『MUSICAL&MUSICALS』

(左のお菓子は、お友達から頂きました♡)


昨年に引き続き
島田歌穂さんのコンサートへ♪
今年のコンサートは
タイトルに『MUSICAL&MUSICALS』とあるように
もぉーミュージカル好きの私にとって
たまらなくビンビンきちゃうコンサートでございましたぁー!
何本かのミュージカルを観ちゃったような
そんなとてつもなくゴージャスな気分になりましたわよー!

ライオン・キングでしょ~
キャッツでしょ~
レ・ミゼでしょ~
ミス・サイゴンでしょ~
ウエストサイド・ストーリーでしょ~
クレイジー・フォー・ユーでしょ~
フォッシーでしょ~
キャバレーでしょ~
それからそれから
エリザベートでしょ~
あと・・・そうそう
屋根の上のバイオリン弾きでしょ~
雨に唄えばでしょ~
オズの魔法使いでしょ~

他にもたくさーん!
とにかく歌穂さんが歌って踊るたびに
あっという間にそのミュージカルの世界にトリップしてしまうのだ!

歌はもちろん上手だし
踊りだってタップだって魅せてくれるし
衣装だって素敵だし

そうそう
今回、ビックリしちゃったのは
ブロードウェイの来日公演を今年見たばかりの『キャバレー』のシーンでした。
あのキャバレーのスタイルで数曲を披露されたのですよ!
ほーんとカッコよかった!
すごかった!
ドキドキしちゃった♡

歌穂さんもミュージカルが大好きなので
あの曲も歌いたい!この曲も歌いたい!と選んでいるうちに
膨大な曲数になってしまったとのこと。
それをぜーーーんぶ歌って踊って演じて・・・
さすがです!

2日間ともチケットはソールドアウト。
当日は立ち見が出るほどの大盛況でした。
あらためてミュージカル・ファンってたくさんいるんだなぁーって思いました。
(もちろん歌穂さんだからですね!)

それを特等シートで見ちゃった私は
なんて贅沢な時間を過ごしてしまったのでしょう。
本当にありがとうございました!

1日目に行ったのだけど
次の日も(2日間とも)行きたくなっちゃったよ!
そのくらいミュージカル大好き人間には
たまらなく嬉しいコンサートでした!

コンサートというよりも
本当に何本ものミュージカルをいっぺんに楽しんでしまった!
・・・そんな感じ♪

夢のような数時間でした。

それにしてもあの膨大な曲の数を
歌って踊って演じちゃう歌穂さんは素晴らしいデス!
終わってしまったけど
ミュージカル・ファンの方には
絶対の絶対におすすめのコンサートですよぉー♪


スペシャル・ゲストとして
日本におけるタップダンサーの第一人者
ミュージカルやショーで活躍されている玉野和紀さん
「レ・ミゼラブル」や「ミス・サイゴン」などたくさんの舞台に出演されている
ミュージカル俳優の戸井勝海さん
同じく舞台で活躍されているダンスが超カッコイイ東山義久さん
(ちょっと吉野圭吾さんのイメージ。カッコよさが似てる!)
が舞台を盛り上げ
歌穂さんと共に楽しいステージを魅せてくれました。

また来年、行けるといいな♡


そだそだ!
ミュージカルが大好きな方にめっちゃ楽しい舞台のお知らせ~!

2006年4月4日(火)から4月16日(日)
青山円形劇場

歌穂さんや玉野和紀さん、カッコイイ吉野圭吾さん、北村岳子さんが
またまた笑わせてくれますよっ!

ミュージカル・レビュー
『ダウンタウン・フォーリーズ VOL.4』


なーんと
VOL.4は、ベスト・セレクションと銘打って
VOL1~3の中から面白いもの、人気の高かったものをチョイスして再構成された
「特選奮発お待ちかねエンターテインメント・ショー」なんだってー!!!

私はVOL.3で初めてこのショーを見たのだけど
もぉーダウンタウン・フォーリーズの大大大ファンになってしまったのだ!!!

その時のレポートはこちらをクリックぅー♪

大人気の舞台なので、チケットはお早めに!!!

絶対に笑えるから!
絶対に面白いから!
絶対に泣けるから!
絶対に感動するから!

これはおすすめです!



さてさて
とってもゴージャスだった歌穂さんのコンサートでしたが
劇場に入ってスグに気づいた私の大失敗について
別のエントリーで書きますぅー。^^;;
[PR]
by maya_c | 2005-10-29 23:24 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_23361166.jpg



TITLE
DEC. 2005文芸春秋

Cinema Trip to New York
映画で旅するニューヨーク。

ニューヨークが大好きな方にはおすすめ!
映画に出てくる名シーンの場所がひとつひとつ紹介されています。

今日買ってきたんだけど
時間のある時に
どこかのカフェでゆっくり眺めたいですぅー。

ふにゃー
ふにゃー

でも今日はもう眠いので寝ますぅー。
(買ったから安心~♡)

おやすみなさい。

明日の夜はいっぱいブログで遊べるかなぁー。
どうかなぁー。

アップしたいレポート(コンサートや舞台や本や雑誌や!)が
いっぱーいあるのだけど
寒くなるとホントに早く寝たくなるのねー。

リニュアルオープンした美容院の事も書きたいしー
(もぉー『すごーい!』って叫んじゃったくらいすごかったのよぉー、シャンプー室がっ♡)

んでももう眠いわぁー。

とりあえず
発売中の雑誌なので
お知らせ兼ねて
急いでアップいたしましたぁー。

最近のニューヨークを取り上げた雑誌の中では
私は一番のお気に入りですぅー♪

ウディ・アレン、ジム・ジャームッシュ、スパイク・リー、マーティン・スコセッシ、・・・

レストラン、カフェ&デリ、ナイトスポット、ホテル、ショップ、建築、・・・

↑の名前やワードに
「むずむずっ」ときたら
買ってね♪
(へへへ)

タイトル、12月号だよん。

それにしても本屋さんってやっぱり楽しい。
宝の山の中から
こういう宝石も見つかるのだ!

他に今日は「ロードショー」12月号も買いました。
(11月号はまだヒモがかかったまま・・・)^^;;
[PR]
by maya_c | 2005-10-27 23:46 |
b0004691_0292431.jpg

今回の私の一番のお気に入り写真がコレ(↑)じゃよ。
彼女ったら、なんちゅーボン・キュッ・ボン!なんざましょ☆
・・・負けたっ!^^;;


b0004691_0285194.jpg

b0004691_0282778.jpg
b0004691_0284037.jpg

b0004691_029122.jpg
b0004691_0291298.jpg


ディズニーランドのハロウィン写真
とりあえずこれでおしまーい☆
[PR]
by maya_c | 2005-10-25 00:37 | 日本のハロウィン写真
b0004691_016060.jpg

b0004691_0161317.jpg

うわわわ・・・カエルだ。
[PR]
by maya_c | 2005-10-25 00:15 | 日本のハロウィン写真
b0004691_093323.jpg

b0004691_092178.jpg

ランドのあちこちに
ハロウィンがいっぱいです!

早くアップしないと
ハロウィンが終わっちゃう・・・
なので
今日はドドーンとアップします!^^;;
(明日お休みだし♪)
[PR]
by maya_c | 2005-10-25 00:13 | 日本のハロウィン写真
b0004691_22585959.jpg

~5000人による~
GOSPEL NIGHT 2005


1ヶ月遅れのレポートになってしまいましたが
ゴスペル・ナイトに行ってまいりました!

今や、ものすごい大きなイベントとなった
このゴスペル・ナイト!

実は私、ゴスペルが大好き。
ニューヨークに行きたいと思ったのも
生のゴスペルに触れたかったから。

かれこれ5年くらい前の事になるのですが
お台場のZepp Tokyoでシングアウトフェスタが行われた時に
仲間たちとステージでゴスペルを歌った事があるのですが
(それ以外にも何回かステージで歌う機会がありました!)
もぉーなんちゅーか
歌のウマイヘタとか関係なしに
お腹の底から大きな声を出してゴスペルを歌うのは
気持ちがイイのだわー♪

Zepp Tokyoで歌った時
お台場の観覧車の下のスペースで
ストリートパフォーマンスならぬ
ストリート練習をしたのも、今となっては懐かしい思い出です。
ケーブルテレビ局の取材付きでした!
(ただし、私たちと一緒に歌った子供たちばかり撮っていましたが(笑))

本当なら今回も客席で聴いているのではなく
出演の方に回りたいくらいなのですが
今回はお友達のKサンのステージを観に行きました♡
(ずっと誘って下さっていたのに今年やっと行く事ができました!ありがとうございました!)

出演者はナント、5000人!!!

5000人が、10のグループに分かれて
それぞれのステージでゴスペルを歌うのですが
単純計算でも、1グループ500人!
500人で歌うゴスペルはものすごい迫力ですよっ!

b0004691_23252046.jpg


あの広くて立派な「東京国際フォーラム ホールA」の舞台が
小さく感じるくらいでした。
でもさすが東京国際フォーラムです。
5000人の歌声が響き渡って、ずっと鳥肌モンでしたよ!

人間の声ってすごいな!って
人間の魂ってすごいな!って
あらためて感動いたしました。

それになんといっても
出演している人たちがみーんな楽しそうにしているので
そのハッピーな気持ちが客席にも伝わって
こちらまでめっちゃハッピーな気持ちになるのです。

1日に5000人の歌声を聴いたのは
生まれて初めてだったかも!

これは本当に楽しいイベントです。
できれば出演するのが1番楽しいけど
それがかなわないのなら
せめて客席でパワーを分けてもらいたいですね♪

ゴスペル、また歌いたいなぁー♪

b0004691_2334564.jpg

[PR]
by maya_c | 2005-10-24 23:36 | 舞台・コンサート・イベント

BEST PIANO 100

b0004691_21154853.jpg





BEST PIANO 100



やほやほぉー♪ こんにちはー♪

ピアノでこの曲が弾きたいというのが
なかなか見つからず
こりゃーもっとたくさん調べてみなくてはっ☆
・・・と
ここんとこピアノ曲を研究中でございます。

楽譜で探すより
やっぱり音で聴いた方が早いので
買いましたがな!

BEST PIANO 100

大反響を呼んだあのクラシック版の続編。
ほら、6枚組3000円の。

クラシック版、かなり売れたらしいですね!

これはすごいっ!

ピアニストを選ばないのであれば
この「ベストピアノ100」はピアノ曲のCDとしては充分!
ものすごいボリューム!
ほとんどの曲は収録されています。

そりゃー6枚組だもの!
100曲だもの!

そんなんで
さっきからずっと聴いてるの!
全部聴くと、7時間かかるのよ!(笑)

ま、今は
最初の部分だけ聴いて
ピン!とこなければ、ハイ次っ!って感じで
今は飛ばし飛ばし聴いておりますが。

あぁー、この曲もあったな!とか
おぉー、これもいいな!とか
色々と感嘆しながら聴いておりまする。

ディスク6枚の曲の振り分け方ですが

DISC1
Favourite Piano(みんなに愛されている人気のピアノ曲)

DISC2
Uplifting Piano(元気が出るピアノ曲)

DISC3
Relaxing Piano(安らぎたい時のピアノ曲)

DISC4
Dramatic Piano(ドラマティックなピアノ曲)

DISC5
Romantic Piano(ロマンティックなピアノ曲)

Disc6
Nostalgic Piano(子供の頃から聴いているような懐かしさを感じるピアノ曲)


・・・となっていて
普段聴きのBGMに選ぶのもよいと思います。

あぁー、もっと早く買えばよかった!
この2週間、持っている楽譜を色々と掘り起こしたり
楽器店の楽譜売場に行っては悩みまくっていたのです。

やっぱり音楽は
まず聴かなくちゃね♪

ピアノが好きな方には
「次はこの曲が弾きたい!」という目標も持てていいですね!
(まぁー、私にとっても同じく、デス。)
[PR]
by maya_c | 2005-10-24 21:50 | 音楽・CD

ハロウィーン!(TDL)

b0004691_23503673.jpg

b0004691_23513190.jpg


早く写真アップしないと
ハロウィンが終わっちゃうよ。

右(→)にあるカテゴリの中の「ハロウィン写真」をクリックすると
momoちゃんが送ってくれたアメリカのハロウィン写真が
たくさーん見れますよー。
まだ見ていらっしゃらない方はぜひご覧下さい♡

今日はこの時間まで
ナント、お友達4人と電話でお喋り。(笑)
途中から咳がコンコン!
やばっ。
一晩で咳は気合いで治します!
明日も楽しく過ごしましょう。

もう寝ますぅー。
おやすみなさーい♡

(やっぱりこの咳は、喋り過ぎが原因だなっ。)^^;;
[PR]
by maya_c | 2005-10-21 23:57 | 日本のハロウィン写真
渋谷アミューズCQNに『真夜中のピアニスト』を観に行きました。
(行ってきましたよっ!mateちゃん、おすすめありがとね!)

主役(トム)はロマン・デュリス。

トムは父親と同じように
不動産の裏ブローカーの世界に生きている。
暴力あり、裏金あり、の闇の世界。

だけど、トムには
母親のようなピアニストになりたいという夢が
彼の胸の奥深くに眠っていて
ある日、昔のピアノの恩師との出会いによって
その夢が再び呼び起こされる。

恩師に勧められたオーディションを受けるため
ピアノの練習を始める。
ひょんな事から
フランス語を話すこともできない中国人ピアニストの女性に
ピアノと音楽用語と片言の英語だけで
毎日午後2時にレッスンを受けるのだ。

裏ブローカーの仕事を終え
ひとりの部屋に戻り
そこでも真夜中にひとりでピアノの練習をする。

「真夜中のピアニスト」というタイトルは
この真夜中の練習と
裏ブローカーの世界で生きているトムを表しているのだと思いました。

ピアノの夢を叶えようと
裏ブローカーの仲間たちから離れようと試みたり
仕事も上の空になってしまったりするのだけど
裏ブローカーの世界からは、なかなか抜け出せないのです。

そして・・・
かくかくしかじかで・・・

こんな感じのストーリーでした。

裏ブローカーとしての現実と、ピアニストの夢と、・・・
全く両極端の世界に自分がいて
その紆余曲折を描いている、といったらいいのかな。

舞台はパリ。
私たちがイメージするようなお洒落で美しいイメージとは少し違い
裏側の世界を描いていたので
あぁー、パリにもこういう世界があるのだなぁーと
やっぱり人間が生きているひとつの大都市なのだなぁーと思いました。

でも裏側の世界のパリもまた素敵でした。
パリの夜の空気が感じられるような作品でした。

裏ブローカーの世界とはうってかわって
中国人女性のピアニストにレッスンを受けるシーンが
ホントに対照的で美しかったです。
レッスン場所はこの中国人女性のアパートメントの一室。

この女性の中国語での説明や
彼がレッスンを投げ出したくなった時の彼女の強い口調での中国語は
まるで一緒にレッスンを受けているような
そんな感覚になりました。
素敵なシーンでした。

渋谷アミューズCQNには初めて行きました。
またまた素敵なシアターができましたね!

このシアターが入っているビルの3階にあるカフェは
映画「電車男」のロケに使われた場所だとか。
(お友達がメールで教えてくれました!)
ランチを楽しんできました。
デザートのクレームブリュレが美味しかったデス♡
[PR]
by maya_c | 2005-10-17 23:00 | 映画
面白かったデス!
なんだかディズニーランドみたいな映画でした♡

この原作を読んだのは
小学生の頃。
学校の図書室で借りて読んだ本だったけど
もうすっかり内容は忘れていて
ただ
「こんなチョコレート工場に行きたい!」
という夢を与えてくれた童話だったのは覚えているのです。

最近、また新しく
ロアルド・ダール コレクションとして
「チョコレート工場の秘密」が
評論社から白い装丁の素敵な本で出版されました。

映画の影響もあって
どちらかというと大人の方が多く買われているようですが
子供の時にこんな素敵な装丁の本に出会えていたら
ちょっぴりレディーになった気分ですまして本を読めたかも。
今の子供たちって、本当に恵まれてるよなぁー。
早速、私もこの本を買いました。

その本はまだ読んでいなかったのですが
とにかく映画を観たかったので先に映画を観に行きました。

本当に楽しい映画でした。
またまたいい映画が子供たちの宝物に加わりますね♪

童話に出てくるチョコレート工場を
映像で表現するのって難しい作業だと思うけど
なかなか素敵な工場でしたよっ!
ホント最初から最後までワクワクして
遊園地のアトラクションを楽しんでいる気分になりました。

映画を観ているうちに
あぁーそういえば、こういう子供が童話に出てきたなぁー!
って子供の頃に読んだ童話の内容を
少しずつ思い出せたりして
なんだかタイムトリップしているような不思議な気分になりました。

大人でも十分に楽しめる映画で
というより
ブラックユーモアのわかる大人の方が
逆に心から楽しめるかもしれない。
ほんとワハハ・・・と声を出して大笑いしている大人がたくさんいましたよ!(笑)

これからコーンフレークを見るたびに
この映画のあるセリフを思い出してしまいそうだし
街を歩きながら
『あ!この子は、パイプに詰まってしまった男の子に似てるな!』
とか
『あ!この子はダストシュートに落ちた女の子に似てるな!』
とか
イロイロと想像してしまいそうだわ。

愛するジョニーデップ様が本当に面白い演技をしています。
またまた大好きになりました。

そしてそして
ウンパ・ルンパが出てくる楽しいシーンでは
音楽に合わせて思わず足でリズムを踏んでしまいます。
ウンパ・ルンパ、最高にキュートですよー!
もぉー大好きよ。(笑)

ホーントに楽しいの!
ぜひぜひ観に行ってくださーい!

私がガマンできずに吹き出してしまったのは
「毛はえアメ」でした。
最高~!(笑)

そうそう
帰りの駐車場で
パイプに詰まった男の子のママ(にそっくりな女性)を見かけました。
映画を観た帰りって
どーも人間ウォッチングに精出してしまうクセがあるのだわ。^^;;
[PR]
by maya_c | 2005-10-15 14:37 | 映画