楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー

<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「レントを歌おう!in Tokyo」
というイベントに2回目の参加をしてまいりましたー!
参加者は40名?50名?

レントは
ジョナサンラーソンが
「若い人たちにも受け入れられるミュージカルを!」
と作ったミュージカルでもあり
こちらに集まる方たちもほとんどが20代。

でも負けない!(笑)
またしても平均年齢を上げてまいりましたよ!
ほんの少ーーーしだけどね。
へへっ。

レントが大好きなみんなの集まり。
みんなの気持ちはひとつ。
すごくイイ空気が流れている空間でもあります。

このイベントをきっかけに結成されたバンドも
月2回集まって練習を続けているようで
さらにさらに息はピッタリ!
本格的になってきましたねー♪

あぁー楽しかった!

みんな大好き!

2次会のお店も美味しくて
お腹いっぱい食べたし飲んだし笑ったし!

レントを歌おうイベント、次回は12月でーす!
またすぐに会えるね!

劇団員の方や
お芝居をやられている方も多いのですが
ナント
よっちゃん(野村義男さん)も来てる!
・・・と思ったら
ソックリさんでした。

でもソックリさんは
よっちゃんを知らないとのこと。^^;;

「えーーー!知らないのぉー!?」

違和感なく弾けまくっていても
こういうところでジェネレーションギャップを感じる。(笑)

教えてあげた。

たのきんの「た」は田原俊彦の「た」
たのきんの「の」は野村義男の「の」
たのきんの「きん」は近藤真彦の「きん」
なのらー。

へへっ。

さてさて!
今度はソロパート練習しておこうと思う!

本当に楽しかったです♪
バンド、スタッフ、参加者の皆さーん
素敵な時間を
ありがとうございましたー♡

ランチもありがとう♡

心残りは
佐世保バーガーを食べなかったことじゃ!
また食べに行こうと思う!
[PR]
by maya_c | 2006-11-27 11:26 | RENT(レント)

【Musical】RENT JAPAN TOUR 2006

b0004691_9244574.jpg

RENT JAPAN TOUR 2006
東京厚生年金会館に行ってまいりましたー!

今回は記者発表(くりっくー!)にも行くこともできて
とっても待ち遠しかったのですが
終わってみると
あっという間の出来事でした。

私にとって
オペラの勉強を始めた時に
最初にビデオで見たものが「ラ・ボエーム」だったことや
(「レント」のストーリーはオペラ「ラ・ボエーム」が基盤となっているのです)
初めてニューヨークで観たミュージカルが「レント」だったこと。
その後の来日公演で
ミミ役とアンサンブルの方に偶然帰り道にお会いできて
サインや写真に応じていただいたこと。
さらにギューーーッと力強くハグして頂いたこと。
(その頃、自分はちょいと凹んでいた時期で、ものすごーくパワーを頂いたのでした)
などなど

自分の中では
「レント」が特別な存在となっておりましたが

今年は映画がやってきて
またその映画が本当によいもので
ぐぐぐーーーっと
さらにレント熱が上がりました。

ちょっとした感想はこの前アップしたので
今回のツアーでとても嬉しかったニュースを書きまーす。

私が行ったのは18日と24日。

千秋楽1日前の24日は
客席の盛り上がりもぐーんとヒートアップしていたので
千秋楽はものすごく熱いものになるだろうなーと思っておりましたがぁー

さすがレントヘッズのみんな!

あぁー千秋楽!
私も行きたくてウズウズしておったのですがぁー

開演前には劇場前で歌っていたみんな
さらにさらに
アンコールも終わった終演後
明るくなってアナウンスも始まったけれど
誰も帰ろうとせず
やがて客席で2階席を中心に合唱が始まり
それがだんだんと大合唱に広がっていったようです。
(やるなー♪)
これにはスタッフも驚いて
舞台に出てきて客席に向かってビデオカメラを回していたとのこと。
嬉しいじゃありませんかぁー♪

もうみんな大好き!
レントも大好きだし、レントヘッズのみんなも大好き!

今までで今日が最高だったよと
東京大好きだよと
カンパニーの方がおっしゃっていたそうですよ。

私は千秋楽に行くことができなかったけど
そんな報告を聞いて
本当に本当に嬉しい気持ちになりました。

あ!
Seasons of Love、千秋楽のアンコールでは
フルコーラス歌ってくれたみたいですよ♪
あぁーやっぱり行きたかった。(笑)

大阪、名古屋公演はこれから。
東京以上に盛り上がるといいなぁー♪
あぁー追いかけて行きたい☆
RENT JAPAN TOUR 2006についてはこちらをくりっくー!

カテゴリがいろいろだったので
レント記事をひとつにまとめてみましたー。
私の過去のレント記事はこちらです
[PR]
by maya_c | 2006-11-27 10:13 | RENT(レント)

終わっちゃった・・・。

先週に引き続き
今回2度目のレントへ。

はぁー
終わっちゃった。

明日が東京ラストだけど
私は今日で終わり。

よかったなぁー!

今日もかなり盛り上がったけど
明日はもっと盛り上がるだろうなー。
いいなーいいなー。

でも
今年は
レント仲間がいっぱいできた♡

同じように抜け殻になっているみんなに早く会いたいなー。


舞台イメージ映像、見てみてね♪(クリック!)


某サイトに書き込みした今回のレントの感想♪
記念にこちらにも残しておこう。


♥11月18日(土)♥

18日、夜の部に行ってきましたぁー!

私はニューヨークで1回
前回の来日公演を1回
そして今年の映画とDVDを鑑賞して
今日のRENTでしたが・・・

やっぱりRENT、好きだなぁー♪
今日の舞台もやはり感動しましたー!

演出も違うところがありましたが
ジョナサンのメッセージがしっかり伝わってきました。
やっぱりRENTはイイですね♪

お客さんたちのノリもよくて
バンドの方たちのノリもよかったような気がします。

また来週行くので楽しみです!



♥11月24日(金)♥

18日の鑑賞に続いて、本日(24日)2回目の鑑賞へ♪

やっぱり舞台って生き物ですねー♪
18日の感想には書きませんでしたが
正直、私も「MOO」の今回の演出はチト寂しかったのです。
でも今日は少し変更してましたよー!
舞台の前の方まで来て客席に呼びかけてくれました。
おかげで「MOO~~~」が言えました!
この変更はやっぱり嬉しかったです!
でもやはり客席はシャイな日本人ばかりでした。^^;;
そんなに無理矢理言わせないし
今日くらいが日本人にはちょうどいいのかも。(笑)

それでも
2部のオープニングのあのメロディーが流れたら
客席はものすごい歓声の嵐♪
ラストもあっという間にオールスタンディング。
ノリノリでしたー!

はぁー私は今日で終わり。
最後にまた東京に戻ってきてくれればいいのになー。

明日行かれる皆さん
楽しんできて下さいねー!
さらにさらによくなりましたよー♪
[PR]
by maya_c | 2006-11-25 02:42 | RENT(レント)

RENTのオーディション♪

b0004691_1545885.jpg

つい最近
チックチックブーンのエントリー
RENTの日本人キャスト版も観たいなーと書いたばかりでしたが・・・

なんと!

その予定があることがわかりました!
2008年の秋ですと!
(ミクシコミュで教えて頂きましたー!)

しかも
そのキャストオーディション募集ですと。

こちらをクリックぅー♪

いやぁー
この記事なんて
さすがRENTですね!

応募する皆さん頑張って下さいね!

夢に向かってチャレンジだぁー!
[PR]
by maya_c | 2006-11-16 01:35 | RENT(レント)
b0004691_2248948.jpg
『黒柳徹子さん、一度ナマで観ようよ!』
『いいよー♪』

というわけで
お友達に誘われ
黒柳徹子さんの舞台、『ルーマーズ』を鑑賞。

黒柳徹子さんといえば
私たちにとっては
『ザ・ベストテン』の印象がとても強く
その次に
やはり『徹子の部屋』。
司会のイメージがとても強い。

だけど
海外コメディーの舞台をずっと演っていらっしゃって
なんとこの『ルーマーズ』で20作目の舞台になるとのこと。
受賞もされている。

黒柳徹子さんは
もうご自身の存在がブランドになっていて
女優とか歌手とか司会者とか
そういうカテゴリーではなく
「黒柳徹子」というものすごいブランドなのですよね。
それぞれのお仕事もそうだけど
ユニセフの活動にしても執筆にしても
とにかく存在の大きな方です。

そんなわけで
黒柳徹子さんのオーラってどんなんだろーと
出かけてまいりました。

まず会場で惹き付けられたのは
黒柳徹子さんグッズ。

ポストカードをコレクションしている私としては
迷わずカードを買い!
素敵でしょ。
b0004691_22482424.jpg


で、お芝居ですが
なかなか楽しいお芝居でした。
コメディーということで
何回も客席で笑いが起こります。
(個人的にはかとうかず子さんの美しさに圧倒されました・・・)

さてさて
お目当ての黒柳徹子さんは・・・

とっても小柄で非常に可愛らしい方でした。
あの小柄な身体のどこにあの素晴らしいパワーがあるのでしょう。
衣装も豪華でとても重いらしいのですが
その衣装を身に付け
右往左往舞台を動いたり
セットの階段を上り下りされたり
大活躍されていました。

舞台の様子がとてもわかるサイトはこちらをクリックー!
(ゴージャスな写真付きです♪)


こんな可愛いポストカードもあったのですが
まさに舞台上の徹子さんのイメージはこんな感じでしたよ!
b0004691_22483672.jpg

それから・・・
黒柳徹子さんの開運ストラップも
お友達とお揃いで買ってしまいました。
ご利益がありそうですね。
b0004691_22484577.jpg

[PR]
by maya_c | 2006-11-13 23:26 | 舞台・コンサート・イベント

【映画】 手紙

映画『手紙』を観てきましたー!

原作を読んで大泣きした『手紙』
きっと映画でも泣くだろーなと覚悟して出かけました。
皆さん泣いてましたねー。

原作では
主人公の弟はミュージシャンを目指し
ビートルズの“イマジン”がテーマになっているようなところがありましたが
映画版ではそれがお笑い芸人となっていたので
はたしてどうやってラストに繋がるのだろーと思いつつ観ておりましたが
なるほどー、そう持ってきたかぁー!と感心しておりました。

でも原作では頭の中をBGMが流れるくらいに
“イマジン”の曲のイメージが強かったので
映画を観て意外ではありました。

山田孝之さんの映画は
「電車男」に次いで2作目の鑑賞ですが
彼は本当にいい役者さんですよね。
味のあるいい演技をします。

その山田さん演じる弟が勤める大型電器店の会長さんにも
期待しておりましたー。
原作を読みながら
本当にこの人に巡り会えてよかったなーって
私は神様に感謝してたくらいだから。
(個人的に父親のイメージとすごくたぶるところもあって)^^;;
原作に比べたら登場は短かったですが
重要なポストでしたね。
それから被害者の家族(息子)も。

とにかく「手紙」をキーワードに映画でも泣かせてくれます。

映画で感動した方は
ぜひぜひ東野圭吾さんの原作も読んで下さいねー♪

そしてそして!

本日の予告編の収穫は
お正月映画で登場する『名犬ラッシー』です。
楽しみです!

ところで
今朝のテレビ番組で
この『手紙』が
実際に千葉の刑務所で上映されたというニュースを見ました。
受刑者の方たちにとってはつらい映画かもしれませんね。
でも
自分ひとりではない
「家族」という意味がわかる映画でもありますね。
[PR]
by maya_c | 2006-11-10 22:05 | 映画

【Musical】 tick,tick...BOOM!

b0004691_10325067.jpg

気になっていたオフブロードウェイミュージカル
『チック,チック...ブーン!』を観に行ってきました。

RENTファンの方に
「観ておくといいですよ!」と薦められていました。^^

世田谷パブリックシアター。

初めて行った劇場なのですが
素敵な劇場ですね。
ニューヨーク・ブロードウェイを思い出しました。
あの劇場でまた何か観たいと思う。
心地よい空間でした。

しゃてしゃて!

この『チック,チック...ブーン!』は
ジョナサン・ラーソンが
RENTの構想を練り始めた頃に書き上げていたミュージカル。
彼自身を物語にしたミュージカルです。

舞台は1990年のニューヨーク。
ソーホーの片隅に暮らすジョナサンは
30歳の誕生日を目前にして
まだ日の目を見ない作曲家としてのキャリアに
焦りと不安を感じ憂鬱な日々を送っています。

友人はとっくに俳優になるという夢に見切りをつけて
ビジネスマンとして成功。
BMWを乗り回しているというのに。

チックタック・・・チックタック・・・という音が
彼の耳に聞こえてきます。
それは焦りや不安の音。
そしてその音はだんだん大きくなって
やがてBOOM!と爆発する。

自分はこのまま終わるのだろうか、とか
このままでいいのだろうか、とか
そういう不安って誰しも経験ありますよね。

たまたまこのジョナサンは30才の誕生日を目前にしているけれど
それが20才でも40才でも50才でも
あるいは年齢関係なく何かの折にふと思ったりする。
そんな不安な気持ち、焦る気持ちを描いています。

やはり『RENT』に繋がる内容で
随所にジョナサンのメッセージが伝わってきました。

「今」を生きようよ、というメッセージ。

あぁーやっぱりジョナサンが好きだな、って思いました。

最初はジョナサンの一人芝居だったと聞いていますが
この舞台は3人で演じられていました。

ジョナサン・・・山本耕史
スーザン、他・・・愛内里奈
マイケル、他・・・ゲイリー・アドキンス

日本人キャストによる舞台でしたが
面白いなと感じたのは
ゲイリー・アドキンスという外人キャストが加わっているところ。
彼がたどたどしい日本語と英語で演じているところ。
(日本語はかなり練習されたのだと思います♪)

もちろん英語で演じるのは簡単なセリフなのですが
日本語と英語のセリフ。
それをすんなりと受け入れられるオーディエンス。
進化したなーというか新しいスタイルだなーって思いました。

3人とも歌は上手なのでしっかりと楽しめましたよー。
レントも日本人キャストで観てみたくなりました。

NO DAY BUT TODAY!
ミュージカル『RENT』ももうすぐ始まります!

あ、RENTファンの方で
『チック,チック...ブーン!』を観たいのに
今回の世田谷パブリックシアターの公演を見逃してしまった方!

大丈夫です!
12月に横浜で再演されますのでご安心を。

詳細はこちらです!(くりっくー)
[PR]
by maya_c | 2006-11-09 11:05 | RENT(レント)

クリスマス絵本!

b0004691_10352539.jpgバスで おでかけ
(作・絵 間瀬なおかた / ひさかたチャイルド)

そろそろ
クリスマス・プレゼントの準備の時期ですが
小さなお子さんのいらっしゃるパパママや
小さなお子さんに何かプレゼントしたいと思っている方に
今年お薦めのクリスマス絵本はコレ!

毎年、この時期になると
クリスマス絵本を何かしら買っている私ですが
今年はダントツでコレですね。
海外の絵本ではなく、日本の絵本です!

「でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」でお馴染みの間瀬なおかたさん
この「バスでおでかけ」は
のりものしかけ絵本シリーズの最新作であり
クリスマス絵本であります。

のりもの好きの子供たちは
すでに
「でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」の絵本に夢中ですが
これはバスに乗って色々な街を走るので
子供たちにとったらもっと身近な内容かもしれません。
女の子も大好きになる絵本だと思う。

おとうさん、おかあさんと小さな子供ふたり(お姉ちゃんと弟くんかな)。
家族4人で「すてきなところ」にバスで出かけるストーリー。

もぉーとにかく可愛いし
最後がホントにステキなの!

これが日本人のクリスマスだったらいいな。
私もこういうクリスマスを送りたいな。
ほのぼの。
あったかーい気持ちになりました。

この絵本を手にした時に
日本人でよかったなーって思いました。

今年のクリスマス絵本はコレで決まり!デス。
プレゼントにピッタリだと思う。
ぜひぜひ!

大人の方も本屋さんでぜひページを開いてみて下さいね!
最後まで読んだら
私のように買いたくなっちゃうと思う。(笑)

サンタクロース、探して下さいね!
[PR]
by maya_c | 2006-11-07 10:58 |