楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

b0004691_1112932.jpg
夜明けの街で 東野圭吾
(角川書店)


涼しくなって、秋の訪れを感じられるようになりましたね。
夕暮れ時など、窓を開けて小説を読んだりしていると
あぁ~秋だぁ~なんて感じます。

読書の秋、到来です。
私の中のホンノムシもふつふつと。

さすがに猛暑の中での読書はつらいですもんね。
(クーラーの効いたお部屋なら別だけど!)

本はちょこちょこ買って読んではいるのですが
こちらに書くこともなく・・・
でもでも
読書の秋なので、本のエントリーも書いていきたいです!

今日は久し振りの東野作品だったので
早速、書き残しておきましょう!

例によってイッキ読み。

本のオビには


東野圭吾の新境地にして最高傑作

この恋は
どこまで続くのだろうか。

幸福な家庭で起きた殺人事件。
まもなく時効を迎える。
僕はその容疑者と不倫の恋に堕ちたー。

不倫するやつなんて馬鹿だと思っていた。
ところが僕は、その台詞を自分に対して発しなければならなくなる。
ただし、その言葉の後に、こう続ける。
でも、どうしようもない時もある。

緊迫のカウントダウン。
衝撃のラストシーン。
著者渾身の最新長編小説



とあります。

※以下、ネタバレあり

ストーリーは
「不倫」と「殺人事件」と
2つの柱をからめているのですが
どちらかというと怖いなぁーと感じながら読むのは
「不倫」の方かもしれません。

その不倫は
すごーーーくリアリティー溢れた展開で
あぁー不倫をする男性は
まんま、こういう心理状態なんだろうなーと。

幸せな家庭がありながら不倫をしている男性は
参考書として
読んでおくのもよいかもしれません。(笑)

「秘密」とか「手紙」のように
本を読んでドバーーーッと泣きたいなぁーーー!
なんて思いながら
読み始めてみたのですが、意外にも読後はあっさりでした。(私の場合)

東野さんらしいドンデン返しがあって
うっ・・・来るかな来るかな・・・とも思ったのですが
被害者の女性のことがあまり書かれていないのもあって
あっさりだったのかな。

それよりも同じ女性として
秋葉はこの後どうしたのかな・・・とか想像すると
ちょっとしんみりしちゃう感もありますが
(あまりにもカッコイイので)

ストーリーが終わった後、すぐに
主人公の友人である新谷君のお話が付け加えられています。
そこでまた「不倫」について教えられるのです。

うーーーん、なんとも説得力のあるお話。

巻末をチェックしてみたら
この本では本編の後にこの新谷君のお話が付け加えられていますが
「野性時代」で連載中の時は
本編連載中の中間点あたりでこの新谷君のお話が書かれた模様。

うーーーん、どちらが楽しく読めたのかな。

こんな難しいことをよくやったな
明らかに今までやったことがないことをやった
・・・と
東野さんはおっしゃっていますが

これは不倫を経験していないと書けないように思います。

・・・というわけで

ミーハーな私は
あれこれ
東野さんの私生活に思いをめぐらせておりました。^^;;
[PR]
by maya_c | 2007-08-30 11:26 |
b0004691_12221270.jpg
hair spray
BROADWAY'S BIG FAT MUSICAL COMEDY HIT


ブロードウェイ・ミュージカル『ヘアスプレー』を観に行きました。
千秋楽!
ミュージカル仲間のお友達のおかげで
めちゃめちゃイイ席で♪
どうもありがとう!


2003年トニー賞8部門受賞
ブロードウェイと全米で大ヒットロングラン中
カラフルでパワフル!
誰もがハッピーになれるミュージカル


この宣伝コピーそのままの
本当に楽しいポップなミュージカルでした!

ブロードウェイの来日公演で
こういう可愛くてハッピーでゴキゲンなミュージカルを観ると
今スグにでもニューヨークに飛んで行って
ブロードウェイでもう一度観たくなってしまいますね♪

とにかく主人公の女の子、太めのトレイシーが超可愛い!
何事にも前向きでポジティブシンキング!
ダンスとお洒落とテレビ番組「コーニー・コリンズ・ショー」が大好きな
どこにでもいる女の子なのだけど
もぉーホントに抱きしめたくなっちゃうくらいキュートなのなの。

物語は1962年のボルチモア。

60年代のファッション、カラフルなプリントのワンピースや
ヘアスプレーでまとめた髪型などなど
とってもカラフルで観ていてウキウキしてきます。

そして音楽も!
ゴキゲンで楽しいナンバーばかり♪

そうそう
あの「ドリームガールズ」も登場しますよ♪

明るく楽しいミュージカルではありますが
人種差別反対のメッセージも込められていて
この時代の背景も描かれたりしています。
そしてそして
トレイシーはそんな問題にも立ち向かっちゃう
正義感の強い女の子なのです。

トレイシーのママも同じくビッグファットなママなのですが
男優さんが演じられていて
細いパパとビッグなママの組み合わせがまたコミカル。

何回も笑わせてくれます。

カーテンコールはスタンディングオベーション!
ラストは客席も出演者も一緒になって踊り出します。
(休憩時間に踊りの練習がありました(笑))

この日は千秋楽だったせいもあるのかもしれませんが
アンコールの拍手はいつまでも大きく鳴りやまず
終演を知らせるアナウンスが何回も何回も流れました。
マイクの音量もだんだん上がっていって。(笑)

あの時の客席には
「ブラボー!」と「ありがとう!」がいっぱい溢れていましたね。
みんな笑顔いっぱいになって劇場を後にしました。


そして!

そして!

ヘアスプレーは映画化されて!

日本でも今年10月に公開ですよー!
必見ですね♪

トレイシーのママであるエドナ役にあのジョン・トラボルタ!
ダンスもうまいし
めちゃくちゃなりきっているみたいですよ。
楽しみっ♪

トレイシー役の女の子は
1000人のオーディションで選ばれたそうですが(ニッキー・ブロンスキー)
もぉーさすがアメリカ!
この女の子、めちゃくちゃ歌がうまいとのこと!

大好きな坂上みきさんの番組(エンタMAX(TFM))でも紹介されていましたが
もぉー非のうちどころのない完璧なミュージカル映画だとのこと!

10月が待ち遠しい!

あぁーもうどうしよう♪(笑)

早く早く秋にならないかなー!
待ちきれないっ。

あぁーーーー
私のミュージカル熱、いっこうに治まる気配がありませんっ。
ホントにホントに生きててよかったぁー!

これからも
大好きなミュージカルをたくさん楽しめるように
頑張ってお仕事しましょう!(笑)

ミュージカルの神様に感謝して
今日も一日元気に過ごしましょうね♪p(^0^)q


ブロードウェイといえば☆
ニューヨーク写真もまだいっぱいアップするものが貯まってます。
ミュージカル「レント」の舞台であるイーストビレッジも歩いてきましたし
ライフ・カフェにも行ってきたのでした。
そちらもまたアップ再開していきまーす♪

[PR]
by maya_c | 2007-08-22 13:16 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_1227884.jpg

Bunkamura ル・シネマで「リトル・チルドレン」を観ました。

なんだか大人の気持ちを代弁してくれているような・・・

多くの方たちが
この映画の主人公たちに共感できるんじゃないかな。

サラ(「タイタニック」「ホリデイ」のケイト・ウィンスレット)は
ボストン郊外の住宅地に住んでいる主婦。
夫のリチャードと
3才の娘ルーシーと
夫の母が遺してくれた見事な家に暮らしています。

傍目には幸せな結婚生活を送っているように見える。

けれども
心は決して満たされているわけではない。

サラは
子供とずっと家にいることに耐えられなくなって
公園デビューもするのですが
主婦同士のまるで女子高生の延長ような会話には加わりたくない。

「こんなはずじゃなかった・・・」
「本当の夢は他にあるのかも・・・」
「ここは自分の居場所ではないんじゃないか・・・」

などなど
きっと誰もがちらっと思ったりすることを
サラも思う。

そんな時に
公園で子連れの主夫をやっているハンサムなブラッド(パトリック・ウィルソン)に出会います。

主婦たちにけしかけられ(賭けのようなことをして)
ブラッドに話しかけるサラ。

ブラッドは司法試験に2回失敗したことなど率直に話してくれ
サラはそんなブラッドに新鮮な魅力を感じ
やがて二人は愛し合うようになります。

それぞれの家庭を持ち
いけないことだとは思いつつ気持ちは抑えられず。

ブラッドの妻は才色兼備のキャリアウーマン。
しかし彼女の相談相手はブラッドではなく
自分の母親だったりします。

司法試験に挑戦するブラッドを
ブラッドの妻は毎晩図書館に送り出します。

しかしブラッドは勉強する気にはならず
スケートボードに興じる若者たちを眺めて時間を潰したり
学生時代にやっていたフットボールを始めたり・・・

うーん
男性はこのあたりのブラッドに共感する部分があるかもしれません。

他にも元受刑者のロニー、その母親など
様々な大人になれない大人たちが出てきます。

大人になりきれない現代人の気持ちの有り様が
鋭くも温かく描かれています。

いくら年齢を重ねても
人は心の奥底に子供の頃から持っているままの感情を残している。

こんなはずじゃなかった・・・
この場所は自分の居場所ではないのかも・・・

心のどこかでそう感じながらも
大人たちは「正しくあろう」とするプレッシャーのようなもので
現実を生きているのかもしれませんね。
それを楽しんでしまえばよいのでしょうけれど。


今の自分を愛せたら、未来はきっと変えられるー

この映画のサブタイトルのように
まずは
自分を好きになることから始めたいですね。
認めるところから。

サラとブラッドの行動は
いけないことなのでしょうけれど
理解できる部分もあり。

このふたりがどのように自分の居場所を見つけるのか
ぜひぜひ映画を観て下さいましー♪

優しく温かく仕上げていて
後味のいい映画になっています。

大好きな映画になりました。

そうそう
予告編とイメージが違いました。

映画「リトル・チルドレン」の公式サイトはこちら
[PR]
by maya_c | 2007-08-12 10:55 | 映画
b0004691_1382735.jpg

渋谷の雑踏を少し歩いて
ブックファーストに寄り道して
大好きなBukamuraに到着すると・・・
いつもホッとします。

Bunkamuraには
オーチャードホール、シアターコクーンなどの素敵なホールがあり
お洒落な映画館(ル・シネマ)があり
ミュージアムがあり
そしてレストランやカフェ、ショップなど
私にとって
渋谷で一番落ち着くオアシス的存在の場所です。

1階のカフェでよくお茶するのですが
その横のスペースにあるBunkamura Galleryでは
いつも何かしら興味深いアート展をやっています。
入場無料で
ちょっと贅沢な時間を過ごせます。

最近ではポスター展が面白かったのですが
今、開催しているのは
「音のかたち展2007~クラフト・アート・シンフォニー~」

この前から気になっていたので行ってみました!

音のかたち、といっても
音楽というのではなく
私たちが感じる風の音や人びとの声、ささやき、小鳥や虫の鳴き声、海の音などなど
日常に自然にさりげなく存在する音たち。
それらの「音」をモチーフに
アーティストの方たちのフィーリング、イマジネーションによって
創造し作られた
そんな素敵なものたちのアート展でした。

ガラスアートだったり、布で作られた作品だったり
書道、ビーズ、和紙、etc.etc.
たくさーんのアートが展示されていました。
もちろん販売も行っています。

中でも興味を引いたのが
ヴェネチアンガラスのオリジナルアート。
この季節にピッタリ!

とっても涼しげな作品たち・・・
ひとつひとつゆっくりと眺めていたかったです。

どうやって作るのでしょう。

ひとつひとつ手作りで
世界に1つしかない1点モノになるのですね。

b0004691_22443312.jpg


ヴェネチアンガラスのオリジナルアートのサイトはこちら


他にカラフルでポップな時計や
メタルアート、書道の作品なども興味深く拝見しました!

そうそう
作者の方たちもそれぞれのコーナーにいらっしゃって
(ずっといらっしゃるかはわかりませんが・・・)
質問すると答えて下さいます。

14日(火)まで開催なので
お盆休みを東京で過ごされる方は
映画などと組み合わせて行かれてみては。

私は映画「リトル・チルドレン」も鑑賞してきました。
その感想はまた後日。
[PR]
by maya_c | 2007-08-11 22:28 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_1118795.jpg

「レミーのおいしいレストラン」を観に行きました。

この夏公開の映画、ほとんど観ていない・・・
忙しくてもできるだけ時間を作って行きたいなーと
まずは「レミーのおいしいレストラン」をチェック。

Disney&PIXERの映画は大好きで
中でも一番のお気に入りは「モンスターズ・インク」なのですが
この「レミーのおいしいレストラン」もなかなか良かったです。

ただ個人的にネズミが大の苦手で
(ミッキーは大好きなのに・・・)
時折うぐぐっとなったり、心の中での葛藤はありましたが(笑)
それでもレミーとリングイニの交流が微笑ましくて可愛かったです。

それにしても、さすがPIXER!(私の憧れの会社♪)

映像がホントに美しい!
トクにパリの街並みなんて、ため息が出るくらいの美しさ!
それと
レストランの厨房の様子、食材庫の様子などは
きっとその業界の方たちとか興味を持たれている方たちには
たまらなく楽しい映像なのではないでしょうか。
私もウキウキしながら観ておりました。

アメリカ特有のジョークというか遊び心が
たくさん散りばめられていて
時々大笑いしながら楽しく鑑賞しました。
最初から最後まで少しも飽きさせずに釘付けでした。

フランス料理が食べたくなりますね。
お腹がすいている時には見ない方がいいかも。
グーグー鳴っちゃいますね。(笑)

トクに食べたくなったのはラタトゥーユ。
近いうちにきっと食べます。^^;;

ココロがほんわかあったかくなる映画ってイイですね♪

そして
そして!!!

来年3月に公開のディズニー映画を
予告編で知ったのですが
もぉー今から待ちきれないくらいに楽しみな映画になりそう。

タイトルは「魔法にかけられて」

何が楽しみって
大好きなニューヨークの街が舞台!
それだけじゃなく
ディズニーのおとぎの世界と現代のニューヨークがミックスされて・・・
何だかめっちゃ楽しそう!

予告編、観ただけで爆笑よ。
とくにミュージカル調にプリンセスやプリンスが歌う部分。

こちらのサイトでもチェックできます!
「魔法にかけられて」をクリックして下さいね!

ディズニー映画のサイトはこちら
[PR]
by maya_c | 2007-08-10 11:29 | 映画
b0004691_1938117.jpg

愛か、死か。
囚われの王女アイーダの物語。

劇団四季とディズニーが総力をあげてつくりだした
衝撃的なラブストーリー。

(劇団四季「アイーダ」のチラシより)


お友達に会いに名古屋に遊びに行きました。
名古屋で公演中の「アイーダ(劇団四季)」が気になっていたこともあり
チケット1枚を数日前に手に入れて
お約束の1日前に現地入りして、おひとりさま鑑賞~!

直前に購入したわりには
2階の最前列中央のチケットが手に入り
なかなかラッキーでした。

最近、お友達と観劇する事がほとんどで
おひとりさま鑑賞は久し振り!
しかも
東京ではなく名古屋!
新幹線でひとり大好きな駅弁を食べ
(私は列車の中で駅弁を食べる、という行為が好き(笑))
うきうき気分で名古屋の劇場へ向かいました。

おひとりさま鑑賞・・・
これはこれで何とも幸せな気分。

お友達や仲間とワイワイ行動
そして
ひとり行動

どちらもそれぞれに楽しみがありますねー♪

さて
前置きが長くなりましたが・・・


(ここから先は、少々ネタバレありです。)


5月にお友達が聴かせてくれた
ブロードウェイ盤「アイーダ」のCDがきっかけで
アイーダの音楽に惚れこんじゃいました。
ロックあり、ゴスペルあり、力強いソウルフルな音楽に
ぐぐぐっ。

音楽はエルトン・ジョン。

鑑賞後も一番に思ったのは
エルトン・ジョンってイイお仕事をしているんだなー♪ということ。
感動を与えるお仕事ってホントに素敵。
元気がもらえちゃいました。

そして
劇団四季も
かれこれ20年近く前から鑑賞していますが
全体のレベルが本当に上がりましたよね。
歌もダンスもすごい!

今回のアイーダの歌も本当にレベル高いです!
素晴らしい!

ただ劇団四季の舞台を観るたびに
いつも気になるのが
ハッキリしすぎたセリフの言い方なのです。
(たしかに聴きやすいのですが・・・)

今回のアイーダは
トクにそれが気になってしまいました。

まぁー観ているうちに舞台に引き込まれ
いつの間にか気にならなくなってはいるのですが♪

さて、ストーリーですが

何も下調べなく行ったのですが
アイーダは切ないラブ・ストーリーですねー。

ディズニーの作品ですが
大人のためのミュージカルという感じで心地よかったです。

いわゆる三角関係にはなるのですが
どちらの女性にも観客は敵対心は持たずに最後まで観れる。
逆にもうひとりの女性の強さにも心を打たれてしまいます。

それと・・・
古代エジプトのストーリーなのですが
最初は近代の美術館のシーンで始まります。

そしてラストのラスト・・・

愛の力ってすごいなって思いますね。
時空を超えちゃうんです。

愛の力を信じたくなりました!
そんなミュージカルです。

チラシを見て思いました。
今度は1階の前の方のシートで観たい!
だって
アイーダの目から流れている涙を見たら・・・
これは近くで見たくなります!

また観たいな!
名古屋へ行くか、東京に来るまで首を長くして待つか
うーーーん
たぶんまた名古屋に行っちゃうと思う!^^;;

皇族たちのお話で
煌びやかな衣装も楽しめますー!

大好きなミュージカルのひとつになりました!
[PR]
by maya_c | 2007-08-08 21:13 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_3235172.jpg

千葉マリンスタジアムのイベント記事で
CAさんのかっこいいパフォーマンスをご紹介させて頂いたので
勢いに乗って
CAさんの公演をお知らせさせて頂きまーす!

CAってなーに?という方のために
公演チラシより・・・


the CRAZY ANGEL COMPANY 『CA』 とは?

管楽器・打楽器・カラーガード・ダンスと、複数の表現ジャンルを修得したジェネラリスト達が、従来ない新しい音楽表現を創造。
生演奏とダイナミックな身体表現の一体化によるニュースタイルの芸術集団。
作品を通じて「ドラマがないならドラマを作れ!」「観るものに生命を実感させろ!」を合言葉に、劇場やストリートで、音楽パフォーマンスをお届けしています。

(公演チラシより)



です。です。なのですー!

日本版ブラストとして
CAさんのさらなるご活躍を期待していますー。
マッスルミュージカルみたいに
いつかラスベガス公演しちゃったら素敵だなーと♪

そのCAさんが公演を行います。


CA SOUND THEATER vol.4 桃太郎
2007年9月8日(土)~9日(日)
アサヒ・アートスクエアにて


全部で5公演!

詳細は
めっちゃカッコイイ予告編(動画)が見られるこちらへ。

ココをクリック!(そして「予告編START」をクリック!)


メンバーの皆さんもこの公演に向けて
頑張っていらっしゃる!

楽しみにしておりまーす!


千葉マリンスタジアムでの
CAさんの記事と私が撮った写真はこちらです!
[PR]
by maya_c | 2007-08-08 03:59 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_3472918.jpg

さて!
いよいよスタジアムに入場。
私にとって生まれて初めての野球観戦です。
こんなイベントでもなかったら
もしかしたらご縁がなかったかもしれない世界。^^;;
CAやブラストを招いて下さった千葉ロッテマリンズさんに感謝です♪

試合前にブラストのパフォーマンスが行われました!
b0004691_3474273.jpg
写真には写っていないけれど
スタジアムの端っこと端っこで
デイビッドと石川さんのバッテリーバトル!
野外ステージでもパフォーマンスをされたお二人の迫力あるスネアは
広ーーいスタジアムでも響いておりました!
スクリーンにデイビッドの映像が写っています。

そして
これは可愛くて(というか、可愛すぎるー♪)思わずパチリしてしまいました。
キャラクターのぬいぐるみさん達が
お行儀よくお座りしてブラストのパフォーマンスを見てるの!(笑)
ソー・キュート♪
b0004691_3475573.jpg

こちらは石川直さんがスクリーンに写っています。
b0004691_348792.jpg

そして
いよいよブラストの演奏~!
この日は総勢50名でのパフォーマンス。
b0004691_3482288.jpg

気持ちのよいスタジアムで
まさかブラストの演奏が聴けるなんて夢のよう♪
(おかげでビールがどんどん進みました)^^;;

演奏曲目は「マラゲーニャ」
ブラストのステージで最後に演奏される迫力ある曲です。
b0004691_3483624.jpg

さてさて
この日、私にとって生まれて初めての野球観戦だったのですが・・・
いんやぁー
野球に夢中になるファンの方の気持ちがわかりました!^^
スポーツと私の好きなエンタメと
ジャンルは違うかもしれないけれど
夢中になる気持ちは同じかも!

野球については
本当に申し訳ないくらいわからないのですが
ドキドキワクワクな気持ちは同じ!

野球・・・楽しかったです!
こんなに楽しいのなら、また観戦したいくらい!

ビールもたくさん飲んじゃったよ。
焼きそばも焼鳥もフランクフルトもフライドポテトも・・・!(笑)
ライトアップされた夜のスタジアム、キレイでしたぁー♪
b0004691_3485225.jpg

ナント!
ゴージャスな花火のプレゼントも!
b0004691_349898.jpg

そして
試合前の特設ステージで練習した曲を
ブラストのメンバー(ベンチの屋根の上・・・)と一緒に演奏。

その間、マリンズのファンの方たちは
何やら白い風船をふくらませています・・・。
b0004691_3492473.jpg

白い風船がピューーーッと一斉に飛ばされました。
うわぁーすごい!・・・と思ってからカメラを用意したので
これはちょっと遅れてからの写真になります。^^;;
b0004691_3493647.jpg

・・・というわけで
生まれて初めての野球観戦はとても楽しいものになりました。

みんなで演奏した
『TAKE ME OUT TO THE BALLGAME』(私を野球に連れてって!)
の訳詞の中に

私を野球場へ連れてってちょうだい!
あの大歓声の中に連れてってちょうだい!


・・・というフレーズがありましたが
うーーーん♪わかるなー♪という思いです。

野球も楽しいものですね♪^^
[PR]
by maya_c | 2007-08-06 03:58 | blast(ブラスト!)
b0004691_3165224.jpg
CAのステージが終わると
ブラストのデイビッドが登場!
高度でしかもユニークなスネア・パフォーマンスを披露。
あぁー待ってましたよ、デイビッド♪
昨年のブラストは「ブラスト2」というバージョンで
石川直さんもデイビッドも出演されなかったのでチョット寂しかった。
でもでも!
今年のブラストでは戻ってきてくれました!

そして
相変わらずクールでかっこいい石川直さんが登場。
5月の鼓喇舞の時よりまた一段と素敵に!
またまた高度なパフォーマンスを魅せてくれます♪
b0004691_317715.jpg

そして!
ブラストといえば、やっぱりコレでしょう!
デイビッドと石川さんのバッテリーバトル!
b0004691_3172883.jpg
b0004691_3174293.jpg
b0004691_3175590.jpg

迫力あるお二人のバッテリーバトルが終了。

ここで
千葉ロッテマリンズのバレンタイン監督が登場。
(バレンタイン監督ってつくづく素敵なお名前です♪)
ブラストのお二人としばしトーク。

監督さんにとっては
もしかしたら試合前って
とてもこんな余裕はないのかもしれませんが
球団のファンを大切にされているんだなーと感じるひとコマでした。
とにもかくにも駆けつけてきた・・・というご様子♪
(この野外ステージでのイベントはマリンズの応援のために行われているものなのでした)
b0004691_318974.jpg

そして
これは本当になかなかできない経験だったと思いますが
楽器を持ってきたファンの方たちが
ブラストやCAの方たちと一緒に演奏を楽しむという企画もありました。
b0004691_3182361.jpg

演奏曲目は
「TAKE ME OUT TO THE BALLGAME」(私を野球に連れてって!)
マリンズの応援ソングのようです。

というか
これは練習。
本番はナント、試合中に一緒に演奏♪・・・なのでした!
b0004691_3183881.jpg

みんなでリズムに乗って揺れながら演奏。
とっても楽しそう♪

アダムの顔が赤くなっているのは
みんなより1オクターブ高いトーンで吹いているから。
さすがアダムです♪
b0004691_3185536.jpg

[PR]
by maya_c | 2007-08-06 03:45 | blast(ブラスト!)
b0004691_242756.jpg
8月1日、千葉マリンスタジアムに行ってきました!
なんと私の大好きなCA(the CRAZY ANGEL COMPANY)とブラストがパフォーマンスをするとのことで、めちゃめちゃ暑い日でしたが、頑張って行ってきました!
これは午後4時から始まったCAのステージ。
CAの皆さんは最近ディズニーシーにも出演され、残念ながらそれには行けなかったので、この日は迫力ある彼らのパフォーマンスが見られて(しかも間近で!)、めっちゃシアワセでした。
b0004691_2422254.jpg
迫力あるCAのステージ。
楽器を演奏しながら激しく動き回ります。

そして
これは珍しい!
スネアドラム×タップダンスのバトル!
b0004691_2423831.jpg

b0004691_2425023.jpg
衣装替えをして、「和」のテイストたっぷりの演奏を聴かせてくれます。
客席には外国からのお客さん(実はブラストのメンバーもたくさん!)が大勢いらしたのですが、「CA流ソーラン節」には大喜びでノリノリで踊りながら楽しんでいらっしゃいました!

バトンが加わります。
b0004691_243456.jpg

マーチングならではのフラッグも加わります。
このカラーはマリンズのカラーだそうです。
(野球のこと、まるで知らない私です・・・ごめんなさい)^^;;
b0004691_2431734.jpg

本当に大迫力のステージでした!
CAについてはこちらのサイトをご覧下さい!
b0004691_2433059.jpg

[PR]
by maya_c | 2007-08-06 03:11 | 舞台・コンサート・イベント