楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0004691_21432893.jpg
男はなぜ急に女にフラれるのか? (角川oneテーマ21 B 100) (新書)
姫野 友美 (著)



映画やミュージカルのカテゴリーが続いておりますが
超久し振りに本のカテゴリーを書きまーす。

新書です。

『男はなぜ急に女にフラれるのか?』

著者である姫野友美さんは、医学博士(心療内科医)でいらっしゃいますが
この文体の面白さは林真理子さんのエッセイのごとく
私の心をグイグイと引き付けます。

面白い!
新書を読んで声を出して大笑いしたのは初めてかもしれませんっ。
電車の中で読むのがはばかられたかも。(笑)

4年前に出版された『女はなぜ突然怒り出すのか?』の続編だそうです。
内容は重なっていないそうです。
この前作も大ヒットで10万部を突破したとか。

私は『男はなぜ急に女にフラれるのか?』を
たまたま手にとって買って読んだのですが
あまりの面白さに慌てて本屋さんに前作を買いに走りました。

おそらく今作もそうだと思いますが
前作は男性向けに書いたものであるにもかかわらず
女性の方にも多く読まれたそうです。
あぁーわかるわかる!
私はまだ前作は読んでいないけれども、それってわかるー。
なんというか
女性について書いてあるところを読んで
自分にピッタリあてはまったりして爆笑しちゃうのです。

中には
『女ってこういうものなのよ!勉強してね!』と
女性がご自分のパートナーに読ませるケースもあるとか。
うんうん、それもすごいよくわかる。(笑)

かつて大ヒットした本で
『話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く』
というものがありましたが
この姫野さんの本も
男性と女性の脳の違いについて
図で示されていて
きちんと仕組みがわかるようになっています。
そしてさらに面白い文体で楽しく理解できてしまうのだ。

そうか・・・そうだったのか・・・女脳のせいだったのか・・・と
自分の過去のふるまいや発した言葉に
げらげらと笑ってしまいました。
なんか、ほんと面白いよ!


男たちが理解できなかった女の言葉と行動の謎を解く!

・女はなぜ急に別れを切り出してくるのか?
・女はなぜ昔のことをいつまでも根に持つのか?
・女はなぜいざとなると強いのか?
・女はなぜポンポンと言葉が出てくるのか?
・女はなぜ男の「田舎暮らしの夢」を理解しないのか?
・女はなぜ男のプライドを平気で傷つけるのか?



裏表紙に書かれてあるもくじの一部を書き出してみました。

私が「まるで林真理子さんのエッセイみたい!」と爆笑したくだりは
メールについて書いてあるところ。

メールの感覚、男にとっては「手紙」で、女にとっては「会話」なのだそう。
「なぜメールの返事くれなかったの?」と女が怒る理由は何か。
忙しいというのに、いったい男性はどういうメールのやりとりをすればよいのか。
これがねー、ちゃんと書いてあるんですよー!
もうそれ読んだら爆笑しちゃうから。
読んでみて下さい!

一番印象に残った言葉が『女はバケツ、男はザル』
あぁーこのあたりも納得して爆笑しましたね。
これから先、何かあったら
『(男は)ザルなんだ・・・ザルなんだ・・・』と心の中で唱えてしまいそう。
逆に女のバケツの仕組みを知ったら、男性は怖くなるかもー。
私はただただ爆笑しましたけれど。でも当たってるがゆえの爆笑です。(笑)

バケツとかザルとか
私のこの文章じゃ意味不明でしょう・・・とにかく読んでみて下さい!^^;;

他に
『プチサプライズ』とか『ドーパミン』とか
そんな言葉の数々にも笑わせられます。

あぁーもっと詳しくいっぱい書きたいけれど
とにかく読んでみて!
面白いから!

最後までイッキに読みましたが
後半はふむふむ・・・と「気をつけよう」という思いにもなったり

なので・・・

読んでよかった!^^

この世には男性と女性しかいないのだから
お互いにもっとよく理解して
パートナーを尊重し
ずっと仲良くお付き合いしていけたらいいですね♪


「うちは大丈夫!熟年離婚なんてないから!」

と思っている男性の方!
これ、読んでおいた方がいいかも。

女ってわからないものですよー!バケツですから!(笑)
[PR]
by maya_c | 2007-10-31 21:09 |
b0004691_18222474.jpg
ノンストップ・ハッピーエンタテインメント!
ヘアスプレー



今年の夏にミュージカルを観て
この映画の到来も超~楽しみにしておりました!

ヘアスプレー、やっぱりゴキゲンなミュージカルですね。
なんといっても
主役のちょっぴり?太めの女の子、トレーシーが超キュート!

このトレーシー・ターンブラッドを演じたニッキー・ブロンスキーは18才。
この映画「ヘアスプレー」で1000人のオーディションから選ばれた
超大型新人女優さんだそう。
この映画出演が決定するまで
あのコールド・ストーン・アイスクリームでアルバイトをしていたらしいですよ♪
歌も上手だし、トレーシー役にピッタリのシンデレラガールですね!

そしてそして
とにかくこの映画で話題を集めていたのが
あのジョン・トラボルタ!
トレーシーのママ役、エドナ・ターンブラッドを演じています☆

サタデー・ナイト・フィーバーやグリースのあのジョン・トラヴォルタが
特殊メイクでめっちゃ太めの女性に変身。
このミュージカルでも大きな役割を果たすトレーシーのママ役を
見事に演じられています!
なんといってもジョン・トラヴォルタですから
太っていてもそのダンスにはキレがあって、カッコイイ!
それでいて
めっちゃ可愛くてキュートなママを
彼なりのアレンジで・・・
うーーーん
ブロードウェイ来日ミュージカルの舞台で観たエドナママよりも
すっごくキュートで・・・
思わず抱きしめたくなっちゃうような可愛いママでしたよ♪

パパ役のクリストファー・ウォーケンもこれまたGOOD!
とくに彼のおもちゃ屋さんでのシーンは面白かったですねー。
ママにどんなに反対されても
パパは優しくそっとトレーシーの背中を押してくれる。
トレーシーはあのパパとママがいるから
あんなに元気で前向きで可愛い女の子なのですねー♪

他に、映画『シカゴ』で、あのママ・モートン(!)を演じた
クイーン・ラティファにも釘付けになります。

トレーシーのお友達の面々もゴージャスですよー!

あぁーーー
これはもう1回観に行かなくては!(笑)

『レント』にしても
『シカゴ』にしても
『ドリームガールズ』にしても
ミュージカル映画って最低2回は観に行ってしまいます。^^;;

1回目はとにかく作品や音楽を全体的に楽しむ。
2回目はひとりひとりのキャストや1曲1曲をじっくりと楽しむ。
3回目は・・・おっと、キリがないので2回でやめておきましょう。(笑)

ヘアスプレーは
主役が10代の女の子なので、10代の方にもぜひ観て欲しいミュージカル!
トレーシーの明るさ、前向きな気持ち、正義感!
私たち大人も見習うべきところがたくさんあります。

人種差別を描いている映画ではありますが
そんな問題にも
自分の正直な気持ちを信じて果敢に立ち向かっていくトレーシーに
観客は応援したくなっちゃうんですよね。

あぁー、次に映画を観たら
きっとサントラ盤を買ってしまいますね。
今回、劇場では売り切れでした。^^;;

毎朝、トレーシーの
"GOOD MORNING BALTIMORE"を聴きたいな!
映画の冒頭のシーンですが
めっちゃ爽やかなスカッとした気分にさせてくれます。
他にも聴きどころが満載!

映画『ヘアスプレー』
元気がいっぱいもらえる楽しいダンス・ミュージカルです♪


映画『ヘアスプレー』のサイトはこちら
[PR]
by maya_c | 2007-10-24 19:02 | 映画
b0004691_12531881.jpg

驚異の水の演出!ステージが一瞬にして水に変わる!
ユーミンスペクタル シャングリラⅢ~ドルフィンの夢


もっと早くどんどんレポートを書いていきたいのですが
今頃になってシャングリラのエントリーをアップ。
(遅っ・・・)
でもでもこれはもう思い出に書き残しておかなくてはっ!!!
・・・なのです☆

7月は横浜アリーナに
そして
9月は代々木体育館の追加公演に
今回のシャングリラⅢは
トクにトクに素晴らしくて・・・2回も観に行ってしまいました。

アリーナに一歩入ると、会場全体が海のイメージ!
まるで海の中にいるよう♪
入場と同時に
シャングリラⅢ「ドルフィンの夢」の世界に入り込んでしまいました。

アリーナ中央に位置する360度センターステージ。
このステージがもうお見事!
あっという間にプールになったり、床ができてステージになったり・・・
すごいなー!

相変わらずやるなー!・・・というユーミンのステージング。
それにしても
想像以上に素晴らしいものでした。

今回のシャングリラは
ストーリー性をもたせたため
それを大事に考えられた選曲で
かなり懐かしいナンバーもたくさんありました。
それがまたショーにピッタリで!
1曲目からどんどん引きこまれていく選曲でした。

お気に入りのシーンはどれだったかというと
私は『時のないホテル』のシーンが嬉しかったですね。
ユーミンもカッコよかったし
アクロバットのシーンがどきどきでした。

そういえば
私の初めてのユーミン体験が
「時のないホテル」のアルバム・ツアーだったのですが
あの時はステージにホテルを作ってしまって・・・
うーーーん
私のエンタ好きは、間違いなくユーミンのコンサートの影響ですね。

ステージ上では
ユーミンの歌はもちろん
様々なアクターたちによるショーが繰り広げられ・・・
ダンスだったり、アクロバットだったり、サーカスだったり、シンクロナイズドスイミングだったり・・・。

ホント
上見て、下見て、またまた上見て、驚いて☆・・・という感じ。^^;;

またそれが
一瞬たりとも、1センチたりとも狂わずに
ユーミンの音楽にピッタリと動いて・・・
照明も舞台装置も・・・
ホントにすごいなーーー☆

最終日間近の代々木公演では
横浜でちょっと間延びするなーと感じたシーンに
たくさんの大きな風船が最上階から落ちてくる、という演出が加わっていて
もう一瞬たりとも息をつかせないくらいの
素晴らしいものとなっておりました。
ショーってやっぱりナマモノ!
2回行けてラッキーでした。

あぁーユーミンって
やっぱり特別な存在だなーと改めて思いました。

なんちゅーか・・・もう神様!!!^^

ユーミンのショーをリアルタイムで観れることの幸せ!
もっとかみしめないといけないな。
この時代に生を受けて、ホントによかったよ♪

1999年、2003年、そして今年と
シャングリラももう3回行われたのですね。
どれも印象的なシーンをはっきりと覚えているけれども
今年はトクにセンターステージだったので
どこのシートからも見やすくてよかったんじゃないかなー。

夢の世界でした。

世界水泳金メダリスト女王、ヴィルジニー・デデュー(フランス)と
日本シンクロ界のトップスター竹田美保さんも出演。
素敵だったぁー☆

デデューのシーンは本当に美しくて・・・
そこに本物の人魚姫がいるようで・・・
ユーミンの『人魚姫の夢』の世界には涙があふれました。

人魚姫デデューは
ユーミンのCDについているDVDでも堪能できます。
このDVDにも感動でした!

他にも
素晴らしいサーカスアクターの方たち
ダンサーの方たち
バンドの方たち

そしてもちろん、ユーミン!

それから
それから
正隆さんやスタッフの方たち・・・

本当に素晴らしいお仕事ですよね♪

こんなにBIGなショーを届けて下さったことに
心からありがとうだなぁー!
本当に本当に・・・ビックリな夢のひとときでした♪
[PR]
by maya_c | 2007-10-24 13:53 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_11573879.jpg

『かもめ食堂』のキャストとスタッフがふたたび集まった映画『めがね』の舞台は、この世界にどこかある南の海辺。 人生の一瞬にふと立ち止まった女性が、訪れた場所に流れるのどかな時間と、そこで出会う人々との奇妙なふれあいを通じて、日常の中で見失いかけていた何かを取り戻していきます。
最近、旅をしていますか? 胸を張ってひとりで、大切な人と一緒に。 映画『めがね』のなかにきっとみつかるあなただけの海で、心ゆくまでたそがれどきを過ごしてください。
(映画『めがね』リーフレットより)



パソコンが起動しないハプニングに陥りながらも
休日は休日として満喫しておりました。
渋谷に出かけ、映画『めがね』を観てまいりました。

この映画!
素晴らしいですね!

こういう鑑賞の仕方って、初めての感覚だったかも☆

何があるわけでも何が起こるわけでもなく・・・
ただ美しい空と美しい海の風景に癒され、たそがれる人々に癒され・・・

この映画を観て寝ちゃった・・・という方がいるようですが
この映画に限り
寝てしまった、というのは褒め言葉になるような気がします。
うーーーん
もしかしたら、もしかしなくても・・・
マッサージよりも温泉よりも
リラクゼーション効果がある映画なのかもしれません。^^

『かもめ食堂』は観ていないのですが
かなりお奨めされていて・・・
この『めがね』を観て、なるほどなーって思いました。
『かもめ食堂』もぐっと観たくなりました。
ファンの方、たくさんいらっしゃいますよね!

小林聡美さん、もたいまさこさん、もうとにかくとにかくイイ!

あぁー私を呼び寄せてくれてありがとう!ってお礼を言いたいくらい
不思議な不思議な・・・
あぁーホントにありがとう!な映画でございました。

映画では滅多に買わないパンフレットも購入。
これがまた
お洒落なパンフレットなのですよー。
映画のパンフレットを買って
こんなに「あぁー嬉しい♪」って思ったのって初めてかも。
・・・な感じのパンフレット。

帰りにカフェに寄り
映画の余韻に浸りつつ、表紙を眺めておりました。

映画を観ている私も
一緒にあの美しい島を旅しているような
そんな気分になり
素敵な素敵な休日になりました♪

日常の慌しさ、忙しさに走り回っている方、疲れているなーと思う方は
ぜひぜひ、映画館に旅に出かけてみて下さい!

『めがね』・・・不思議なリラクゼーション効果のある映画です。^^


写真は帰りに寄ったカフェにて。
このレアチーズにも癒されました・・・レアチーズに金色のハチミツがかかってるの。
手前にあるのが映画『めがね』のパンフレットです。
b0004691_1220574.jpg



映画『めがね』の公式サイトはこちら!
[PR]
by maya_c | 2007-10-24 12:26 | 映画
b0004691_18464242.jpg


うっわぁー
私としたことがっ!

大大大・・・だぁ~~~い好きなブラストの今年のレポートを
まだアップしておりませんでしたわん。
(><)

今年はショーには1度しか行かなかったのですが
(フツー、1度ですよね・・・(笑))
千葉マリンスタジアムでめっちゃフレンドリーなブラストの皆さんを
目の前で見れたので
しかも、大好きな石川直さんとデビッドのバッテリーバトルが
目の前で見れたので
ショーは1度で我慢です。^^;;

今年のショーは
『ブラスト!ブロードウェイ・バージョン』というタイトルで
大好きなブラストのステージが
さらにゴージャスになって登場したのでした。

内容や演奏曲は変わっていませんが
人数が多くなったりして
音楽もさらにさらにパワーアップしていました。

まだブラストを体験していないお友達に
今年のブラストのショーは
絶対に見逃させちゃいけないわ!!!・・・と
お友達、大勢で出かけました。(笑)

初めてブラスト体験したお友達も大満足!!!
私も超~~~大満足♪
o(^0^)o

インターミッション(休憩時間)のパフォーマンス
ラッキーなことに一番前で・・・!
正面の階段には座れなかったのですが
真横の位置に座れたのでした。
その模様をお友達がアップしていらっしゃるので
リンク貼りますね♪
(途中で私の声も入ってますが(笑))

こちらです!

デビッドは日本語が上手になってる・・・

一昨年の公演の時に
少し日本に残って、お勉強していらっしゃったようです。

ジョーイも相変わらずお茶目で・・・
パーカッション・メンバーの皆さんは
トクに人気ですよね♪

来年はブラスト2のショーで
内容が今年のものと変わります。
(去年と同じショーになります)

去年と同じパターンだと
来年のブラスト2のインターミッションでは
アダムたち管楽器のメンバーがパフォーマンスされるので
それもまた楽しみですね!

今年もブラストで
熱い熱い夏を過ごせました!


今までのブラストに関する記事はまとめてこちらでご覧になれます。
[PR]
by maya_c | 2007-10-19 18:49 | blast(ブラスト!)
b0004691_22572871.jpg


久し振りのエントリーです。
なーんと
パソコンが起動しなくなるというハプニングがありまして・・・
ずっとパソコンが使えませんでした・・・。

ハードディスクをまるごとお取替え・・・
(><)

まだまだ元の状態には追いつかないけれども
何とかインターネット面では復活しつつありまーす。

もうアップしたいレポートがたくさん!
ウズウズしておりました。

とり急ぎ
今日観てきた映画
『エディット・ピアフ 愛の讃歌』の素晴らしさをご報告~♪

今日は時間的な理由で
違う映画を観ようかと思っていたのですが
この映画を「今日」観れてよかった!
まだ観ていないお友達に
こうして映画の上映中にご紹介&お薦めできる♪

エディット・ピアフの歌であった「愛の讃歌」は
子供の頃にエレクトーンで弾いて知っておりましたが
エディット・ピアフという彼女の存在については
恥ずかしながら今日、この映画によって知りました。
そして
シャンソンについても・・・。

あぁーシャンソンってまさに「愛」なのですね。

愛を求め、愛に傷つき
愛を歌い続けた47年の人生・・・

愛の歌は、まさにピアフの生き様、人生そのものなのですね。

子供時代のピアフから生涯を終える間際のピアフまで
かっこいいところもそうでないところも
ありのままが描かれています。

愛に迷いのある女性とか、愛に自信が持てない女性とか・・・
ものすごい力をもらえるかも!

ひとを愛したことのある大人の女性、いえ男性にも
ぜひ観てもらいたいお薦めの映画です!

ピアフの愛のメッセージをぜひ受け止めて下さい!

ピアフの言葉・・・手帳に書き留めました!
大切にしよう!

(どんなメッセージかは・・・映画を観てね♪)
[PR]
by maya_c | 2007-10-18 22:58 | 映画