楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

b0004691_2020813.jpg

ピアニスト・稲本響さんと書道家・武田双雲さん
おふたりによるユニークなライブに行ってまいりました!

ピアニストの稲本響さんは
あらゆるジャンルとのコラボを実現されていて
ひとり芝居の市村正親さんとの「海の上のピアニスト」の舞台だったり
ミュージカルだったり
タップの熊谷和徳さんや映像の奥秀太郎さんとのコラボだったり
狂言師の方とのステージコラボだったり
私の大好きなブラストのパーカッション、石川直さんとのコラボだったり
そういえば
テレビ番組ではお料理とのコラボもやっていらっしゃいました。
他にもいろいろと
クラシックの枠を超えて活躍されています。

そして今回は
なんと「書」とのコラボ。

このライブ、かなりよかったです!

響さんが生み出す優しいメロディーと
武田双雲さんが生み出すいろいろな「書」が
本当にピッタリだなーと感じました。

トクに私がおふたりの感性が合ってるなーと感じたのが
冒頭のステージ。
もぉー最初からグググッと心を掴まれてしまいました。

優しくそして切ない響さんのメロディーが流れる中
双雲さんが次々と言葉をしたためます。

最初に書いた文字が、「独」・・・
続いて、「夜」・・・
それから、「泣く」・・・「さみしい」・・・と筆でしたためていきます。

ステージ上のスクリーンに映し出されるのですが
リアルタイムにそれらの言葉を書いていらっしゃるので
墨汁の静かな香りと共に
音楽と書による
優しく切ない世界がそこに出来上がっていました。

孤独・・・夜・・・泣く・・・さみしい・・・

これら双雲さんがしたためていく言葉は
まさに響さんのメロディーにピッタリでジーン。

もしかしたら
音楽も書道もそういう気持ちのところから生まれるのかもしれませんね。

「さみしい」という言葉も一度書くだけでなく
半紙に「さみしい・・・さみしい・・・さみしい・・・」と心のままに書き続ける。
このあたりでもうググッときてしまいました。

やがて
響さんのメロディーと共に双雲さんの生み出す言葉も
「朝」・・・「芽」・・・「光」・・・と変わっていきます。


また中盤では
響さんのメロディーの中で
双雲さんが手紙をしたためるシーンもありました。

『拝啓・・・』と始まる手紙。

あの頃は知らない間に傷つけて・・・とか

さよならした後は
つらくて
つらくて
さみしくて
さみしくて・・・とか

すごーく素直で心のこもったお手紙でした。

私は昔付き合っていた恋人に宛てた手紙かと思っていたのですが
あとから風の噂?で聞いたところによると
お母様に宛てたお手紙だったとのこと。

こういうシーンは
1本の映画を観ているようで
これは何か映像に残して欲しいなーと思いました。


面白い場面もありました。

双雲さんや客席の方たちが書く言葉のイメージで
響さんが即興演奏をしていくシーン。

最初は
「ホ短調で」とか「スタッカートで」などで始まったのですが
客席から呼ばれた方たちが書かれたものの中には
「赤のイメージで」とか
「お金持ちになれそうに」など
ユニークなリクエストもありました。


後半は
だんだんとダイナミックに
ものすごく大きなパネルに大きな筆で体をめいっぱい使って
文字を書いていったり・・・

そして
最後に一番大きく力強く書かれた言葉は「希望」

テーマ性のあるとても素敵なライブでした。

アンコールでは「ありがとう心から」

響さんのピアノ
私はタップマンとのコラボもカッコよくて好きだったけれど
響さんのメロディーには双雲さんの生み出す書とか言葉の方が合っているような
そんな感想を持ちました。

このライブはぜひまた観たいと思います。

人として大切な何かに気付かせてくれる
素敵な素敵なライブでした。

響さん、双雲さん、ありがとうございました!

客席を出たら
こんな書でお見送りして下さいました。
ローマ字のところは響さんが書かれたのでしょうね。
b0004691_20573047.jpg

b0004691_20574342.jpg

[PR]
by maya_c | 2007-03-30 21:02 | 舞台・コンサート・イベント

恋の骨折り損

彩の国さいたま芸術劇場へ。

シェイクスピア作品
『恋の骨折り損』を観てまいりましたー。

彩の国さいたま芸術劇場では
『SSS(彩の国シェイクスピア・シリーズ)』という試みをやっていて
蜷川幸雄さんを中心に
シェイクスピア劇作37作をすべて上演しようというものすごい企画の真っ最中!

「ロミオとジュリエット」
「十二夜」
「リチャード三世」
「リア王」
「夏の夜の夢」
・・・・・・

などなど
1998年からスタートしたこのシリーズは来年で10周年を迎え
現在は第17弾のシェイクスピア演劇を上演中。

しかも
2004年からオールメール・シリーズというものも始まって
これは全てを男性俳優のみで行なう演劇です。

シェイクスピアの時代は男性俳優のみで演劇が行なわれていたので
まさに歴史の再現でもあるのですね。

今日私が観てきたものもオールメール・シリーズ!
しかも
イケメン揃いでウハウハものです。(笑)

★北村一輝(ナヴァール王ファーディナンド)
☆姜暢雄(フランス王女)
★窪塚俊介(デュメイン)
★高橋洋(ビローン)
☆内田滋(ロザライン)
☆月川悠貴(マライア)
☆中村友也(キャサリン)
★須賀貴匡(ロンガウィル)
    
(★=男役 ☆=女役)

座席も前から4列目だったので
もぉー本当にゴチソウ様でした!という感じですわ。^^;;

「恋の骨折り損」は
上演される機会の少ない作品らしいのですが
蜷川幸雄さんの演出で
とっても面白い作品でした。
トクに前半は
これはお笑いかと思うほど客席を爆笑させていました。

トクに
北村さん、窪塚さん、高橋さん、須賀さんの
男役イケメン4名のやりとりが
もう本当に本当に面白い!
私なんてある瞬間からツボに入ってしまい
笑いが止まらなくなってしまったホド。

簡単にストーリーを説明すると

ナヴァールの国の王や友人貴族たちが
これから3年間、学問にいそしもうとある誓いを立てるの。
その誓いというのは
断食やら睡眠3時間という決まりもあるのだけど
中でも一番彼らを苦しませるのが
女性を寄せ付けない(恋をしない)というもの。
この誓いを破れば厳しい罰則に処される。

ところがある時
フランスから王女がやってきて、たちまち王は恋をしてしまう。
友人貴族たちも王女と一緒にやってきた女性たちに恋をしてしまう。

その先はカクカクシカジカ・・・。

ストーリーだけを読んだ段階で面白そうだと思ったのですが
なんというか
恋をして悶えるサマとか
それがバレないように頑張るところとか
だけど会いたくて会いたくて・・・というところ
などなど
かなり面白かったです。

イケメン俳優たちが
男役も女役もやっているのですが
男役はもちろん女役も本当に美しく
ちょっとスマスマの竹の塚歌劇団を思い出しました。(笑)

私は北村一輝さんにメロメロになってしまいました。
そりゃ~もぉ~カッコいいったらありゃしない!
へへへっ。

3月31日(土)まで。
公演詳細はこちらをクリック!

その後は
大阪、名古屋、北九州公演が予定されています。
[PR]
by maya_c | 2007-03-30 03:36 | 舞台・コンサート・イベント

テキーラ

テキーラを初めて飲みました。

面白いですねー!
ビックリです。

テキーラには
種類も色々あって
飲み方も色々あるみたいですが

私が友人に教わってチャレンジした飲み方は

左手親指のつけ根に塩をひとつまみくらい盛って
"GO!"のかけ声と共に
その塩をなめて
スグにテキーラを一気飲み
そして
ライムを急いでかじる。

・・・というもの。

ほんの一瞬でこれをやるのです。

とっても飲みやすいのですが
スグに喉がカーーーッと焼けてきます。
強いお酒なのですね。(笑)

なんだか
ゲームみたいで楽しかったです。

ユーミンの『真夏の夜の夢』に

骨まで溶けるような
テキーラみたいなキスをして
夜空もむせかえる
激しいダンスを踊りましょう
・・・・・・

という歌詞があるのですが
さすがユーミン!

テキーラを初めて飲んでみて
あーなるほどねーとこの歌詞を思い出したのでした。(笑)
[PR]
by maya_c | 2007-03-19 22:33 | 今日のメモ

St. Patrick's Day

この週末
セント・パトリックス・デイというものを
初めて知りました。

聖パトリックの祝日。
3月17日。

たまたま
この17日にアイリッシュ・パブに行く機会があり
それでこの祝日の存在を知りました。

この日
どこのアイリッシュ・パブでも
特別なイベントをやっているようでした。

私が行ったお店も
駅から離れているにも関わらず
予約で満席でした。


ウィキペディア(Wikipedia)によると

3月17日のSt. Patrick's Dayは
アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日で
カトリックにおける祭日であり
アイルランドの祝祭日とのこと。

シャムロックを服につけたり
緑色の物を身につけて祝う日で
「緑の日」とも呼ばれる。

(シャムロックというのは三つ葉のクローバーなど葉っぱが3つに分かれた植物の総称で、アイルランドの国花だそうです)

ニューヨークやボストン、豪州の各都市など
アイルランド系移民の多い地域・都市で盛大に祝われているそうですが
現在では日本でも
アイルランドのシンボルカラー、グリーンを身につけた約1,000名が
原宿表参道をパレードするそうです。

大リーグでもこの日には
特製の緑色のユニホームあるいはキャップを使用するとか。



それでナルホド!と思ったのですが
アイリッシュパブでは
三つ葉のお皿を使用していたり
ビールの泡にコーヒーのラテのように三つ葉を描いたりしているのですね。

へーへーへーなのでした。

「緑の日」ということで
特別にグリーンビールというのを頂きました。
ホントに緑色なのよ!!!
ビックリです。

そしてそして
もっともっとビックリしたのが

この日、東京タワーも緑色になっていたことでした。

残念ながら
またまたデジカメを忘れてしまったのですが
もしお友達に頂けたら
写真もアップしたいと思います!

大人になっても
まだまだ私の知らないことってたくさんあって
こうやってひとつひとつ感動しながら経験していけることが
とってもシアワセだなーと
こんな素敵な機会をプレゼントしてくれたお友達に感謝なのでした。

この日は
友人の婚約をお祝いして集まったのですが
これから先
St. Patrick's Dayが訪れるたびに
この日の友人の幸せそうな笑顔を思い出しそうです♪

ホントにおめでとう!
お幸せにね!^^
[PR]
by maya_c | 2007-03-19 22:05 | 今日のメモ
b0004691_0165311.jpg
ピアニスト 稲本響、
書道家 武田双雲、
音と書が奏でる
魂のコラボレーション!


来週、スパイラルホールで
このようなユニークなLIVEがあります。

私は子供の頃から書道が大好きで
大人になった今でもたまに習いに行ったりして
この武田双雲さんの本にも
たまに手にとって癒されているひとり。

そして
稲本響さんの奏でるピアノの音も大好き。

というわけで
このお二人のLIVEを
ずっと楽しみにしておりました。

観てきたら
またレポートをアップします!

3/23(金)・24(土)・25(日)
スパイラルホール
[PR]
by maya_c | 2007-03-17 00:27 | 舞台・コンサート・イベント

2007年もブラスト!

b0004691_12454336.jpg

私がブラスト!ブラスト!と叫び続けて
かれこれ5年になるのかしらー。

今年もブラスト!がやってきます!

しかも今年は
私が好きになったブラスト!を
さらにゴージャスにした
ブロードウェイ・バージョンだそうです。

8月3日(金)~8月5日(日)東京厚生年金会館
8月8日(水)~9月9日(日)東京国際フォーラムホールC

興味のある方は
ぜひぜひお出かけ下さいね!

4月14日(土)、一般発売開始だそうです!

ブラスト!に関する過去の私のエントリーはこちらです。
[PR]
by maya_c | 2007-03-16 12:53 | blast(ブラスト!)

(映画)幸せのちから

b0004691_20343060.jpg
幸せのちから

暖かいベッドも、パンを買うお金も、ママもなくしたあの日。
幼かった僕と父はまだ見ぬ“幸せ”を求めて走り出したー。



ハートウォーミング・ムービー。
いい映画でした!

主人公のクリス(ウィル・スミス)は
医療機器のセールスをしていたのだけど
それが思うように売れない。

工場勤めで生活を支えていた奥さんも出ていってしまう。

けれども
クリスはこの世で一番大切な5才になる息子を
決して手離すことはしなかったの。

かくかくしかじかありまして・・・

お金もなくなり
ホームレスにもなり

けれども
可愛い息子のためにも
成功への夢を諦めなかったのだ。

そんなパパに5才のボクも必死でついていく。

この父子の姿がまぁー泣けるのだわー。

私はなんといっても
この子役の男の子が可愛くて仕方なかった。

ナント!

ウィル・スミスの実子だそうですね。
びっくりです。
ちゃんとオーディションで残ったのが
たまたま彼のお子さんだったとのことで
しっかりパパの血を受け継いでいるのだなぁー。
とにかく可愛いです。

というよりも
パパと息子の愛のやりとりが本当に素敵。

寒いこの季節にあったかい映画館に入ったせいか
前半ウトウトと眠ってしまったのですが
(最近、前半寝ちゃうことがホントに多い!あーもったいない!)
とってもあったかい気持ちになった映画でした。

このサクセス・ストーリーは実話だそうです。

学歴がなくても
お金や住む家がなくても
こうして夢に向かって努力していけば
成功しちゃうこともあるんです。

勉強していくこと
努力していくこと
チャンスは掴むこと
夢に向かって全力疾走していくこと
そして
人とのコミュニケーション
何よりも大切な愛!

エトセトラ・エトセトラ

おらも頑張らにゃー。^^;;
[PR]
by maya_c | 2007-03-14 20:35 | 映画

(Musical)劇団四季 CATS

b0004691_2131971.jpg

CATS
劇団四季

(キャッツ・シアター(東京五反田/大崎))

今年に入って1月。
とっても久し振りにCATSを観てきました。
10年以上振りかも。

改めてスゴイ!!!って思いました。
さすが6000回以上ものロングランを続けているだけあります。
しばらくご無沙汰していたCATSですが
なんだかハマりそうな勢い。
だって楽しすぎる!

まずシアターが楽しい。
一歩足を踏み入れると、そこはもうCATSの世界。
テーマパークのようなわくわく感。

四方八方にあるセットにきょろきょろしながら
あ、見て見て!これ面白い!・・・とか言いながらシートへ。
この日は仲良しの仲間数人で遠足気分♪
こんなふうにミュージカルを楽しむのも悪くない♪
お正月の恒例行事にしてもよいくらい。
初詣はCATS!みたいな。(笑)

おそらく
私が数回観ていた
10年以上前のCATSより大きく成長している気がします。

何よりキャストの方たちが
CATSを心から愛し、楽しんでいるように思う。
そして
それが自然に観客の私たちにもイイ感じで伝わって
めっちゃハッピーな空間になっているのだ。

幸せ感の波動って伝わりますよね。

歌唱のレベルもダンスのレベルもアップしていると思いました。
トクにダンスはすごい!
釘付けになった。

メモリーの歌には涙し
いつの間にか自分もCATSのひとり(一匹)になった気分で祝福。

うーーーん♪

CATSって
好きな人に見せたくなるミュージカルだと言われていますが
たしかにそうですね!
誰かに見せたくなるミュージカルです♪

CATSを観ると
最高にハッピーになれますね!

それでは最後にお土産をパチリ。
b0004691_21233.jpg♥CATSプログラム
♥CATS携帯ストラップ
(お友達とお揃いで買いました。目が光るのだ!)
♥CATS缶はTシャツが入っていたもの。
(お友達が缶だけくださいました。というか、私ったら無理矢理もらっちゃったかしら。(笑) ありがとう♪)^^;;
[PR]
by maya_c | 2007-03-03 02:31 | 舞台・コンサート・イベント