楽しいエンタメのレポートと、アメリカ写真をアップしています!


by maya_c
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

b0004691_22593479.jpg
阿部寛さんの好演が話題になっている『自虐の詩』を観てまいりました。
渋谷パルコ3にて。

無口で乱暴者、元ヤクザでパンチパーマ・・・
これはまさしく阿部ちゃんの新境地だと話題になっていますが
この映画の主演は実は中谷美紀さん。

「嫌われ松子」の映画はまだ見ていないのですが
役柄的には松子もこの幸江も通じるものがあるような・・・
力のある女優さんですね。

評判通りの面白い映画でした。
阿部ちゃん演じるイサオのシーンが面白くて
平日の1回目上映という時間でがらがらだったこともあり
声を上げて思い切り笑ってしまいました。
何回も。^^;;

原作は、週刊宝石で連載されていた4コマ漫画だそうですが
「日本一泣ける4コマ漫画」と大絶賛された伝説の漫画だそうですね。
漫画も機会があったら見てみようと思います。

通天閣を見上げる大阪の下町が舞台。
ドラマで見たような「大阪のおっちゃん」や「大阪のおばちゃん」が
たくさん登場します。
中でも印象的だったのが
隣人の世話好きなおばちゃん役のカルーセル麻紀さん。
いい味出していらっしゃいました!

コントの連続のような展開に笑い転げているうちに
最後にはふたりの愛に泣かされている。
そんな映画でした。
[PR]
by maya_c | 2007-11-29 23:01 | 映画
b0004691_172119.jpg
JACARANDA
MASANORI SERA
TWIST INTERNATIONAL


画像は世良さんの新譜であるアコースティックアルバムです。
ツイスト時代の
「あんたのバラード」「性-さが-」「宿無し」「銃爪」「燃えろいい女」をはじめ
新曲も収録されていますが
全て全てアコースティックの構成で歌われています。
ツイスト時代とはまた違った
大人の魅力がいっぱいの世良さんのアルバムです。
(もう1枚気になっているアルバムがありますが、それは最後にご紹介・・・)

そんな大人な世良さんの
アコースティックライブに行ってまいりました。
世良さんは大好きだったのですが、ライブに行くのは初めて。

きっかけは朝の番組(とくダネ!)の朝ヒットのコーナーでした。
アコースティックギター1本で
かつてのヒット曲を力強く歌う世良さんにキュン。
相変わらずカッコよくて色っぽくてセクシー!

番組の中でライブの告知をされたのですが
偶然にもそのライブ場所が
娘っちと行ってみたいよねーと話していたクラブ・イクスピアリで。
一緒にテレビを見ていた娘っちと
『おっ、ピアリだって!行ってみよっか?』ということになり
世良さんライブ、そしてクラブ・イクスピアリ、同時にデビューとあいなりました。

b0004691_2054133.jpg
イクスピアリのツリー。
いつも下から撮るのですが、今回は上の階から撮ってみました。
携帯で撮ったのですが、わりとお気に入りの1枚に。

b0004691_2055384.jpg
クラブ・イクスピアリの入口。
イクスピアリの4階にあり、素敵な入口でした。

中に入ってコートをクロークに預けて、ホールへ。

自由席ということでもうほとんど埋まっていましたが
お腹が空いていたので
バーコーナーで飲み物と軽食を買って
その近くにあったテーブルで立って食べていたら
クラブのスタッフの方が椅子を持ってきて下さいました。
そのままそこからライブを鑑賞。

客席よりも一段高くなっているし
後ろには誰もいないし
興奮すると踊ってしまう私(笑)にとっては
ベストポジションでございました。

世良さんのアコースティックギターによるソロに続き
ピアノの方が加わり
それからピアノと交代で
エレキギターやアコースティックギターの方(外国人ミュージシャン)が加わり
たくさんの曲を届けて下さいました。
私が知っているのはツイスト時代のヒット曲だけでしたが
それ以外の曲もずっしりと心に響いてきました。
ミュージシャンの方たちもすごく素晴らしかったです!

世良さんって
めっちゃカッコイイですねー!
いや、カッコイイのは昔から知っていましたが
ギターもボーカルもトークももちろん外見もとにかくカッコイイ!
はぁー
大人で色っぽくてセクシーで・・・惚れちゃいましたよ。^^;;

「銃爪」やラストの「燃えろいい女」などでは
もう立ち上がって弾けまくっちゃいました。

『まぶしすぎる~(ジャン!)おまえとの~出会い~♪』
の(ジャン!)のところでは

キャーーー!!!
世良さんったら私を指差してくれてるわ!!!(ハート&キラキラ)

と、大きな大きな勘違いをし。(笑)^^;;

私も思いっきり世良さんを指差して・・・へへっ。

あぁー100点満点のライブだったと思います。
今年のエンタで一番弾けたかも☆

世良さんのツイスト時代はもちろん知らず
そのずっと後に生まれた娘っちと行ったわけですが
あんなにカッコイイ「大人」を見せられて
チョッピリ自慢だったかも。^^

青春があの時代でよかったなぁー!

私も頑張ろう!
世良さんからそんなパワーもいただきました。

終わってロビーに出てから
アコースティックアルバムのJACARANDAを購入したのですが
もう1枚気になるアルバムがありました。

こちらです。
b0004691_20455414.jpg
WE ARE GUILD9

日本を代表するミュージシャンの方たちと
世良さんの力強いボーカルで作られているそうです。

ライブの中で世良さんが「ノムラヨシオ・・・」と言っていらしたのですが
このアルバムに野村義男さんが参加されているのですね。
野村よっちゃんのギターもいつかナマで聴いてみたいなぁー!

というわけで
CDのコーナーのスタッフの方が
こちらのアルバムもかなりお奨めして下さったのですが
とりあえずアコースティックの方を購入。

クラブ・イクスピアリもいいですねぇー♪
また何かあったら行ってみたいな。


クラブ・イクスピアリのサイトはこちら

世良公則さんのサイトはこちら
[PR]
by maya_c | 2007-11-29 21:14 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_215756100.jpg
山崎まさよし COVER ALL HO!


FMから流れてきた『M』を聴いて
一目惚れならぬ一耳惚れ。(一聴き惚れ?)
それからまた別の時に
『あなたに会えてよかった』などの曲も流れて・・・
あぁーこれは『買い!』だなと。

で、CDショップに行ったのですが
どういうわけかこの日、店頭にCDラックが並んでいて・・・
残り1点限りのお買い得なCDラックを買ってしまい・・・
お財布の中身が足りなくなり断念。

でもでもやはり諦めきれず、本日お買い上げ~!

あぁーもっと早く買っておけばよかった。
このアルバム、最高です!

山崎まさよしさんって
オリジナルもそうですが
切ない歌が本当に似合いますよねー。

あぁー、惚れました!

切ないだけでなく
1曲1曲がしっかりと山崎まさよしさんのものになっていて
アレンジもとても凝っています。
アルバム制作に関わっていらっしゃる全てのミュージシャンの方に
大きな大きな拍手です!

山崎まさよしさん初のカバーアルバムだそうです。

同じ日に邦楽と洋楽のカバーアルバムを出されていて
この邦楽のカバーアルバムタイトルは『COVER ALL HO!』となっていて
洋楽の方のカバーアルバムは『COVER ALL-YO! 』となっています。

YO!HO!、できればふたつとも買いたかったのですが
今日は槇原クンのアルバムも買いたかったのでガマン。
(山崎さんのこのアルバムが良すぎちゃって、こちらはまだ聴いていません・・・)

でもでもAmazonのレビューを見ても
YO!HO!どちらも
皆さんめっちゃ賞賛していらっしゃって5つ星をつけていらっしゃるので
こちらも『買い!』は決まりですね!

さてさて
収録されている曲なのですが・・・

そうそう、収録曲について書く前に

このYO!HO!ふたつのアルバムのジャケット写真が
とってもユニークで
CDショップでまじまじと見比べてみたのですが
ホントに考えられてますよねー
・・・面白い!

まず洋楽のYO!の方は、レストランの山崎シェフとなっていて
邦楽のHO!の方は、割烹料理店の山崎料理長となっているのだ。

私は今日は邦楽の方しか買っていないので
中身はHO!の方しか見れないのですが、中の写真もめっちゃユニーク。
役者さんですねー。
これはYO!の方も見たくさせますね。(笑)

そんなわけで
収録曲のタイトルは料理のメニューのようになっていて・・・

YAMAZAKI masayoshi ; COVER ALL HO!
(収録曲)

1.M
~BLUESを逢わせてみました
2.ケンとメリー~愛と風のように
~料理長のお任せ仕込み
3.Sweet Memories
~声のミルフィーユ仕立て
4.月
~和の頂きを目指して
5.さらば恋人
~デトロイト風に
6.トランジスタ・ラジオ
~厳選した素材の二点盛り
7.大きな玉ねぎの下で
~あの頃の涙を添えて
8.アンダルシアに憧れて
~アツアツに炊き上げました
9.あなたに会えてよかった
~気まぐれディレイをふんだんに
10.いかれたBaby
~音楽の恵みをこの曲に

Amazonでの森朋之さんの紹介文に
『原曲という"素材"に新鮮な味付け(アレンジ)を施すセンス、そして、ボーカリストとしての幅広い表現力が楽しめる。』
とありますが
まさにまさにこのセンテンスのとおり!

私は
アレンジはもちろんのこと
トクに
この山崎まさよしさんの幅広い表現力にビックリでした。
素晴らしいボーカリスト!素晴らしいアーティスト!なんだなぁーと!

『M』をラジオで初めて聴いた時に
原曲は誰が歌っていたのか思い出せなかったくらいに
あぁー『大きな玉ねぎの下で』もめっちゃ切なくなりますね。

あぁーーーー
もうどうしよう。
どの曲もどの曲も
たまらなくGOOD!ですよ!

お奨めです!
胸キュンです!

山崎まさよしさん、気になる存在ではありましたが・・・
惚れました!
惚れ込んじゃいました!

あぁーーーー
興奮だわ。
今夜は眠れそうにないわ!^^;;
[PR]
by maya_c | 2007-11-16 23:16 | 音楽・CD
b0004691_12552721.jpg

日曜日に味の素スタジアムで開催されたドラムコーのイベントについて
こちらの記事の続きですー♪

さてさて!
気持ちが盛り上がっているうちにDCJチャンピオンシップの続きをば♪

写真は味の素スタジアムに到着したところ。
当日の写真はこれ1枚きりです。

とってもキレイなスタジアムなんですね。
ラッキーなことに
午前中まで続いていた雨も止み・・・♪

雨天決行ということでしたが
味の素スタジアムには観客席に屋根もあるので大丈夫。

開演時間に遅刻してしまい
これがとっても悔いを残すことに・・・。

プログラムは以下の通り。


Ⅰ、エニーキー部門
Silver Arrow Marching Band
GENESIS
SENDAI Verdures
星野学園マーチングバンド
神奈川県立湘南台高校吹奏楽部 White Shooting Stars ★

Ⅱ、ドラムコー部門(DIVISION 2)
Legend of ANGELS
Jokers ★
Phoenix Regiment
Sonic Lancers
Cherry Blossoms
Imperial Sound

Ⅲ、ドラムコー部門(DIVISION 1)
Tokyo Phoenix
The Yokohama Scouts
Yokohama Inspires ★

(※ ★印は今大会で第1位だったチーム)


今年から新しく「エニーキー部門」というラインナップが増え
今まではDCJに出場されていなかったマーチングチームが参加されていました。

エニーキーというのは「色々なキー(調)」という意味ですね。

詳しいことは私もよく説明できないのですが
ドラムコーというのは、ドラム&ビューグルコーと言って
ビューグルという楽器を使っているそうです。
そしてこのビューグルという楽器は基本キーがG(ト長調)なのだそうです。
(このあたり、ご指摘をいただいたら訂正させていただきます・・・)
なのでG以外のキーの楽器で編成されているチームは
今までこの大会には出場できなかったのですが
今年からこのラインナップが増えたことで出場できるようになったのですね。

エニーキー部門には5つのチームが
ドラムコーのDIVISION2には6つ、DIVISION1には3つのチームが
出場されていました。
DIVISION1と2は、編成されている人数に違いがあるそうです。

残念ながら遅刻してしまった私は
エニーキー部門を見逃してしまったのですが
こちらもとても素晴らしかったそうです!
あぁー後悔。

そして
DIVISION2→1と観戦させていただきましたが・・・

いやぁー
スタジアムでの鑑賞って気持ちがイイですー!!!

体育館と全然違いますね!
気分も開放的になるし
あのフィールドや大空に響き渡る音は最高なんですね!!!

全体的に年々レベルアップされていて
このDCJのチャンピオンシップというイベントそのものが
ひとつのエンターテイメントとして楽しめるようになっていると思います。

観客の私たちに
『魅せてくれる』『楽しませてくれる』のがDCJの魅力ですね。

このブログを始めてから
DCJに参加されているチームの方と知り合うことができて
今年は3つのチームにお友達がいたので
そういった場面でも楽しめました。
(が、お友達の動きを追ってしまうと全体的に楽しめなくなるのが難点といえば難点。なんて贅沢な悩み!(笑))

どのチームも本当に素晴らしかったです!
それぞれにカラーがあってどれも魅力がいっぱい。
来シーズンもまた楽しませて下さいねー!

今年はスタジアムで行われたので
だんだん空も暗くなってくるとフィールドがライトアップされて・・・
うわぁーーーキレイ!!!
これは皆さんにもぜひ味わって頂きたいですー。

このチャンピオンシップで私が好きなシーンが閉会式。
全ての出場チームが入場し並んでいるシーンは壮観です!
トクに今年はスタジアムでの開催で
閉会式の時間にはライトアップされていたので
夜空のもとキラキラ光る楽器や衣装がとっても素敵でした。

チャンピオンとなったチームのドラムメジャーさんの指揮のもと
出場チーム全体で演奏するシーンは感動的ですよね。

そしてそれぞれのチームが退場したあと・・・

チャンピオンとなったチームが
ウィナーズコンサートを行うのです。

勝利者の演奏!
これがまた盛り上がるのですね。
私も前の方に移動して・・・大興奮でしたー。

また惜しくもチャンピオンにならなかったチームの皆さんも
そのウィナーズコンサートを楽しむ姿がまた素敵!
客席もスタンディングで声援を送ります。

今回一番印象的だったのは
DCJの会長さんのご挨拶のお言葉・・・

『スタジアムでのチャンピオンシップはいかがでしたか?
スタジアムでの開催はかねてからの強い願いでもありました。
本来、ドラムコーもマーチングバンドも
そのダイナミックなサウンド、その動きを表現する場所は
インドアでなく野外フィールドで開催されるものです。
15年間、僕たちはこれがやりたくて、日々頑張ってきました。
ドラムコーの魅力を継承するためにもDCJはできる限り
フィールドでの開催をしていきます。
客席の皆さん、来年はひとりが「ひとり」連れて観にきて下さい!
これからも応援宜しくお願いします!』

客席からもあたたかい拍手。

そうですね!
ひとりがひとり、あるいはひとりがふたり以上・・・

もっともっとたくさんのお客さんに来て頂いて
こんなに素晴らしい音楽の世界があるということを
知っていただいて楽しんでいただかないと!

チケット入手困難になっちゃうくらい
味の素スタジアムでのDCJチャンピオンシップが
人気のショーイベントになるといいなぁー!

というわけで
また来年を楽しみに・・・♪


来年のための覚書・・・
・オペラグラスを持って行くべし。
・保温できるポットで温かい飲み物を持って行くべし。
・風はなくても晴れていても数時間経つと冷えてくるので、モコモコで行くべし。
・寒い日はカイロも持って行くべし。
・手袋、マフラーも持って行くべし。
・今年はひとりで行ったけれど、来年は大勢で行くべし!!!
・開催前にブログで宣伝するべし!!!
[PR]
by maya_c | 2007-11-14 14:19 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_215236100.jpg
DCJ All Japan CHAMPIONSHIPS 2007 @AJINOMOTO STADIUM


アメリカに行ってマーチング(ドラムコー)の大会を観たい!

これが私のひとつの夢でもあります。
アメリカのあの澄んだ青空のもと
広いスタジアムに響き渡る金管楽器や打楽器の音と
フィールドを演奏しながら動き回るあのフォーメーションと
それを楽しむ観客たちの歓声をナマで体験してみたいのです。

でもでもー!!!

日本でもとうとう始まりましたよーーー!!!

今までは体育館で開催されていた
DCJ(ドラム・コー・ジャパン)のチャンピオンシップが
昨日、味の素スタジアムで開かれたのです。

私は「ブラスト」や映画「ドラムライン」をきっかけに
マーチングやドラムコーの世界に興味を持ち
このブログにあれやこれやと書き綴っていたのがきっかけで
実際にマーチングやドラムコーに携わっていらっしゃる方と知り合う機会に恵まれました。
(それにしてもあらためてインターネットの持つ力ってすごいと思います!)

その方たちのおかげで
このDCJの存在を知ることになり
チャンピオンシップ(全日本大会)に足を運ぶのは
昨日で4回目となります。

しかしながら
今までの開催は体育館。
もちろん大好きなドラムコーなので毎回大きな感動はありましたが
昨日のスタジアムでの開催・・・
フィールドに響き渡るドラム&ビューグルの音は体育館のそれと全く違う!
演技をされている皆さんの動きものびのびと
緊張感の中にも心から楽しんでいらっしゃるような
そんな感じにお見受けしました。
何より今までと違うと感じたのが演技中の観客の歓声!
心からショーを楽しんでいるようでした。
(もちろん私も!)

だんだん日が暮れてきて
スタジアムがライトアップされると
照明に楽器や衣装がキラキラと輝いて・・・
美しかったなぁー!
なんだか夢の中の1シーンのようで感動的でございましたよ。

残念ながら
写真やビデオでの撮影が一切禁止となっていて
あのカッコよさをブログ上で写真でお伝えできないのが残念っ!

それでもスタジアムでのドラムコーの魅力を
なんとかしてお伝えしたいぞ・・・

というわけで・・・

これはお友達にいただいたアメリカのフィールドの写真。
フットボールの試合の中の1シーンですが、マーチングのシーンです。
b0004691_0492769.jpg

b0004691_0494945.jpg



そして
これは私が初めてDCJの大会を観た時のもの。
場所は横浜の体育館です。
b0004691_0533298.jpg

b0004691_0522394.jpg


ドラムコーの演技は本当に迫力があってカッコイイのですが
フィールドと体育館と・・・
この雰囲気の違いがわかりますよね♪
(まぁーアメリカの写真とはまだまだ観客の数など違いがありますが・・・)

日本でもチャンピオンシップがスタジアムで開催される!
この情報を知った時は嬉しかったなぁー!
なんといっても
スタジアムでショーを観るのが夢だったので!

私を含め
マーチングやドラムコーが
一般の方たちにも知られてきているのを感じますが
もっともっと大勢の方たちにこのショーを楽しんで欲しい。

トクに子供たちにも。
音楽の楽しさ、演奏することの楽しさ、きっと伝わるはずです。
学校の遠足や行事に取り入れてあげたら
素晴らしい音楽教育になると思うし
子供たち自身も楽しめると思うけどなぁー!

マーチングやドラムコーのショーは
エンタ好きの方には
ぜひとも楽しんで欲しいショーなのです。

音楽もダンスも演技も楽しめる!
マーチングやドラムコーってミュージカルに共通する部分が
たくさんあると思っています。
もともと日本人はミュージカル好きが多いのだから
きっと楽しめるはず。

全体的なレベルが年々高くなっているのは
素人の私が見ても感じます。
それと
このDCJチャンピオンシップというイベントそのものが
ひとつのショーとして完成度が高いものになってきています。
トクに昨日は
アナウンスも英語の男性の方で
DJ赤坂さんみたいなMCでめっちゃ盛り上がりましたよね。

エンターテイメントとして誰もが楽しめるショーのひとつだと思います。

しかも
スタジアムでの観戦というのはワイワイとカジュアルに楽しめる!

来年の開催が今から楽しみです!
スタジアムの雰囲気を知ってしまったので
もう体育館には戻れませーん。(笑)


さて!
ショーの内容や
感動的だったシーンがいくつかあったので
また次のエントリーでご紹介しまーす!→こちらに続きます!


(DCJのサイトはこちら
[PR]
by maya_c | 2007-11-12 23:55 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_15283355.jpg

とっても久し振りに
クリスマス写真をアップしまーす!

舞浜では
ランドやシーのパークが
クリスマスシーズンを迎えると同時に
イクスピアリはもちろんのこと
周辺のホテルも一斉にクリスマスモードになります。

・・・というわけで

クリスマスイルミネーションを見るために
舞浜のホテル探検へ出かけました。
(探検はオーバーか)^^;;

しかーし!
デジカメを忘れてしまいました。(涙)
バッテリーがなくなりそうでヒヤヒヤしながらも
携帯カメラでの撮影です。
ぐすん。

舞浜の駅に到着。
まずは、イクスピアリのクリスマスツリーをチェック。
ブルーのツリー。
キレイ♪


リゾートラインに乗り
お隣のステーションで降り、まずはヒルトンへ。

うっわぁー!すごい!
b0004691_15314165.jpg
ちょっと写真ではキレイさが伝わらないと思うけれども
見事にキラキラだよー♪

うきうきしながら中に入ると・・・
いやもう入る前から・・・
もぉー
「どうだぁーーー!!!まいったかぁーーー!!!」と言わんばかりの
クリスマス・クリスマス・クリスマス・・・。

期間限定で世界中のサンタクロースが飾られているのだ。
b0004691_15334319.jpg
この写真の右の方に、小さなサンタさんの人形がいっぱいあるのわかるかな・・・
これ、世界中のサンタさんなのです。

ホントはもっとじっくりゆっくり眺めたかったけれど
腹ぺこには勝てず・・・
レストランへ直行。
クリスマスモードをしばし忘れて
まずはバイキングでお腹いっぱい食べました。(笑)

ヒルトンはスタバがあったりするので
宿泊や食事の予定がなくても
なんとなく気軽に入れるイメージがありますね。

レストランではスイーツコーナーの近くのテーブルでした。

外国人ファミリーもたくさんこのレストランを利用されていて
可愛い子供たちがスイーツのコーナーに集まっていました。
(子供が大好きなものは世界各国共通ですね、いや大人もか。)^^;;

そうそう
日本人の5才くらいの男の子が
スイーツコーナーのシェフに
『ミッキーの形のアイスクリームください!』と注文していたよ。
そんなメニューはないのに!(笑)
シェフは困っていらっしゃいましたが
『じゃーミッキーのシールください!』と男の子から交換条件も出たところで
(この子、なかなかのディズニー通!パークではキャストに言うとシールをくれるんですよね。(笑))
『シールは持ってないからなぁ・・・どうしよう・・・』と言いつつも
ティースプーンなども使いつつ
ミッキーのアイスを作っていらっしゃいました。
さすが!!!
これぞ真のサービス!!!
心の中で拍手をしておりました。^^
ミッキーのアイスクリームをもらった男の子は
ニコニコして『ありがとう!』と大きな声で。
この子もイイコでした。

お腹いっぱいゴチソウを食べて
スイーツも何種類か食べて・・・
(食後のコーヒーはぐっとガマン!)

もう一度入り口に戻り
サンタクロースを眺めながら歩きました。

おや!
ラウンジの入り口に大きなサンタさんが寝そべってる!
b0004691_15323882.jpg


他にもゆっくり見たい展示物がたくさん!
これはまた近いうちに
これを目的にゆっくり見に来よう。

今日は別のホテルにも行ってみたかったので
ヒルトンはこれでおしまい。

さてヒルトンを出て右方向へ。
b0004691_15341044.jpg
少し離れたところからヒルトンを眺めるとこんな感じでした。


ヒルトンのお隣は、オークラ。

うっわぁーーー!!!オークラもキレイ!!!
ホテルまでの道もめっちゃ素敵。
ホテル前にはこんなに美しいイルミネーションがありました。
b0004691_15342933.jpg
これは3人の天使(妖精かな・・・)だと思われます。
このイルミネーションは消えたり少しずつ点灯したりするので
ずっと見ていても飽きない!
しばしの間、見惚れておりました。

中にも入りたかったけれども
ヒルトンでゆっくりし過ぎたので諦めて(また今度・・・)
またまたお隣のシェラトンへ。


シェラトンのイルミネーションは
トナカイたちでした。
b0004691_15345659.jpg


中に入って
ヒルトンでガマンした食後のコーヒーを
こちらでいただきました。

もっといくつかのホテルを楽しみたかったのですが
この日はあまり時間がなくて・・・

第1回・舞浜ホテルイルミネーション探検はこれにて終了。
(ちなみに第2回があるのかは不明・・・)^^;;

パークも楽しいけれど
周辺ホテルをお散歩するだけでも
クリスマスイルミネーションがかなり楽しめます。

まだクリスマスにはチト早いですが
12月に入るとさすがに寒くて
夜のお散歩はつらいかもしれないので
今くらいの時期がよいのかも。

他のホテルはまだ見ていませんが
ディズニー直営のホテルはもっとすごいのかなぁー。

お散歩つきのお食事デートにお奨めですよー♪

・・・というわけで
携帯カメラでの写真でしたが
久し振りのクリスマス写真アップでした。^^


Mちゃんから送っていただいた
アメリカのお家のクリスマスイルミネーションなど過去の写真も含め
クリスマス写真は
こちらでまとめてご覧になれまーす!
[PR]
by maya_c | 2007-11-09 15:46 | クリスマス写真
b0004691_222093.jpg
劇団四季 ライオンキング


ミュージカルファンとしては
かなーり遅れて・・・

今年に入ってから
やっとやっと『ライオン・キング』を鑑賞いたしました!
しかも2回☆
四季劇場の名前に合わせたように、春と秋に。^^;;

1回目は2階席のかなり後ろの方で鑑賞。
このシートは舞台の上の方が欠けて見えてしまい、ちょっと残念。
(もちろんそれに対してのアナウンスもあり、それを承知で購入しました)
そして2回目は
1階の前から6列目だったかな?
中央の通路側(左)で、めっちゃGOODなシートでした。
知り合いの方がパーカッションの日で、それに合わせて行きました。

1回目の2階席の時は
あぁーこういうミュージカルなのね・・・と
ストーリーや音楽をやや客観的に鑑賞する感じで観ていたのですが
2回目の時は
『うわぁーすごい!この迫力が魅力なのね!だからロングランなんだ!』と
1回目の時以上に大きな驚きと新鮮さがありました。

トクに、最初に大勢の動物たちが、後方から通路を歩いて登場するシーン。
2回席から見おろして観たのとは本当に大違い!
あぁー、あの1回目のチケット代(3150円でしたが)は
もったいなかったなーと思うほど。

ライオン・キングのミュージカルは
まず、象やキリンや・・・
あの大きな動物たちを最初に見上げることが醍醐味ですね!

あの迫力ったら!
本当にビックリしましたよぉーーー☆

というわけで
できれば『ライオン・キング』は1階席での鑑賞がお奨めです!
あの見上げちゃう迫力を・・・ぜひ味わって下さい!

子供のライオンの誕生から大人に成長するまでを
描いたストーリーということもあり
前半の主役はほとんどが子役の演技。

アニーにしても
舞台に子供が出演していると
どうも「親」のような見方をしてしまう私・・・
あぁー頑張ってるなぁー!とか可愛いなぁー!とか思ってしまい
いまいちストーリーに入り込めないクセ(?)があるのですが
2回目はそれもあまり気にならず。

でもどうしても「親」の目になってしまうのは・・・
仕方ないのかなー。^^;;

ストーリーの最後はぐぐぐっときます。
やはり素晴らしいミュージカルなんだなと思いました。

お子さん連れの方もたくさんいらしていて
(CMでも「5才になったらライオン・キング!」と宣伝していますもんね♪)
中にはもう何回も見ている「通」のお子さんもいらっしゃるようでした。^^;;

個人的にはやっぱり「音楽」がイイですね!
トクに舞台両端で衣装をつけて演奏されるパーカッションは
耳だけでなく目でも楽しめます。
打楽器がお好きな方は
パーカッションが見えるシートを選んでもよいかと。
楽しいですよ♪

なんと
昨年(2006年)の7月30日に
国内通算公演回数5000回を突破したとか!

これは、日本史上最長のロングラン!
すごいですよね!

さらにさらにロングランの記録を更新中!

ライオン・キングは
これからも
子供から大人まで魅了し続けていくことでしょう♪
[PR]
by maya_c | 2007-11-03 22:46 | 舞台・コンサート・イベント
b0004691_23515424.jpg
幸せのレシピ
一生懸命もいいけど、ちょっとのさじ加減で違う何かがが見つかるかも



恋するニューヨークが舞台なので楽しみにしておりました!

主人公のケイト(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)は
マンハッタンの高級レストランで料理長を務めています。
一生懸命努力して自分の力で勝ち得た料理長というポジションを
誰にも渡したくない。
きりきりと毎日ただがむしゃらに仕事をするケイト。

ある日、突然に姉を交通事故で失い
ゾーイという女の子を引き取ることになる。

時を同じくして
めっちゃ陽気なニック(アーロン・エッカート)という男が
新しく雇われてレストランにやってくる。

オペラを聴きながら楽しそうに仕事をするニックと
きりきりと仕事をするケイトのぶつかり合い。

そこに子供のゾーイもからんできて・・・


うーーーん
きりきりとがむしゃらに働いていた女性が
自分らしさや、恋や、生きることの楽しさを見つけていく・・・
ハート・ウォーミングなラブストーリーです。

ニックという男がこれまたよい男なのだわ♪^^

なかなか素敵な映画でした!

ケイトのマンハッタンのマンション、あれは憧れですね。

それはそうと

もぉーーー
キャサリン・ゼタ・ジョーンズの美しさったら!!!
スタイル抜群。
(一男一女の母ですって!?)

シェフのスタイルの時もカジュアルなスタイルの時も
ホントにカッコよくてホレボレ・・・。

はぁーあんなスタイルになりたい。^^;;

生まれ変わったら
キャサリン・ゼタ・ジョーンズのような美貌を持ってみたい。(←もうええから)

うはは。

ミュージカル好きの私としては
キャサリン・ゼタ・ジョーンズというと
映画『シカゴ』がめっちゃ印象に残っていますが
ミュージカル『42'nd Street』の主役もやられているのですね。
いやぁーそれはそれはカッコよかっただろうなぁー♪

しゃてしゃて!

この映画、『マーサの幸せレシピ』というドイツ映画を
ハリウッドでリメイクした作品とのことです。
機会があったらドイツ映画の方も観てみたいです。

それにしても
こうやって映画を観てからブログに書いていると
もう一度観に行きたくなっちゃうのよね。^^;;

でも他にも観たい映画がいっぱい・・・!

本にしても映画にしても舞台にしても
すでに膨大な量が存在するのと、次々に新作も発表されるのとで
「見尽くす」ということが絶対にできないんですよね。
はぁーそれでも
限られた中で出会った作品で
こうやって感動できるってシアワセだぁー!^^
[PR]
by maya_c | 2007-11-03 00:53 | 映画